英語学習もろもろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『英語ものしり帖』「指の巻」<指先に何がある?>

<<   作成日時 : 2017/05/06 09:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

指先に何がある?

『英語ものしり帖ー腕の巻』も、「力こぶ」から始まって、途中「脇の下」(armpit) を通って、手に到り、指の爪まで到着しました。
この先は、もう「つま先」しかありません。「つま先」は、漢字では、「爪先」です。
「爪」は、手の指にも足の指にもあります。ということは、「つま先」は、手の指の爪の先にも、足の指の爪の先にもあるはずですが、
なぜか、日本語で、足にかありません。なぜ?
「YaHoo 知恵袋」に、一応納得の行く回答があります。興味ある人は、参照してください。
http://bit.ly/2p3Derq
ということで、『腕の巻』の行きついたところは、「つま先」ではなく、「指先」でした。

考えてみれば、あるいは、指先をつくづく眺めてみれば、爪がちゃんと手入れされて、それこそ trim されていれば、爪が指の先より、先に出ることはありません。
つまり、腕の最先端は、「つめ先」でなく、「指先」なのです。

では、その指の先に何があるか?

「指呼の間」(しこのかん)という言い方があります。
『百科事典の検索サービス - Weblio辞書』によれば、
指差して呼べば答えが返って来る程度の距離のこと。「指呼」は指さして呼ぶこと。「指呼の中(しこのうち)」とも言う。比喩的に「目前である」「すぐそこである」という意味でも、用いられる
http://bit.ly/2puPO6N
これを、英語では、hailing distance と言います。google すると 102,000 ですから、結構使われています。
この場合の hail は、「挨拶して呼びかける」の意味です。呼べば答える距離のことです。
「万歳」という意味もあります。ナチスドイツでは、Hail Hitler! と叫んでいました。
Merriam-Webster の definitionary では、
the distance within which it is possible to hear someone who is calling out

となると、『腕の巻』としては、at the hailing distance (呼べば答える先に)何があるか、興味のあるところです。

答えは、「指先」の英語にあります。
「指先」の英語は、fingertip です。
at your fingertips 42,300,000
という言い方があります。すごい hits 数です。
Cambridge dictionary の definition では、
if you have information at your fingertips, you are able to get it very easily.
用例としては、
Every fact and figure he needed was at his fingertips.
下記 URL で、更にいろいろな site が google できます。
http://bit.ly/2q4OGYZ

そこでです。この『英語ものしり帖』は、この後 From head to toes vol.4 の『脚の巻』
へ続き、更に、『食べ物の巻』『健康と病気の巻』『もろもろの巻』『音楽と美術の巻』などへ、続々続きます。

今までの『ものしり帖』に書いたことは、すべて、私がすでに「ものしり」になっていたことだけではありません。
書いているうちに、あれもこれも「知りたく」なって、「知ってしまった」ことが、多々あります。
どうやって「知った」か、そのほとんどは、google して「知った」のです。

巷間よく言われるように、Internet 時代には、ネット上にありとあらゆる情報がある、ということになっています。
しかし、案外気づかれていないのは、欲しい情報をどうやって見つけ出すかです。
At fingertips にはないですよ。「教えて」と hail すれば、直ぐに答えてくれる「指呼の間」(at the hailing distance) にもないですよ。

この『ものしり帖』シリーズを読んでいる人なら、すでに気づいているでしょうか。
どのトピックにも、いくつもの URL が紹介してあります。それを tap すると、更に多くの情報が得られるサイトだったり、Seeing is believing になる多種多様な画像が見られるようになっています。
Your fingertip で tap するだけです。つまり、で、先の Cambridge dictionary の definition にあったように、
You are able to get the information very easily.
になっているのです。

ここで、大事なことです。情報 (information) は、そこにあるだけでは、何の役にも立たないのです。

Knowdge Society を予見し、knowledge worker という term を作った Peter Drucker が、日本でもベストセラーになった、
The Age of Discontinuity の中で、こんなことを言っています。(このことば、当時は日本語訳の 『断絶の時代』で読んで、それ以来私の「座右の銘」になっているので、日本語の訳文で紹介します。)
情報は、何かを行うことのために使われて初めて知識となる

At your fingertips にある多種多様な information は、それをネット上に提供している人の knowledge ではあっても、あなたの knowledge ではないのです。
私のように、『ものしり帖』に取り入れて、体系だった「知識」にすると、初めて my knowledge になるのです。

そして、私のような google search expert になると、at my fingertips で、必要な information だけでなく、思いもがけない information に出会って (serendipity 何のことか分かりますか http://bit.ly/1KpmmhQ、それらを全部取り込むことによって、より深く広い knowledge を得ることができます。Broader and deeper knowledge と言ったほうが恰好いいですね。

また、多少こじつけですが、最近の google search の音声認識は素晴らしいです。google search window の microphone icon を tap して、音声で search item を 'hail' すれば、たちどころに回答をしてくれます。要するに「指呼の間」です。

このように、fingertip は、今や、情報社会を生き抜く上に必須の ICT を使いこなすために、かってない働きをするのです。

この後も引き続き、at your fingertips に、my broad and deep knowledge を your information として提供します。私の文章を読むだけでなく、紹介してある URL を your fingertip で tap して your knowledge にしてください。
画像


では、次は『脚(足)の巻』でお目にかかりましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『英語ものしり帖』「指の巻」<指先に何がある?> 英語学習もろもろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる