Flickr photos のSF流収集法。

今日は、やっと、Flickr から、photo をどうやって集めてくるか、です。いろいろな集め方がありますが、ここでは、私流、つまり SF 流を紹介します。
 ちょっと、謝らなければならないことがあります。先に、Flickr では、Instagram や Pinterest と違って、「年賀状に載ってくる、家族や子供の写真、個人の旅行の写真、あるいは、卒業アルバムのクラス写真、クラス会の記念写真、のような、いわば記録的 photos は」ない、と書きました。
 それは、私が、Flickr photos を最初に知ったのは、Pulse であり、そこからだけ photos を集めていたからです。(Pulse については後ほど説明します。)
 今回、「いろいろな集め方」の一例として、パソコンで Flickr site のひとつへ行ってみたら、何のことはない、そういう photos も一杯ありました。Porno とまでも行かなくても、erotic なのもあって、びっくりしました。早速行ってみたい、という人がいるでしょうから、あえて紹介しません。
 Pulse にある、Flickr site は、下の画像にあるように、FLICKR TOP PHOTOS となっています。だから、選りすぐったものだけを紹介しているので、私の Flickr photo show のような「品のいい」ものしか出てこなかったのです。
 ここで、一応 Flickr についての Wiki の冒頭と c&p しておきます。日本語版はありません。日本での user は少ないのかな。そういえば、Pulse では、日本からの upload は、今まで一枚もなかったですね。
Flickr is an image hosting and video hosting website, web services suite, and online community that was created by Ludicorp in 2004 and acquired by Yahoo! in 2005. In addition to being a popular website for users to share and embed personal photographs, the service is widely used by bloggers to host images that they embed in blogs and social media. Yahoo reported in June 2011 that Flickr had a total of 51 million registered members and 80 million unique visitors. In August 2011 the site reported that it was hosting more than 6 billion images and this number continues to grow steadily according to reporting sources.
http://en.wikipedia.org/wiki/Flickr
 次は、Pulse の紹介です。以前にも紹介したことあります。
CNNやNYTimes紙Fortune誌でも特集されたこのPulseはデザインにこだわり抜きニュースの購読スタイルを楽しく魅力的に進化させたアプリケーションです
CNNやNYTimes紙、Fortune誌でも特集されたこのPulseは、デザインにこだわり抜きニュースの購読スタイルを楽しく魅力的に進化させたアプリケーションです。FacebookやTwitterとも完全連携しており、お好きなニュースソースを色鮮やかでインタラクティブなモザイクインターフェースへと一変させます。日々変わる新しいニュースの読み方を今すぐお試し下さい。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.alphonso.pulse
 iPhone, iPad 版もあります。PC 版はありません。
 Android 版の場面は下の画像のようです。
画像

 この説明で、「モザイクインターフェース」と呼ばれている、「ニュースソース」の配列は、自由に変えることが出来、また、付け加えたり、削ったりできます。
 私の場合は、Flickr が top に来ていて、次に LifeHacker, ReadWriteWeb, Top Technology となっています。画像では、個々までが見えています。ついでにその下にあるのは、scroll してみると、USA Today, NY Times, The New Yorker と英語の「ニュースソース」が続き、その後に、Nikkei BPnet, Cnet, RBBToday, R25, アンドロイダロイダー と日本語の「ニュースソース」が、この順に続いています。
 今回は、Pulse でなく、Flickr が主題ですので、さっそく、Flickr に戻ります。
 画像で見られるように、upload された photos が、横一列に並んで、一画面で、三つしか見れませんが、横に scroll すると、全部で26の photos が見れます。日替わりですので、いいと思った photos は、すぐその日に download しておかないと、翌日にはなくなってしまいます。たまに、翌日でも残っていることがありますが。
 Download するには、気に入った photo を tap します。そうすると、その photo の載っている web 画面が出てきます。
画像

 右の下のところの三つの icon のうち、一番右の封筒の裏のような icon を tap すると、次の画面が出てきます。
画像

 私の場合は、Evernote に note を作って保存します。この場合 note されるのは、photo 自体ではなく、この photo が載っている site の URLです。
 Evernote を tap すると、下の画面になります。時間(と言っても秒単位ですが)の経過で、この画面ではすでに消えていますが、「sf628(私のEvernote default folder) にノートを作成しています」という message が上の方に数秒出て消えます。そこで、「完了」を tap します。
画像

 これだけです。これで smart phone での作業は完了です。
 更に、download したい photo があれば、同じ作業を繰り返します。
 私の場合、毎日朝ベッドの中で、この作業をしています。
こうやって、ある程度、Flickr photo が Evernote にたまったら、今度は、パソコンでの作業になります。
 一気にそこまで話を進めたいところですが、長くなるので明日に回します。急ぐ旅でもないでしょう。
 少し付け足しておきます。
 Photo をそのまま、smart phone に保存して、ギャラリーで見ることも出来ます。しかし、カテゴリーに分けることや、順序を変えることが出来ないし、つまり、curation が出来ないです。それに、なにより、先に指摘したように、Flickr photos の「美」を味わうには、小さな画面ではムリですから、やめておいたほうがいいでしょう。だから、その方法は紹介しません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Flickr Top Photos をパソコンで集めるには。

    Excerpt: People が、「写真」を「芸術」と思ってなかった factors のひとつには、「芸術的」な「写真」を、絵画並みの大きさで見る機会がなかったからです。そういう状態が、「写真」の出現いらい、.. Weblog: 英語学習もろもろ racked: 2012-05-05 16:51