スマートフォンは、メモリー管理から。

今日は、smart phone life を more comfortable にする application を紹介します。私の場合は、Android ですが、iPhone でも似たような application があると思いますよ。
 最初に、肝に命じて置くべきことは、これらの application の多くは、smart phone を買った時には、install されていないものです。後から、Android market で見つけて download したものです。そのほとんどは free application です。
 なぜ肝に命じておくべきか、というと、docomo 標準のものでないので、docomo としては、動作を保証してくれませんし、使い方が分からない時に docomo の窓口へ行っても、教えてくれません。というより、窓口の stuff 自身、自分たちで使ったことがない場合が多いので教えられないのです。
もう一つ付け加えれば、いくつかは、アメリカ製のもので、日本語で対応してないものがあります。まあ、そういうのは install しなければいいのですが、せっかく便利なものが使えないのは、残念です。やはり、英語は知っている方が得です。
 Smart phone は、docomo など、携帯電話 provider と契約して使うし、携帯電話から乗り換えるのが普通です。だから、携帯電話と同じものと思っていると、使い方を失敗します。まら、携帯電話とおなじような使い方だけをしていると、その能力をフルに活用できません。そのくらいなら、そのまま携帯電話を持ち続けるほうが、安上がりでしょう。慣れたものを慣れたように使っていたほうが、ストレスがないでしょう。
 Smart phone は、要するに computer です。Computer に電話機能がついたものと考えればいいでしょう。
 Computer は、ソフトがなければ、ただの箱、と言われます。Smart phone も同じことで、ソフトがなければ、ただの電話です。
PC と区別するためか、smart phone の業界では、「ソフト」と言わず application と言っています。日本の業界用語では、「アプリ」と言っています。Smart phone のことも「スマホ」と言ったり書いたりする人がいますが、この blog では、必ず smart phone と application というように英語で書きます。理由は、察しがつくと思いますが、いずれ後ほど、elaborate します。
 ところで、私の XPERIA には、現在 102 の applications が install されています。
 Computer を、快適に使うのに、一番大事なことは、memory 管理です。
 私が、XPEIRIA を使い始めた頃、しょっちゅう freeze したり、画面が消えてしまって、また、立ち上げ直して、時間がかかったりして、stressful な状況が頻繁にありました。そういう経験のない人は、多分、application を沢山入れてないのだ、と思います。
そこで、computer の経験があるので、これは memory、特に random access memory が不足しているから、だろうと、思いめぐらしました。Android market へ行って、memory 管理の application を探したら、何種類もありました。その中で、customer review のよい、五つ星のものを選んで、install し、memory 管理をしっかりしたら、以後は、全く freeze しなくなりました。
 その中の、特に重宝しているものを紹介します。Android を使っている人は、market から、簡単に install できます。全部 free です。
 先ずは、Advanced Task Killer です。英語名ですが、日本語対応です。
 要するに、沢山 application を install していると、一度使ったものは、今度もすぐ使ってもらおうと、退散?するのでなく、memory の中に待機しています。また、よく使うものや smart phone の開発者が、使って欲しいと思うものは、memory に常駐するように仕組んで?あります。
  例えば、iPhone の Siri は、一種のウリですから、呼び出せばすぐ登場できるように memory に常駐していて、それが大量のmemory を食っていて、iPhone の動作を遅くしたり、battery の寿命を短くしている、という report があります。
 Smart phone の場合、PC と違って、ほとんどの application は、チョンと tap すれば、すぐ出てくるので、memory に待機している必要はありません。それなのに、多くの application は、memory に常駐するように設計されているようです。
 そこで、そういうのを邪魔だと言って、殺してしまうのが、Advanced Task Killer です。
 今試しに、この icon を tap しましたら、12 の applications が memory に待機していて、Available memory は、82M しかありません。そこで、Kill selected apps の bar を tap します。そうしたら、残ったのは、ご本人だけで、memory は、114M に増えました。
 この Advanced Task Killer、いちいち立ち上げて、その都度、でしゃばり applications を kill しなくても、menu で、Auto Kill Freqency を、Every 4 hours, 2 hours, one hour, half hour, When screen off と指定して、自動的に「邪魔者を殺せ」を実行し、memory を開放してくれます。ちなみに私は、Every one hour にしています。そうすると、一時間毎に、画面に killed 14 apps などという message が pop up されます。すみません。先に日本語対応と書きましたが、英語だけでした。まあ、これくらいの英語は分かるでしょう。
 ということで、今日は、stressfree smart phone life のために memory management が必要なことと、それを効果的にしてくれる application を紹介しました。まだ、他にも便利なものがあります。それは、明日にしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック