英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『英語ものしり帖』「指の巻」<指は何本?>

<<   作成日時 : 2017/04/25 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

指の巻

指は何本?

今まで、hand gesture とか、「手話」というので、もっぱら「手」の話ばかりしてきました。
考えてみると、hand gestures でも「手話」sign language でも、雄弁に動いているのは、「指」ですね。
「指」が何をするか、二字熟語を見てみましょう。
指針、指図、指弾、指示、指定、指摘、指導、指南、指揮、指標、指向、指名、指令、名指し、
いろいろ、あれせよ、これせよ、と言いつけることが多いですね。こういうことを、実際「手」というより「指」の gesture を行うことも多いですね。

「指」の英語は、finger です。

'Finger' が「指」のように、あれせよ、これせよ、というおせっかいはしませんね。
「英語ものしり」としては、finger について、もっと知っておくべきことがあります。そのいくつかを紹介します。

まずは、「指」は何本あるか、と言われたら、右手と左手に5本ずつある、ということは知っているでしょう。そういえば足にも5本ずつある、というでしょうね。
では、
How many fingers do you have?
と問われたら、どう答えますか。
あるいは、
How many fingers does each hand have?
と問われたら?

そしてですね。
How many fingers does each foot have?
と英語国民から問われることは、ないですからね。
自分の方から、英語国民に、この問いを発したら、idiot と思われますね。

最初の問の正解は、というか、間違いとは言えない answer は、
I have ten fingers.
二番目の問の answer は、
Each hand has five fingers.
です。
というと、英語通を自認しているひとは、違うやろ
I have eight fingers. Each hand has four fingers.
だろうと、訂正するでしょう。
なぜなら、「親指」は、thumb であって、finger ではないから、という理屈です。

では、
"How many fingers do you have?"
で google してみましょう。どういうサイトが出てくるか、興味ある人は、下記 URL を tap してみてください。
http://bit.ly/2opZXzq
文字通り、
How many fingers do we have?
というサイトがあります。そこでは、英語国民がいろいろ議論しています。
代表的な意見は、
You have 10 fingers. And ten toes.
You don't normally refer to the thumb as a finger, but that doesn't mean it doesn't count.

http://bit.ly/2o7CDFM
ずばり、
Is a thumb also a finger?
というサイトもあります。そこには、まず、次のような質問をしている人がいます。

The thumb has a different name compared to the other fingers (index, middle, ring, little) and it does not end with "finger".
Also, when referring to the hand, I have seen literature where it is described as "5 digits on each hand" and that is probably more accurate.


In light of that,
Is saying that I have "5 fingers on my left hand" technically just wrong?
Or is the thumb a "special" type of finger and so it is acceptable to treat it as a finger in general?


この質問に対して、いろいろな人が答えています。代表的な answer は、
The thumb can be treated as a finger but mostly within the context of fingers.
Both digits and fingers are hypernyms of the word thumb.

ここにある、hybpenyms という難しい単語は、

《言語学》上位語◆他の語の概念を包括する語。例えば animal はfox の上位語となる。
ということは、finger (digit も) は、thumb の上位語だから、five fingers といえば、その中に thumb も入るということです。

http://bit.ly/2npEvt5
ここで、digit という単語が、finger と同じ意味で使われています。 この digit については、後程、詳しく取り上げます。

これらのサイトからわかることは、英語国民でも、fingers は、片手に5本か4本か、迷う人が多くいる、ということです。
なぜ、そうか、というと、日本語の「指」には、
親指、人差し指、中指、薬指、小指、
とそれぞれ名前が付いているように、
英語でもそれぞれ名前がついています。
ところが、「親指」にあたるもの以外は、
index finger (forefinger), middle finger, ring finger, little finger ('pinky)
とそれぞれ、finger が付いた名前になっているのに、「親指」にあたるものには、
thumb
という、finger らしからぬ名前がついているので、混乱するのです。
画像画像

そこで、
"why is thumb called thumb" と google すると、いろいろなサイトが出ています。興味ある人は下記 URL を tap してください。
http://bit.ly/2o8Agl7
その中の、
Why has your thumb got a special name, but your big toe is just called ...
というサイトにある答えのひとつです。
Because the human thumb is different from the other fingers as it is opposable (which allows us to grab hold of objects with our thumbs on the opposite side of the object to the other fingers) whereas the big toe is not opposable and is simply bigger than the other toes.
http://bit.ly/2p8sOee
ここで opposable という「英語ものしり」でも、あまり聞きなれない単語が出ています。

これについては、下記のような日本語のサイトがあります。
{人間の進化とことばー"opposable thumb"|英語の世界観」
そこにある説明です。
ここで"opposable thumb"ということばがカギとなります。
このことばは、日本語でぴったりの訳語はないようです。意味は、「同じ手で他の指と向き合わせることができる親指」のことです。これは何かを握る時に必要になります。犬や猫にはこれはありません。
"opposable thumb"があることによって、武器を作って使えるようになったと言われています。そして共同で狩りを行う時に必要になるのがことばです。獲物を追いかける時に合図が分からなければ、狩りがうまくいきません。

http://amba.to/2opUatv
世の中には、いろいろ「ものしり」の人がいるものですね。そして、そういう人たちが(私も含めて)、惜しげもなくネット上で、「ものしりのこと」を share してくれているのです。感謝ですね。

ところで thumb の etymology というと、
thumb (n.)
Old English þuma, from Proto-Germanic *thumon- (source also of Old Frisian thuma, Old Saxon, Old High German thumo, German Daumen, Dutch duim "thumb," Old Norse þumall "thumb of a glove"), literally "the stout or thick (finger)," from PIE *tum- "swell," from root *teue- (2) "to swell" (see thigh). For spelling with -b (attested from late 13c.),

単に「太い」ということだけで、「太もも」thigh と共通点がある、ということです。
言われてみれば、thumb, thigh なんとなく親戚みたいですね。

ということで、thumb は、fingers と違った特別の役割というか、機能を持っていて、fingers より太いので、thick という意味合いをもつ、thumb という呼び名を与えたのです。要する「太い」ということで thick とも通じているわけです。

先の紹介した hand gestures で fingers が、結構活躍していましたが、その naming には、finger は使われていないのに、thumb だけは、'thumb up' "thumb down'
と使われていましたね。

こういう話があります。
Harmonica と drums 関係以外の musical instruments は、演奏するときに、「指」が重要は役割、というより、「指」で演奏するようなものです。これを日本語では「運指」と呼んでいます。親指も含めて、5本の指すべてが動員されます。
この「運指」を英語では finger を動詞に使って、fingering と言います。Thumb も一緒に働いているのに、名前からはのけ者になっています。

Fingering という Wiki があります。
Fingering (music), the positioning of the fingers when playing a musical instrument
この場合の fingers に thumb も含まれていることは、piano, violin, guitar などの playing を見てみれば明らかでしょう。
Thumb 君は何かとのけものにされますね。今何気なく Thumb 君と言いましたが、Thumb さんとは、なんとなく言い難いですね。この後に出てくる Thumb は、男の子の話ですから、まあ「君」でいいでしょう。
Fingering には、別の好ましくないと思われている意味もあるので、気を付けて使いましょう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Fingering

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『英語ものしり帖』「指の巻」<指は何本?> 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる