ブログ事始め。先ずは語源から。

 今日から、「ブログ」について、その簡単な由来やら、その意義、利用の仕方、書き方、英語教育だけでなく、教育一般への応用などなど、今までに「考えついて」いることを、多少取り留めなくなりますが、綴っていきます。「とりとめない」と言いましたが、この「とりとめなさ」が、ブログの利点であり、よいところなのです。
 このブログを始める前に、現在ブログ通知メールを送っている中の old members (年寄りという意味でなく、古い、といういみです。)に、gmail でいろいろ情報を送っていた時期があります。今日の記事は、その頃の2009年5月22日から3日間にわたって、「ブログ」について説明したものを、ほとんどそのまま、採録したものです。昔読んだことのある人も、もう忘れているでしょう。
 先ずは、「ブログ」の語源から。
 「ブログ」は、英語では、blog です。
 この blog は、もともと weblog と言ってたのを、こともあろうに、冒頭の we を取り払って、blog というようになったのでした。つまり、これはもともと、web の log ということでした。
 log というと、高校時代の数学の優等生は、「対数」のことを思い浮かべるでしょう。英語の優等生は、「丸太」を思い浮かべるでしょう。そういえば、丸太小屋といえば、貧乏くさいけど、loghouse といえば、おしゃれの感じですが、あの log も blog の log と同じ語です。
 では、なぜ、丸太が blog になったのか、
logというのは、もともと、地面に横たわった切り倒した丸太のことでした。
そして、特にそれを四分の一角にしたもののことを言ったようです。
地面に横たわった木材ということで、横たわるという lie と親類関係にある語です。
  まずは、この断面図の形に注目しておいてください。
画像

  昔、今もそうなのかは分かりませんが、水夫が船の速度を測るときに、下図のような道具を使ったそうです。
画像

  実物は下図のようです。
画像

  板状のものの形が先ほどの木材の断面図と同じですね。だから、この道具を log chip と呼んだということです。
Ship log and associated kit.
The reel of log-line is clearly seen.
The timing sandglass is in the upper left and the log in the lower left.
The small light-coloured wooden pin and plug form a release mechanism for two lines of the bridle.

From the Musée de la Marine, Paris.
  実際にどうやってスピードを測ったかというと、
When the navigator wished to determine the speed of his vessel,
a sailor dropped the log over the stern of the ship.
The log would act as a drogue and remain roughly in place while the vessel moved away.
The log-line was allowed to run out for a fixed period of time.
The speed of the ship was indicated by the length of log-line passing over the stern during that time.

ということだそうです。私は実際に見たわけではないので、ただ、Wikipedia の記事を紹介しているだけです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chip_log
で、もともとは、船の速度を測る装置を logと呼ぶようになってから、今度は、
a daily record of of a ship's speed and progress のことを log というようになり、
  そこから更に発展して、
any record of progress or occurences
も log と呼ぶようになったわけです。
 上記の Wiki の英語の説明が分からない人は、日本語版もあります。上記 Wiki 英語版から、見ることができます。
  そこで、computer のいろいろな data processing の記録したファイルの名前をつけるときに、それを log file と呼ぶようになったわけです。
  そこから更に発展して、internet 上で、いろいろな出来事などを記録する文章を、data を記録した log と区別するために、
web log と呼び、
遂には、we を省いて、blog となったというわけです。
  こういうながーい歴史があったわけです。
  で、このブログ、現在はどのように使われているか、どのような人が書いているか、などなどは、明日以降に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック