いろいろな鼻ことば

昨日、一昨日と二回に分けて「鼻の展覧会」を開催しました。ああしてみると、ほんとにいろいろな鼻があることが、目に見えて分かるでしょう。
全ての鼻についてのコメントをわざと避けました。なぜなら、先ず見る人に、それぞれの鼻の特徴を、これはどう、あれはどうと、比べて欲しかったからです。
例えば、Da Vinci の Mona Lisa はどうでしたか。long/short でもなく、「高く」も「低く」もなかったでしょう。では、どういう形容詞を使いましたか。

実際に、noses や 鼻々を、英語と日本語で、どういう形容詞を使って、その形を describe しているか、google してみました。「時間持ち」しか出来ないことですがね。

形容詞には、Attributive と Predicative の二つの使い方があります。これは、英語でも日本語でも同じです。日本語では、前者を「限定用法」、後者を「叙述用法」と言っています。
Her long nose というのは、attiributive、Her nose is long. は、predicative です。


この両方でしらべて、hits 数の合計を出しました。以下は、先ず、英語での結果です。hits 数の多いものから並べてあります。
high と low は、ここに含まれていません。故あって、後ほどとりあげます。赤文字は、pejoraive (侮蔑的)なもの、青文字は approving (肯定的)なもの、とくべつしてあります。どっちでもないと、私が考えるものは、黒文字です。この区分けは、異論があるかも知れませんね。

"her nose is long" 26,800+"her long nose" 530,000=556,800
"her nose is big" 25,400+"her big nose" 317,000=342,400
"her nose is small" 32,000+"her small nose" 147,000=179,000
"her nose is large" 5,000+"her large nose" 63,900=68,900
"her nose is large and wide" 367
"her nose is big and wide" 8

"her nose is straight" 18,000+"her straight nose" 42,500=60,500
"her nose is beautiful" 5,720+"her beautiful nose" 47,500=53,520
"her nose is narrow" 35,700+"her narrow nose" 9,640=45,340
"her nose is thin" 3,570+"her thin nose" 40,400=43,970
"her nose is short" 5,780+"her short nose" 25,200=27,980
"her nose is ugly" 6,620+"her ugly nose" 13,300=19,920
"her nose is wide" 5,090+"her wide nose" 13.900=18,990
"her nose is broad" 1,800+"her broad nose" 12,200=14,000

"her nose is well shaped" 8+"her well shaped nose" 5,650=5,658
"her nose is shapely" 8+"her shapely nose" 5,020=5,028
"her nose is well-formed" 480+"her well-formed nose" 3,730=4,210


どうですか。いろいろな言い方があるでしょう。単に long, short だけでは、足りませんね。
この数字を見て気づくのは、short が、以外に少ないですね。long が多いのは、当然として、big とその同義語の large, 反対語の small と、三者に、large and wide, big and wide を加えて合計すると、590,675 になります。この数は、long と short の合計 584,780 を上回っています。
ということは、long, short という feature (特徴)より、むしろ big/small という「大きさ」の方に目が向く人が多いということです。
実際に「鼻の展覧会」を見てみて、そのようにかんじませんでしたか。Mr. Bean, Churchill, 秀吉、Caesar などの nose は、そんな感じでしたね。
その一方、Maria さま、Mona Lisa などの美人の nose は、long/short, big/small のどれにあてはまるか、と考える先に、「きれいな鼻」だなと思ってしまう人が多いでしょう。そうなると、beautiful, well-shaped, shapely, well-formed となるわけです。誰とはいいませんが、ugly nose もありましたね。
この形容詞の話し、総括するまえに、今度は、日本語の場合の、結果を見てみましょう。「鼻が高い」は、別途検討しますので、このリストには、入っていません。

"鼻が低い" 3,280,000+"低い鼻” 78,500=3,358,500
"鼻が小さい” 2,500,000+"小さい鼻” 24,300=2,524,300

"鼻が素敵” 1,230,000+"素敵な鼻” 395,000+"鼻がすてき”+ 49,900+"すてきな鼻” 30,000=1,704,900
"鼻がかっこいい” 819,000+"かっこいい鼻”4,870+"鼻がカッコいい”366,000+"カッコいい鼻” 11,800=1,201,670

"鼻が大きい” 49,000+"大きい鼻” 21,800=70,000
"鼻が美しい” 678,000+"美しい鼻” 21,000=699,000
"鼻が醜い” 4,070+"醜い鼻”4,850=8,920
鼻が可愛いい” 9+"可愛いい鼻” 2,100"=2.109

この結果は、私の勘が当たっていました。つまり、「鼻が高い」より、ずーと多い、ということです。(「高い」場合の数値は、明日公表しますが、ひと桁違いで少ないです。)
「低い」と「小さい」で、5,882,800
「すてき」と「カッコいい」と「美しい」で、3,605,570
この二つの数字の物語っていることを考えてみると興味深いですね。
まずは、「低い」と「小さい」の数字の大きさで、日本人の「低い鼻」に対する劣等感がうかがわれます。
一方、最近は、「すてき」「カッコいい」「美しい」鼻が結構あります。それを「高い」からという意識でなしに、全体的な印象で語るわけです。
それは、たぶん、「高い」とか long とか、鼻の一側面や、one pattern の形状でなく、いろいろな形のものがあって、全体的にバランスのとれた鼻を、そう思うのではないでしょうか。皆さんどう思いますか。
「鼻の展覧会」で展示されている鼻を、皆さんが、コメントするなら、以上の日本語のどれをつかいますか。展覧会には、展示してませんでしたが、この二つの鼻をどう思いますか。
画像
画像

私なら、「可愛いい鼻」と言います。
中学生に「鼻が高い」は、英語でどういうの、と訊かれたら、どう答えるか。
明日、「高い鼻」「短い鼻」high nose, low nose を検討してから、最終的な答えを、出したいと思っています。出せるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック