Closed ve. open: integrated vs. fragmented

皆さんは、コンピューターの世界で Apple の Mac と Microsoft の Windows の間の大きな違いをご存知でしょう。
 Microsoft の Windows は、ライセンス契約をすれが、誰でも使うことができます。Windows は software である OS (Operating System) ですが、それを乗せる hardware の方も、IBM の AT machine が architecture を公開していたので、誰でもそれに基づいた コンピューターを作ることができました。日本でも NEC の 98 シリーズや、東芝の Dynabook,富士通の FM シリーズなどがそうです。
 これらの IBM compatible に OS として Windows を乗せたコンピューターは、一般的に PC と呼ばれます。
 PC は、上記のような、大手製造業者だけでなく、個人でも部品を集めて作ることができます。私も、過去に二台ほど、自作したことがあります。
 一方 Apple の方は、OS だけでなく、hardware の方も、その仕様は公開されてなく、ライセンス供与もしないので、Apple しか製造発売できません。
 Apple should closely integrate its operating systems with its hardware.
というのが、Steve Jobs の "dogmatic belief" だったのです。
 この二つの違いは、
 "closed versus open" と一般に言われますが、Jobs に言わせると、それは、
 "integrated versus fragmented"
 となります。
 ここに、integrate は、Webster の定義によれば、
 to make whole or complete by adding or bringing together parts
この単語は、心理学などで integrated personality のように使われます。
INTEGRATED PERSONALITY
The moral condition of a person whose various faculties and powers are united into a harmonious whole, resulting in easy and effective adjustment to the changing circumstances of life.  だから、Jobs に言わせれば、Apple こそが、そういう computer で、
 PC は、いわば、精神分裂症のようなものだ、というわけです。
 これは、digital world を二分した、哲学的戦いであったのです。
 Jobs の伝記から c&p します。
 Was it better (中略)to tie the hardware and software and content handling into one tidy system that assured a simple user experience?
Or was it better to give users and manufacturers more choice and free up avenues for more innovation, by creating software systems that could be modified and used on different devices?

あなたは、どちらが better だと思いますか。先走って言うと、どちらが better と思うかが、この先、あなたが、そんな悩みと無縁だった dumbphone から、smart phone に替えようとする時に、iPhone を選ぶか Android phone を選ぶかの、決め手になります。
 なぜなら、この Mac と PC の「戦略的」、というより Steve Jobs と Bill Gates の「生き様」の違いを反映した違いが、iPhone の後に出現した Google の Android と間に、またしても、運命的のように起こったのです。
 今日は、Android の話まで行く予定でしたが、長くなるので、今日はこれで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック