英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『英語ものしり帖』「腕の巻」<A Farewell to Arms>

<<   作成日時 : 2017/04/10 10:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

A Farewell to Arms

「腕相撲」では、「腕」が、「格闘技」の手段となりました。「腕相撲」に限らず、「腕」には、「腕力」「腕っぷし」「腕づく」など、「腕」には、戦うイメージあります。

Ernest Hemingway に A Farewell to Arms という小説があります。映画化もされました。
邦訳は、『武器よさらば』です。
複数形になっていますが、単数形は、arm で「腕」と同じです。となると、この arm は、「腕」と同じ意味で、「武器」という意味にもなるのか、と考えたくなりますが、語源的には別の単語です。辞書でも別項目になっています。
weapon という意味です。
Online etymoloty dictionary による、両者の語源です。
arm (n.2)
"weapon," c. 1300, armes (plural) "weapons of a warrior," from Old French armes (plural), "arms, weapons; war, warfare" (11c.), from Latin arma "weapons" (including armor), literally "tools, implements (of war)," from PIE *armo-, suffixed form of root *ar- "to fit, join" (see arm (n.1)). The notion seems to be "that which is fitted together."

arm (n.1)
"upper limb of the human body," Old English earm, from Proto-Germanic *armaz (source also of Old Saxon, Danish, Swedish, Middle Dutch, German arm, Old Norse armr, Old Frisian erm), from PIE root *ar- "fit, join" (source also of Sanskrit irmah "arm," Armenian armukn "elbow," Old Prussian irmo "arm," Greek arthron "a joint," Latin armus "shoulder"). Arm of the sea was in Old English. Arm-twister "powerful persuader" is from 1915. Arm-wrestling is from 1899.

もっと「武器」らしい単語に firearm があります。火薬を使って弾丸を発する武器のことです。こうなると、この arm は、もはや「腕」とは関係なさそうです。

国際間の武力による争いを避けるために、Arms control があります。Wiki によると、
Arms control is a term for international restrictions upon the development, production, stockpiling, proliferation and usage of small arms, conventional weapons, and weapons of mass destruction.

武力衝突を避けるために「軍縮」も国際間の重要な取り決めになっています。
英語では、Disarmament
Disarmament is the act of reducing, limiting, or abolishing weapons.

日本の戦国時代から武士は戦闘に際に甲冑をまといました。ヨーロッパの騎士も甲冑をまとっていました。
下の画像の上段の日本の鎧兜はお馴染みでしょう。甲冑のことを、英語では armour と言います。語源を調べるとわかりますが、arm と関係あります。
画像


Wiki があります。
An armour (spelled armor in the US) is a protective covering that is used to prevent damage from being inflicted to an object, individual, or vehicle by direct contact weapons or projectiles, usually during combat, or from damage caused by a potentially dangerous environment or action (e.g., cycling, construction sites, etc.).
Personal armour is used to protect soldiers and war animals.
Vehicle armour is used on warships and armoured fighting vehicles.


上の画像の下段は、ヨーロッパの中世時代の armour です。
c. 1300, "mail, defensive covering worn in combat," also, generally, "means of protection," from Old French armeure "weapons, armor" (12c.), from Latin armatura "arms, equipment," from arma "weapons" (including defensive armor), literally "tools, implements (of war),.

戦闘に際して身を守るための armor は、エジプト時代からありました。おそらく、それ以前からあったでしょう。
下記のそれぞれの時代の armour を、それぞれの時代の下に添えられた URL で見ることができます。一見に値しますよ。
Egyptian armour  http://bit.ly/2ntwKlU
Greek armour http://bit.ly/2nqlANL
Roman armour http://bit.ly/2nVYD9k
Barbarian armour http://bit.ly/2nq0kb0

上の Wiki の説明の最後に vehicle armour が出ています。日本語では「装甲車」と呼ばれています。「戦車」tank とは違いますが、似たようなものです。
Wiki があります。
Armoured Fighting Vehicle
An armoured fighting vehicle (AFV) is a combat vehicle, protected by strong armour and generally armed with weapons, which combines operational mobility, tactical offensive, and defensive capabilities. AFVs can be wheeled or tracked. It is not uncommon for AFVs to be simply referred to as "armour".


装甲車の Wiki もあります。この方が分かりやすいでしょう
装甲車(そうこうしゃ、Armored Car、AC)は、装甲を備える自動車である。一般に装輪車両のみを指し装軌車両は装甲車両(装甲戦闘車両の範疇に含めるが、日本では装軌の歩兵戦闘車や兵員輸送車を装甲車と言い換える(自衛隊用語)
軍用装甲車以外にも、警備や暴動鎮圧に使われる警察用の装甲車、消防用の耐火装甲消防車、現金輸送車や要人輸送用で固有の武装を持たない民間用や文民用の装甲車もある


下記 URL で、いろいろな AFV を見ることができます。
http://bit.ly/2osUyuq

アメリカでは、銃を使った殺人事件が多発しています。
そういう場合、arm を動詞で使って、
The culprit is armed with a gun.
日本では、gun より、刃物を使った事件が多いです。
その場合は、
The culprit is armed with a knife.
そうやって、gun や knife を持っている人間は、armed man (男とは限らないですが)。

「腕」の arm は、「腕力」に訴えないようにし、 「武器」 の arm は、人殺しに使わないようにすることにして、これにて A Farewell to Arms にしましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『英語ものしり帖』「腕の巻」<A Farewell to Arms> 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる