英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『英語ものしり帖』「手の巻」<手と手で語り合う>

<<   作成日時 : 2017/04/21 20:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

手と手で語り合う

欧米に行くと、中年老年の夫婦が仲良く手をつないで歩いているのを見かけます。日本では、若い人たちは、恋人同士とか、女性の友達同士は手をつないでいます。
武士の時代では、手をつなぐどころか、夫婦は並んで歩くこともなかったですね。

「手」は、日本では、「相手」の「手」と交わることがなかっただけでなく、そもそも「相手」には、「相手をする」「相手の出方を見る」「交渉相手」など、むしろ対立する存在です。
「相手」の英訳には、opponent, rival が出てきます。

そこへ行くと、hand は、対立する「相手」でなくて、a companion とか a partner としての「相手」を求めています。
下の画像を見てください。
画像

hand と hand が、「手を組む」場合です。こういう情景というか状況は、文明開化以前の武家社会では見られませんでした。だから、映画や TV の時代劇にもこういう場面は出てきません。
これらを英語でどういうか、「英語ものしり」としては、知っておく必要があります。
一番左は、もっとも一般的な状況です。
The couple is walking hand in hand.
二番目は、どうでしょうか。
日本では、運転席の隣りの席を「助手席」と呼んでいますが、英語では a passenger seat で、the best seat です。
アメリカなどで夫婦に車に乗せてもらうと、husband が driver なら passenger seat は、his wife の席です。
そして、客人は rear seats に座ります。そして、前を見ると、
The husband and the wife are hand in hand.
三番目と四番目は、「握手」です。男同士だけでなく、男女の間でも「握手」します。オーストラリアなど、国によっては、女性同士は握手しません
下記 URL で各国の握手事情が検索できます。
http://bit.ly/2oovbcg

「握手」は、英語では handshake です。「握手する」は、shake hands です。
「握」は、「にぎる」という意味です。「握手」をそのまま英語にすれば、grip/grasp hand なのに、英語では shake するのです。Shake は、「振る」という意味です。
では、shake hands で、「手を振る」のかと、言えば、さあどうでしょう。

Handshake の Wiki があります。
A handshake is a short ritual in which two people grasp one of each other's like hands, in most cases accompanied by a brief up and down movement of the grasped hands.
ここには、ちゃんと grasp (握る)と書いてあります。
そして、up and down movement of the grasped hands
とありますから、shake もするわけです。
となると、「握手」も shake hands も正しい言い方になりますね。どちらを取るかです。
が、もう少し待ってください。
この Wiki には、続いてこう書いてあります。

Archaeological ruins and ancient texts show that handshaking – also known as dexiosis – was practiced in ancient Greece as far back as the 5th century BC;
5th century BC から行われていたのですね。

The handshake is thought by some to have originated as a gesture of peace by demonstrating that the hand holds no weapon.
これは、言ってみれば、大相撲の塵手水(ちりちょうず)と同じ趣旨ですね。Wiki によれば、
大相撲では、土俵に上がると、蹲踞の姿勢で揉み手をしてから拍手を打ち、両手を広げた後、掌をかえします。
この動作は、互いに手に何も隠し持っていないこと(=寸鉄帯びず)を確認しあったことが、その起源とされています

http://bit.ly/2oW8dtB

そして、握り方ですが、
In some countries such as Turkey or the Arabic-speaking Middle East, handshakes are not as firm as in the West.
Consequently, a grip which is too firm will be considered as rude.


男女間の握手については、
Hand shaking between men and women is not encouraged in countries where the majority religion is Islam.
中国では、
In China, where a weak handshake is also preferred, people shaking hands will often hold on to each other's hands for an extended period after the initial handshake.
中国の習 近平主席とアメリカの Trump 大統領が会ったときは、中国式で握手したでしょうか。
そして、日本では、
In Japan, it is appropriate to let the Japanese initiate the handshake, and a weak handshake is preferred.
<https://en.wikipedia.org/wiki/Handshake>
日本語の「握手」の Wiki があります。そこには、こんなことが書かれています。
二人の人が出会った時や別れ際に、お互いの手を軽く握りあう動作。互いの手を前方斜め下に向けて伸ばし、掌を合わせて互いの手の甲を握り込むようにする。さらにそれを上下に揺さぶることも多い。

また、こんなことも書いてあります。

日本人との握手
日本人は、握手の際に頭を下げてお辞儀する習慣が出てしまう事が多いという意見がある。しばしば、日本人をコミカルに描くときに使われる(上記のとおり、これはマナー違反)。
握手を求められた際に、アピール込みで自身の衣服で手を拭ってから握手をする人もいる。
また、握手の習慣がある国から来た外国人が日本に来た時に、挨拶の習慣で出した手の置き場に困り(相手が外国人の習慣として握手する習慣の知識や習慣が無い場合)、頭をかくなどの行為をとってしまう場合がある。


まあ、今ではそんなことをする人は少ないでしょうがね。

ところで、中国や日本では、強く握らないのがよい、とされていますが、欧米では、弱い握手は、意思の弱さや、握手によって合意することへの気のなさなどを表していると受け止められがちです。
強い握手は、英語では、strong grip handshake とか、firm handshake と言います。
弱い握手は、weak grip handshake とか、単に weak handshake と言います。
私たち日本人にとっては、相手によって、weak grip にするか、strong grip にするか、使い分けをすべきでしょうか。What do you think?

ただ、上下に揺さぶるのはやめた方がよさそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『英語ものしり帖』「手の巻」<手と手で語り合う> 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる