「装飾写本」は、なぜ生まれたか。

 昨日は、Illuminated manuscript の中でも、もっとも有名な The Book of Kells を紹介しました。今日と明日は、全般的なことについて紹介します。
 昨日、「Illuminated manuscript と Illustrated manuscript とは違う」と書きましたが、ちょっと誤解を招く書き方だった、かも知れません。今一度、明確に違いを述べておきます。
 Illustrated manuscript は、text の内容を視覚的に説明する illustration (挿絵)のあるもので、text の文字や周りを「飾る」、text の内容と関係のないillumination はないものです。
 一方、Illuminated manuscript は、そういう「飾り」に満ち満ちている?ものですが、text の内容を、視覚的に説明する「挿絵」があるものも多くあります。

 このこと英語でまとめて言えば、
 Illuminated manuscripts は、Illuminated manuscript with or without illustrations で、
Illustrated manuscripts は、Illustated manuscripts without illuminations と言えば分かりやすいでしょう。
 日本語でも言ってみましょうか。
 Illuminated manuscripts は、挿絵入り、装飾写本
 Illustrated manuscripts は、装飾のない挿絵写本
 というと、分かりやすいでしょう。
 そして、更に言えば、現代では、illuminated manuscript は、ほとんど制作されませんが、「挿絵」の入った本は、現在でも、特に子供用の本では、当たり前に作られています。
 Illuminated には、Christmas illumination のように「飾る」という意味だけでなく、「明るく照らす」という意味もあります。言ってみれば、「煌々と照らすから飾りになるわけです。
 で、中世に、僧院や修道院で、illuminated manuscripts が大量に作られたのには、それなりのわけがあるようです。
 後世の人が、中世を「暗黒時代」と呼びました。当時の中世に生きていた人も、そう思っていたかどうかは、分かりません。しかし、あの時代、Pax Romana が崩れ、ヨーロッパは、Barbarians の侵入によって、ギリシャ・ローマが築いた明るい地中海文明は、滅亡の危機に瀕していました。
 東からは東ゴート族が、その後からフン族が、西の方では西ゴート族、更にヴァンダル族と、いわゆる Barbarians (蛮族)が、ヨーロッパ大陸を殺略と破壊の恐怖に陥れていました。北海方面では、ヴァイキングの侵攻が始まっていました。
 they threatened to plunge the house of Europe into total darkness
  だったのです。
 そんな時、
 The Book of Kells was to be a rainbow-bridge of light thrown across the abyss of the Dark Ages. Its colors were to burn until the end of time.
 と、昨日紹介した、The Book of Kells: Copulating Cats and Holy Men の author は、書いています。
 文字通り、illuminate するために、illumination には、金箔や lapis lazuli という派手やかな、しかも高価な画材がふんだんに使われています。
 中世の「暗黒」を文字通り「照らす」 精神的な illumination だったのです。
 ということを頭に入れておいて、下記の Wiki の記述を読むと、更に理解が深まるでしょう。
 URL だけ紹介しておいても、わざわざ?読まない人もおおいようですから、あえて、c&p しておきます。まずは、http://ja.wikipedia.org/wiki/写本 からです。
装飾写本(彩飾写本)
中世においては、写本に文字だけでなくしばしば優美な装飾画が描かれた。その中には特別注文で芸術品としても鑑賞できるものが作られ、非常に高価なものであった。現在では切り離されて1枚毎に美術品として扱われているものも、まま見られる。写本における挿絵(細密画)をミニアチュールと言うが、この名前は使用される顔料、ミニウム(朱、鉛丹)からとられたものである。そして、テンペラ技法を使って描かれていた。
ケルトの写本
近年、ケルト文化・美術が関心を集めているが、8~9世紀の「ケルズの書」(四福音書の写本)などはケルト三大写本といわれている。抽象的な装飾が主である。
都市の写本工房
写本は修道院で多く行われていたが、12世紀以降、各地に大学が発達してゆくと、注文で請け負って写本を作る工房が成立した。
ベリー公のいとも豪華なる時祷書
装飾写本中、特に有名なものはフランスで制作された「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」である(中央公論社から『ベリー侯の豪華時祷書』として大型本で刊行)。多くの写本を集めたベリー公ジャン1世(1340年-1416年)の依頼で15世紀始めにランブール兄弟(リンブルク兄弟とも)によって制作が始まったが、1416年にベリー公とランブール兄弟が死去したため一時中断し、15世紀の終わりになって完成した。シャンティイ城のコンデ美術館の図書館に所蔵されている(非公開)。羊皮紙206葉で、1頁のサイズが29x21cm。
ルネサンス以降
ルネサンスの時代になり活版印刷が行われるようになってからも、都市の工房では装飾をほどこした写本が作られ、高値で取引きされている。

 次にhttp://en.wikipedia.org/wiki/Illuminated_manuscript の日本語版です。
装飾写本(そうしょくしゃほん、illuminated manuscript) は多くの場合宗教的なテクスト写本に装飾頭文字(イニシャル)や装飾的な縁取り、装飾頁(カーペット頁)などの華麗な飾りを付けたものである。代表的なスクリプトとしては中世のケルト教会修道僧によって作成されたケルト装飾写本がある。
中世のキリスト教世界では聖書にギリシャ・ローマ起源の具象的、写実的な挿絵を加えた挿絵写本(イラストレイテッド・マニュスクリプト)も数多く作成されたが、装飾写本(イルミネイテッド・マニュスクリプト)は文様を中心とする写本をいう。中世の修道院などで専門の写本修道僧が聖書写本に装飾を加えたものである。デリンジャーは『装飾写本ーその歴史と制作』(1970年)で
「写本芸術における装飾の主目的は、挿絵のそれと明らかに異なるものである。装飾はテクストの内容を説明することより、神に捧げるオブジェとしての写本を視覚的に統一しようとする。」
と述べている。
代表的な中世の装飾写本としてはアイルランドに始まるケルト教会系の修道院で作成されたケルト装飾写本があり、ヘブリデス諸島のアイオナ修道院で作成された『ケルズの書』、ノーサンブリアのリンデスファーン修道院で作成された『リンデスファーン福音書』、アイルランドのダロウ修道院で作成された『ダロウの書』などが現存する。これらケルト系装飾写本は渦巻・組紐・動物など奇怪なケルト的文様を駆使したもので、その他ブリテン諸島に残る装飾写本とともに「ヒベルノ・サクソン装飾写本」と呼ばれることもある。

 例によって、英語版の方が、分かりやすい記述です。
An illuminated manuscript is a manuscript in which the text is supplemented by the addition of decoration, such as decorated initials, borders (marginalia) and miniature illustrations. In the most strict definition of the term, an illuminated manuscript only refers to manuscripts decorated with gold or silver, but in both common usage and modern scholarship, the term is now used to refer to any decorated or illustrated manuscript from the Western traditions. Comparable Far Eastern works are always described as painted, as are Mesoamerican works. Islamic manuscripts are usually referred to as illuminated but can also be classified as painted.
 ということで、今日は、Illuminated Manuscripts について、更に理解を深めていただいたでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック