Siri と Iris

このところ Steve Jobs と Apple の話を続けてきましたが、実は、先にも書いたように、私自身は、Mac を使ったことはないし、smart phone も、docomo の Sony Ericsson の XPERIA です。だのになぜ、Jobs を賞賛しているか、というと、彼が、使い手の便利のために、スタッフを叱咤激励して世に出したものが、消費者に受け入れらると、他のメーカーがすぐ追従して、結局は、Apple user でない消費者にも、その恩恵が及ぶからです。明日から書く予定の「私の smart phone life」 は、iPhone ではなくても、その恩恵にあずかっています。
 今朝知って、早速試してみた例があります。
 iPhone 4s で、もっとも人気のあるのが、音声認識 application の Siri です。これも、既にあったものに、遊び心を加えたもので、それが user の心を捉えたようです。
http://www.apple.com/iphone/features/siri.html
 そうしたら、すぐに、インドの dexetra という会社が、僅か8時間で、Android の application として、Siri と同じようなものを開発し、free application として、公開しました。8日でなく、8時間です。優秀な技術者が頑張るとそれくらいでできてしまうのですね。
http://www.dexetra.com/
 名付けて Iris。Sense of humor ですね。なぜって、日本語で、「シリ」「アイリス」と言っても何のことか分かりませんが。英語の spelling では、Siri を「おシリ」から綴ると、Iris。
Siri 自体もまだβ 版ですが、Iris は、α 版です。早速 download して、試してみましたが、大して使い物にはなりませんが、Iris と称する女性を相手にトンチンカン(そして、チンプンカン)な会話を楽しむ?ことができます。すぐ飽きますが。
 でも、user が、いろいろ文句をつければ?、どんどん改良されて、Siri を凌ぐものになるかもしれません。
If you like Iris. (alpha) and want us to develop it further, mait to
iris@dexetra.com
 だそうです。
 このように、今までに何度も指摘しましたが、Jobs が後追いで、既存の技術を、user friendlier なものに革新的に変えると、なるほどと感心して、更にそれに磨きをかける技術者が世界中にいます。
 結果として、digital divide は、ますます narrower & lower (shallower) になり、われわれの生活を豊かにしてくれるのです。
 私が、やっと?7月22日に、smart phone を使い初めて、三箇月が過ぎました。私の生活が、どのように変わったか、明日から、何回かに分けてご報告します。そうすれば、まだ、smart phone を持っていない人も、欲しくなると、期待して。また、既に、持っている人には、そんな使い方があったか、と感心?するようなことがあればいいですが。
 前に、予告をしていたことがあります。なぜ、私が、Mac その他の Apple 製品を使わずに来てしまったか、という話です。考えてみたら、皆さんには関わりのないことで、面白くもないだらう、ということになって?、それについて書く事はやめることにしました。
 それでも、一言(ふたことかな)付け加えれば、私が、MS-DOS の特に batch file を作る達人だったこと、私が英語学習カリキュラム開発に使っていた、Multimedia ToolBook が、Windows 対応だけで、Mac には対応していなかったことが、二つの大きな理由です。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック