英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「紙ひとへの差」が、かくも大きな学習効果の差を産んだ。やっぱり紙はダメ。

<<   作成日時 : 2016/06/02 11:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 私の英語クラス、去年の学生と今年の学生と、質的に変わっていません。むしろ今年の学生は、数年に渡って英語と縁がなかった既卒で、社会人入学の学生が多く、英語の学力という点では、昨年度より出来が悪いはずです。
 それが、蓋を開けてみたら、私がびっくりするほど、どんどん進むのです。早い学生は、昨年度の三倍のスピードです。その中に、社会人入学の学生も入っています。
 なにがそうさせたか。これについては、先のエントリーでも紹介しました。
 昨年度は、Texting や Blank Filling するために、紙の印刷物が必要でした。
紙の印刷物は、いつも持ち歩くわけにはいかないので、texting や blank filling するのは、どうしても机に向かう時になります。つまり、教室か家か、と場所が限られます。
 そうなると、とかく教室で行うことが多くなります。クラスのある日には、texting や blank filling の課題を送ってくるメールが殺到します。多い時は 200通以上きます。クラスは毎週木曜日ですので、それらのメールを全部確認して返信するのに、昨年度は週末の日曜日までかかっていました。それだけに取り付いているわけではないのですが、だんだん面倒になって、返事もいい加減になります。
 
 ところが、先のエントリー
「書く」には、更には、「英語を使う」には、<何時でもどこでも>の仕掛けが要る。
 で紹介したように、今年度は、Android系で、Google の Keep を使うことを思いついたのです。そして、私は使ってないので気がついていなかったのですが、iPhone では、画像がそのまま mail に paste できることも発見したのです。
 これによって、学生は texting や blank filling に必要な画像を、紙のプリントに頼ることなく、smartphone の中で、画像を見ながら、texting できるようになったのです。
 先のエントリーでは、その仕掛けを紹介したわけですが、その後、その効果の凄まじさ?に我ながらびっくりしているところなのです。
 Anytime, anywhere で、texting できるようになって、課題の texting mail も、anytime に送られてくるようになりました。ある社会人学生は、家で家事を担当しているので、なかなか時間がとれない、と言いながら、宋朝の5時ごろとか、深夜0時過ぎに、texting して送って来ます。明らかに、昼休み中とか、バイトの休憩中にやった、とか言って送って来たりします。
 Mail が集中しないので、こちらも返信に余裕ができて、つい長めのコメントを返したりします。
次回の話と関係ありますが、学生というのは、何かを提出したら、その結果がどうだったか、すぐ知りたがるものです。課題を提出して、直ぐと、「完璧」と返信が来ると、やる気が出るようです。続いて次の課題を送ってくるケースがいっぱい出てきました。
 というように、その他いろいろありますが、smartphone を使う、anytime, anywhere の学習というのは、一方向的でなく、双方向的な communication を、それも即時的な communication を可能にするので、学生の側にすると、大いに(と勝手に思っていますが)やる気が出るようです。

 その他、細かいことまで立ち入りませんが。「紙を使わない」ということは、すべて smartphone 上で、完結するわけで、そのことが、anytime, anywhere の、この場合は英語学習を可能にし、そうでない昨年度に比べると、三倍の効率で学習が進むという状況をもたらしているわけです。
 紙のブリントに頼る昨年度は、texting だけで、精一杯で、twitter にまで手が回りませんでした。ところが今年は、texting が smartphone だけでできると、そのついでに twitter にも手が伸びて、私の感じですが、喜々として tweet をしてきます。
 紙に書いたものは、仲間うちで閲覧するのは、面倒というか、ほとんど出来ません。言わんや、先生に提出してしまったら、見るのは先生だけです。
 そこへ行くと、twitter は、非公開にしていても、仲間内では、互いに follow 出来ます。人に見られるので、間違うと恥ずかしいから、間違えないように気をつけます。また、グループ内で、早く進んだ人の tweets を真似することによって、間違いのない tweet をすることが出来ます。何より、私の tweets を真似することが出来ます。
 以前、こんなエントリーを書いています。

グーテンベルグは、括弧の中
 人間の communication の長い歴史の中で、紙に印刷した文字・画像による communication は、グーテンベルグの印刷術の発明から、つい先ごろまでの、ほんの短い期間であって、ICT、特に smartphone などによる mobile communication media の commodity 化によって、グーテンベルグ以前の anytime,anywhere の即時的、双方向的 communication が復活した、という話です。これは、今読み返しても、我ながら洞察に富んだエントリーです。一回だけでなく、数回続いています。

という、今日の話は、何のことか、さっぱり分からない人が多いと思いますよ。言ってみれば、私の独りよがりです。
紙をなくすことが、こんなに効果があった、ということが、嬉しくて仕方ないのです。

こういうことを言うと、入学試験や、普通の試験は、紙で行なわれるので、紙に筆記具で書けるようになってなければ、という人がいるに決まっています。
そもそも、英語は試験のために勉強するのですかねぇ。試験のために勉強した結果、大学出ても英語が出来ない人があふれているでしょう。この後の話は面倒ですのやめますが、試験のために英語の勉強をする必要のない人には、紙を使うことはやめたらどうですか。

ところで、付録です。前置詞の into & out of を twitter は、下記の質問にもとづいて、その答でなく、答えとなる文を tweet することになっています。まだ、数人しかここまで達していませんが、多少の間違いはありますが、手直しにてこずるような間違いなく tweet できています。あなたもやってみてください。
医療に関する質問もありますが、特に看護学生用に作った質問ではありません。Blood type を専門用語と言うような英文学者が、どう言うか分かりませんが、一般常識の話です。


1. When you take your money to the bank and put your money into a saving account, it is expected to start to accumulate interest.
However, Japanese banks pay very small interest on our saving accounts.
Do you still put your money into a saving account, when you have extra money?

2. People can be harmed by tobacco even if they do not smoke themselves at all.

About two-thirds of the smoke from a cigarette goes into the air around the smoker.
The people near the smokers are breathing in the harmful smoke.
Did you know that, if you spend much time around people who smoke, your body might suffer the same kinds of damage that a smoker's body suffers?

3. Does the Mississippi river empty into the Gulf of Mexico or into the Atlantic Ocean?

4. These days many people stay awake into the early hours of the morning.

To serve the needs of those people, convenience stores are open twenty-four hours.
Do you often stay awake into the early hour of the morning?
Do you often go to convenience stores to buy food or drinks in the early hours of the morning?

5. Your large intestine is a much shorter and wider tube than your small intestine.

In your large intestine, water is removed from food.
The parts of the food that are left are wastes.
Your body cannot use these wastes.
Muscles in your large intestine push the wastes slowly along.
After some hours, the wastes are moved out of your body.
Now the question!
If those wastes are not moved out of your body,
what symptom do you have?

6. Your skin helps keep your body cool in hot weather.

Sweat comes out of tiny openings in the skin.
When sweat leaves your skin, you feel cooler.
Now the question!
What do you call those tiny openings in the skin out of which sweat comes?

7. When you have the flu, the flu virus can come out of your mouth or nose into the air.

When you have the flu, do you wear a flu mask so that the flu virus don't come out of your mouse or nose into the air and so that you don't give the flu to other people?

8. Skin continuously sheds layers as a natural function.

Our scalp sheds more layers of skin than any other part of the body.
Dandruff is the shedding of an excessive amount of larger-than-normal flakes that stick to the hair and eventually fall on collars and shoulders.
Dandruff will form if you do not rinse your shampoo from your hair.
Now the question!

Do you always make it sure that you rinse your shampoo out of your hair very well? 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「紙ひとへの差」が、かくも大きな学習効果の差を産んだ。やっぱり紙はダメ。 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる