英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 一週間足らずで、100文近くを texting した。ほとんど typo なしで。How?

<<   作成日時 : 2016/04/27 17:15   >>

驚いた ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週木曜日に、実質第一回のクラスがあって、まだ一週間経ってないのに、ほとんど全ての学生が、texting
で48文、tweets で、30文くらいの文を書いています。合計80文近いですね。それもほとんど typo なしです。grammatical errors がたまにありますが、いちいち訂正するのは面倒なので放おっておこうと思っていたら、twitter の文、間違いありませんでしたか、と盛んにメールで問い合わせてくるので、no errors のものには、"完璧” と返信してやると、”やった”とかなんとかまた返信してきます。間違いのある場合は、訂正はせず、”間違いあるよ。自分でみつけな” と返信すると、”直しましたから、確認おねがいします”とまたメールしてきます。Twitter の場合、公開しますから、承認した人だけですが、それでも何人かの followers がいるので、間違った英文を tweet していると、恥ずかしいと思うのでしょう。学校英語の場合、自分の書いたものは先生が見るだけですから、間違ってもはずかしいと思わないでしょう。

 では、なぜ、こんなに多くの文を texting したり、tweet できるか、先回は、Information Activity の場合を紹介しました。今日は、同時進行中の Adjective notebook の実際を紹介します。
 Adjective notebook では、最初の方は、popular な形容詞の pair を big/small から始めて、This N is adj.
という文を texting し、その形容詞を使って tweet する menu になっています。
 
画像
その後に
画像
という menu です。
今回のノルマの long/short, clean/dirty の、ある学生の tweets です。
画像
こんな簡単なのか、と思うかも知れませんが、だんだん高度になります。再来週の課題は、次のようなものです。看護学生にふさわしいものです。
画像
この場合のように、肯定文だけでなく、否定文も書かせると、書くことがぐんと増えます。
 
 「自由英作文」などと称して、勝手に「書け」と言ったって、書けるはずないのです。このように、食べやすく消化しやすい、そしておいしい menu を作ってやって、食いつくようにしてやらなければダメなんですよ。
 そして、わざわざ食卓について食べなければならないのでなく、スナックのように、何時でもどこでも食べられるような仕組みを作っておかなければダメなのです。
 その仕組みについては、次回に紹介します。
 この調子なら、今年の学生は、前期だけでも、1000以上の英文を texting することになりそうです。それもほとんど typo なしで。去年の学生も typo はほとんどなかったですよ。
 そういう仕組みになっているのです。そのことも、おいおい紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一週間足らずで、100文近くを texting した。ほとんど typo なしで。How?  英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる