英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『英語ものしり帖』「指の巻」<finger でなくdigit が活躍する>

<<   作成日時 : 2017/04/30 08:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

finger でなくて digit が活躍する

先に digit の話は後程と述べました。この digit なにものか、出自 (etymology) を調べてみましょう。
digit (n.)
late 14c., "numeral below 10," from Latin digitus "finger or toe" (also with secondary meanings dealing in counting and numerals), considered to be related to dicere "to say, speak".
Numerical sense is because numerals under 10 were counted on fingers. The "finger or toe" sense in English is attested from 1640s.


先に、fingers は、何本あるか、という問題を取り上げました。片手に5本と言う説と、4本と言う説が、ありました。
そういう混乱を避けるために、finger の代わりに digit を使えば、thumb も digit ですから、
One hand has five digits.
両手合わせて 10 digits と混乱は起きません。
更には、
One foot has five digits. 
両足合わせて 10 digits です。
両手両足を合わせると 20 digits です。
昔むかし、計算機も算盤もなかった時代、人は、数を数えるのに、身に備わった digits を使いました。
上の語源にあるように、digit は、ラテン語で、finger or toe を意味する digitus から来ています。

両手の digits で数えると、10 になるので、十進法が生まれました。
Wiki に
「十進命数法は、ヒトの 10 本の指に由来する。」
と書いてあります。
http://bit.ly/2oKIjWc

10 まで数えて、まだあると、今度は両手で、11, 12 まで数えると、十二 進法になる、と思っている人いませんか。
実は違います。Wiki の十二進法によると、http://bit.ly/2q5Agr2
「指数えにおいて、十二進法を用いることで通常よりも大きな数を数えることが可能である。親指が指標となり、各指の3つの指骨(末節骨 ・中節骨・基節骨)を小指から数える。片手で12まで数える事ができ、もう一方の手に繰り上げることによって144まで数えられる」
最後のところがよくわかりませんが、各指の3つの指骨というのは、下の画像を見ると見当がつくでしょう。
画像

今でも1ダース12という12進法が使われています。1日は12時間です。

両手に加えて、足の digits も数えると、20 になります。
これも Wiki があります。
「自然言語で二十進命数法の数詞を持つものは比較的多く、また世界中に散らばっている。
十進法が手の指の数に由来するのと同じように、二十進法は手足の指の数に由来する。」

http://bit.ly/2py8ofr

と言うことで、数をかぞえるのに、digits つまり、「指」が大活躍したのです。

現代の社会生活において、「デジタル」ということばを聞かない日はないでしょう。
デジタルメディア、デジタルカメラ、デジタル時計、デジタル体温計、デジタル本、デジタルテクノロジー、デジタルデジタル人間などなど、
何でもデジタルになります。
この「デジタル」、英語で言えば、digital で、digit の形容詞形です。

私たち日本人には、デジタル、と聞いても、それが digit、つまり、「指」のこととはピンと来ませんが、
日常的に digit ということばを、thumb も含めた finger という意味で聞いて理解している英語国民には、
digital と言えば、脳裏に「指」がちらついている
、と思いますよ。
そして、指で数えた先祖から受け継いだ遺伝子が、digital media を扱う時には、それらの media が、人間に代わって、すごい速さで 「指折り数えていてくれる」というイメージが、意識しているかいないかは別として,無意識の中にもあるかもしれない、と I think. What do you think?

ということで、digit としての「指」は、現代の ICT を支えているのです。
digit が「指」だということを知っている「英語ものしり」ならこそ、思い至ることです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『英語ものしり帖』「指の巻」<finger でなくdigit が活躍する> 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる