「鼻の展覧会」後半の部

今日は『鼻の展覧会」後半です。
昨日の展覧会で、Primavera の「三美神」の画像が、三美神でなく、Venus になっていました。入れ替えておきましたので、改めてみてください。
また、展示もれがありました。同じく Primavera についてです。Primavera にも、Venus が描かれています。その Venus が展示されていませんでした。
画像

こちらの方が、high-bridged ですね。
これまでは、Venus とか「三美伸」と神話の美女の鼻を展示しました。
加えて、Cleopatra, Caesar, Socrates, Aristotle といわば神話化されて人物の鼻も展示しました。
それでは、誰もが知っているこの顔の鼻は、どうでしょうか。
画像

続いて、Da Vinci のもうひとりの Mona Lisa と言われる、Portrait of Cecilia Gallerani (La Dama con l'ermellino『白貂を抱く貴婦人』)と北欧の Mosa Lisa と言われるHet Meisje met de Parel(Girl with a Pearl Earring) です。
画像

それでは、マリア様の鼻は、どうでしょう。Michelangelo の Pieta 像と聖母の画家といわれた Raffaello の Madonna del Granduca (大公の聖母)の鼻です。
画像

別に high-bridged ではありませんね。
同じ Maria さまでも、Realism の画家 Caravaggio にかかるとこんな風になります。Morte della Vergine 「聖母の死」です。
画像

Caravaggio に言わせれば、Maria は、貧しくして死んだから、こういう死に方だろうと、いうことです。娼婦をモデルに使ったといわれています。
では、翻って日本の美女はどうでしょう。「三美神」に対抗して、歌麿の 『寛政三美人』です。
画像

更に、美人画の代表作家上村松園の傑作二つ。
画像

現代の東西の美女の鼻は、どうですか。
画像

誰だか言うまでもないでしょうが、一番右は韓国の人気女優です。名前は知りません。
男性の鼻も展示します。
画像
画像
画像

全部誰だかわかるでしょう。
以上の鼻々については、次回、総括する時にコメントするとして、今はじっくり見て、皆さんなりの感想を持ってください。
特別展示があります。
先日は、池畑慎之介演ずる「越路吹雪」の鼻を紹介しましたが、実物の「越路吹雪」の鼻の画像を紹介します。NHK に「歌伝説」という、日本の主に演歌系の歌手や作詞家、作曲家の業績や生涯を紹介する番組があります。一昨日DVD に録画してあった「作詞家岩谷時子の世界」を見ていたら、越路吹雪が登場していました。岩谷時子さんは、越路吹雪の宝塚時代から彼女の死にいたるまで40年間もマネージャーをしていました。『越路吹雪物語』は彼女の脚本によるものです。
正面からと横顔です。最初の白黒画像は、ネットにあった公認のものですが、後は、TV 画面を capture したものですから、怒られるかな。
画像
画像

この前も言いましたが、有名人の profile 画像は、以外に少ないですね。越路吹雪の横顔の画像も、歌っている場面を慎重に、one frame ずつ動かして、最適なものを capture したものです。ちなみに一秒間に 30 frames があります。
以上の『鼻の展覧会」で実際にいろいろな鼻を見た後で、次回にlong nose, short nose, 「高い鼻」「低い鼻」とは、どういう nose 鼻なのか、検討してみたいと思っています。皆さんも考えてみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック