個人出版の電子書籍が、ベストセラーに。

Lifehacker の話が、続きましたので、今日は、ちょっと趣を変えて、以前のブログと関係したことを紹介します。

  今年の5月26日に、「アメリカでは個人出版が簡単にできる」というブログを書いています。
  http://76871734.at.webry.info/201105/article_27.html
  このブログでは、Amazon の 電子書籍 Kindle edition で、誰でもが e-publish 出来ることを紹介しています。
  そして、その手続きを紹介する Amazon の宣伝文が c&p してあります。
  Welcome to Digital Text Platform
  Digital Text Platform is a fast and easy self-publishing tool that lets you upload and format your books for sale in the Kindle Store.

  http://blog.elearning.co.jp/wp-content/uploads/2009/12/dtp-00.png

  その頃、アメリカの電子書籍事情を紹介した NHK の番組で、実際に Kindle で、e-publish をした人の話が紹介されていました。
  しかし、日本では、この頃は、Kindle は、手に入らなかったので、いったいどれほどの人が、実際に Kindle で、e-publish しているかは、分かりませんでした。
  
  そうしたら、今年の10月に、Amazon が、Kindle の新シリーズを出し、その中の、ひとつの機種だけを、アメリカ国外へも発売する、と発表しました。
  そこで、私は、その発売日前に、Amazon.com に予約をして、10月6日に届きました。日本円で、9千円くらいでした。
  そこで、早速 Kindle store へ行ってみたら、出版社を通さない、個人の e-book が結構出ていて、しかも、その多くは、無料か、あるいは、1ドルくらいのものが多いことに気がつきました。なるほど、やはり、アメリカでは、individual e-publishing は、もう軌道に乗ったのだな、と実感しました。私が、5月27日のブログに書いたことは、正しかったのだ、と、改めて感心?しました。
  では、そうした、個人の e-book が実際どれだけ売れているのか、については、よく分かりませんでした。
  そうしたら、つい最近次の記事が RSS で見つかりました。

米Amazonの2011年の電子書籍販売ランキング、トップ10作品のうち3作品は実は個人作家。
米国の電子書籍ニュースブログ「eBook Friendly」によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は現地時間の12月14日に公開した2011年度の書籍売上ランキング表で、Kindle部門トップ10のうち3作品は、出版社を介さない直接出版による作品であることが判明したとのこと。

 紙書籍と人気評価を含めた総合ナンバー1はおおかたの予想どおり「Steve Jobs」(著:Walter Isaacson)。
しかし、このランキングをKindle部門だけに絞ってみると、1位は個人作家Darcie Chan氏の「The Mill River Recluse」で、2位もやはり個人作家Chris Culver氏の「The Abbey」となっている。

 ということです。いよいよ出版社を介さない、編集者を介さない、individual publishing の時代が、明けたのです。
 このことは、前記ブログの前後で、かなり、執拗に取り上げています。
この、1位だった、Darcie Chan の紹介記事があります。それを c&p しておきます。
 
Darcie Chan was born in Wisconsin and grew up in the small towns of Brandon, Wisconsin, La Junta and Cheraw, Colorado, and Paoli, Indiana. She has two younger sisters.
Thanks to loving and supportive parents who are both educators, she learned to read and write at an early age. As a child, she fell in love with books and became quite obsessed with Walter Farley's Black Stallion series of books, among many others. Her passion for reading and writing continued through college at Indiana University, Bloomington, and law school at the University of Baltimore.
Currently, Darcie works as an attorney and lives in northern Westchester County, New York, with her husband, their son, and two cats. In her spare time, Darcie enjoys reading, writing fiction, gardening, playing piano, and cooking.
The Mill River Recluse is her first novel.


で、私は、早速、この本を Kindle Store から、wireless delivery で取り寄せました。$0.99 でした。80円くらいですね。
私も、そのうち、英語で本を書いて、Kindle で best seller になりたいものです。Price は、やはり $0.99 で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「門番」のいない「門外漢」のブログ。

    Excerpt:  今日は、昨日予告したように、なぜ、私が「美」について、「常識」離れしたことを、あえて書いているか、についてです。  昨年の5月26日に、「アメリカでは個人出版が簡単にできる」というブログを書いてい.. Weblog: 英語学習もろもろ racked: 2012-04-18 15:37