スマートフォンを smart に眠らせるには。

今日、あと一回 smart phone を smarter に使うための application を、あと二つ紹介します。
  何度も言うようですが、smart phone は、dumbphone と違って、より使いやすいようにいろいろ設定を変えることができるようになっています。
  設定を変えるには、下にある三つのボタンの一番右のものを押して、設定画面を開き、そこで変えるのが default ですが、それを、もっと smart に、GUI でしてくれる application があります。MySettings です。これを紹介するサイトから c&p します。
Androidoユーザーには必須ともいえる設定管理アプリ。同系のアプリの中でもデザインセンスが光っているのがこの「MySettings」だ。もちろん、機能も申し分ない。基本はしっかり押さえ、シンプルかつ便利に利用できる。 設定できるのは以下だ。 ・着信モード(ノーマル/音&バイブ/バイブ/サイレント) ・明るさ調整 ・ロック解除パターンのON/OFF ・Wi-FiののON/OFF ・GPS設定 ・BluetoothのON/OFF ・自動同期 ・画面の自動回転 ・画面照明時間設定 ・機内モードのON/OFF ・ネットワーク設定 さらに、Menuキーからライト機能(画面自体が白くなり明るく照らす)、アプリの設定が行える。また、ステータスバーにアイコンを常駐させたり、テーマカラー(水色/グリーン)が変更できる。
 
画像

 この中で、私が重宝しているのは、「画面の自動回転」です。これは、よく知られているように、smart phone では、画面を横にして、文章をよんだり、画像や動画を見ることができます。普通に立ったり、座ったりして smart phone の画像を見るときは、横にしたければ、横向きにすればいいのですが、私のように、寝床の中で、仰向けになったり、横向きになったりすると、画面が自動的にタテになったりヨコになったりします
 それでは、困るときに、いつもタテになるように固定するのが、このメニューです。これを tap して、自動回転を off にしておけば、画面をタテに固定することが出来ます。ヨコで見たくなったら、また、status bar から、MySettings を drag down して、on にします。
 寝転んで smart phone を見るには、大変便利です。怠け者の相手をしてくれる smart な application の一機能です。
 Smart phone で、user が最も困っているのが battery の消耗の速さです。Battery の消費を抑えるいろいろな手立てがありますが、最も簡単で、てっとり早いのは、switch をいれたままにしておいた時に、自動的に sleep してくれるようにすることです。そのために、「画面消灯」までの時間を設定できるようになっています。設定できる時間は、15秒、30秒、1分、2分、10分、30分となっています。
  私が購入した docomo shop は、2分をすすめて、そのようにせっていしてくれました。普通の使い方はそれで適当でしょうが、私の用に、新聞やブログなど、結構時間をかけて読んでいると、すぐと画面が暗くなってしまいます。と言って、30分とか、「消灯」なしにしておくと、sleep してくれないので、battery が消耗します。そこで、この事態を smart に解決してくれる application があります。
文字通り、Screen Off という名前の application です。 icon を tap すると、すぐに sleep になります。それはそれでいいのですが、sleep させた途端に、すぐ wake up させたいことがよくあります。寝た子を起こすには、最初の lock 外しからしなければなりません。私の場合は、パスワードも打たねばなりません。度重なると、案外面倒です。smart ではないです。
 そういう時には、Screen Off FX というのもあります。こちらは、ゆっくりと暗くなって、すぐには眠りに付きません。「ホーム」key を押せば、すぐと目を覚まします。
 MySettings で、「スリープまでの時間」を「なし」に設定して、Screen Off FX の icon を画面上に置いておくと、smart phone の「眠り」を smart にあやすことができます。
 
 何度も言いますが、今 smart phone を使っていない人には、縁のない?ことを、かなり事細かに紹介しました。いずれ縁ができるでしょうが、肝心なことは、dumbphone と違って smart phone は、こんなにいろいろ smart にすることができる、ということです。面白そうだから、ひとつ dumbphone から、乗り換えようかという人が出てくるといいがな、と思っています。もっとも、面倒そうだな、やはりやめとこうか、逆効果になる人もいるでしょう。そこが、smart に成長するか、dumb のまま、21世紀の fossil になるかの分かれ目です。後は言うまい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック