RSS とは、何のこと?

今日は、Google Reader を活用する上で、知っておくと便利というか、むしろ、知っておかなればならないことを、そのために必要な用語を解説しながら、紹介します。
  前もって覚悟を決めていただくために、必要な用語を、重要な順に並べておきます。後の方ほど、どうでもいいものです。
 RSS
 Podcast

 この二つは絶対必要です。以下は、この二つを理解するために、知っておいたほうがいいかな、という程度のものです。
 Feed Reader
 RDF
 W3C

 
 そこで、先ずは、RSS (アール・エス・エス)です。Wiki から冒頭を c&p します。
RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。
http://en.wikipedia.org/wiki/RSS
これ以上詳しくは、知りたい人は、上の URL をクリックするだけです。
 RSS とは、RDF site summary のこととなっていますが、RDF が何のことか、分かりません。
 Wiki の説明では、
Resource Description Framework (リソース・ディスクリプション・フレームワーク、RDF) とは、ウェブ上にある「リソース」を記述するための統一された枠組みであり、W3Cにより規格化がなされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Resource_Description_Framework
 これだけ読んでも何のことかよくわかりませんが、要するに、Web 上に、いろいろ書き込むときの「枠組み」framework のことらしいです。その中身は、素人には black box でしょうから、知る必要なない、と勝手に思っています。
 私たちが、Google の blogspot や、今このブログを書いている Biglobe の「ウエブリログ」などで、ブログを書く時、この RDF に沿うようになっているのでしょう。
 ついでに、この RDF を規格化しているという W3C とは、
World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)は、World Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体、非営利団体。略称はW3C(ダブリュースリーシー)。
画像

http://ja.wikipedia.org/wiki/World_Wide_Web_Consortium
 
 そして、RDF にしたがって、書かれて web 上に、配信された feed を読む application が、Feed reader です。
 フィード・リーダー (feed reader)、またはフィード・アグリゲーター (feed aggregator) は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・講読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/フィード・リーダー
 で、ここにも、RSS reader と呼ばれることが多い、と書かれていますが、私の知る限りでは、現在では、もっぱら、RSS reader が使われています。
画像

 そして、Google Reader は、数ある RSS reader のひとつです。他にどういうものがあるかは、上記 Wiki で紹介されていますが、私は、他のものには、眼もくれず、Google Reader 一筋です。
 Feed について一言。
 Feed とは、中学校の英語にも出てくる単語です。(出ていますか?)Food の動詞形と思えば,より簡単に思えるでしょう。
I feed my pets every day.
 といえば、ペットに毎日餌をやる、ということです。
  A single mother must feed her family.
 といえば、「家族を食わせなければならない。」ということです。
 英語の computer 用語は、こういう日常語の metaphor が多いので、元の英語を知っていれば、その意味が分かりやすいですね。
 Web では、誰かが、何かを発信しないと、空っぽで腹をすかせてしまうので、テキストでも、音楽でも、動画でもいいですから、食わせてやらなければなりません。つまり、feed してやらなければならないのです。私やあなたたちのように、腹を減らして、食べたがっている人たちがいるので。
 で、feed は、本来動詞ですが、名詞形としても使われます。feed するのは、food ですが、web 上では、food は、ちょっとそぐわないので、feed を名詞形で使うわけです。
 このあたりで、適当にまとめれば、
 Google Reader は、RSS reader のひとつで、web 上の feed を読む(食べる?)ものである、とでもなるでしょうか。
 次が、肝心なことです。
先の、feed reader (RSS reader) の定義で、
フィード・リーダー (feed reader)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・講読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。
 とありました。
 RDF に従った feed は、ブログだけでなく、ニュースや podcast (後から説明します)もあり、新聞社やテレビ局が、ニュースや動画を配信していると、それを RSS reader で、読んだり見たりすることができるのです。
 podcast を、先ずは、この時点で、ごく簡単に説明しておきます。もっと詳しくは明日にします。
 podcast は、別名 video blog とも呼ばれます。要するに、video 動画映像によるブログのことです。
 今日は、いろいろな専門用語?が出てきて疲れたでしょうから、続きは明日にします。
 今日の要点は、Google Reader を使えば、ブログだけでなく、ニュース記事や podcast と呼ばれる動画もみることができますよ、ということです。
 付け足しておくと、動画というなら、では、YouTube とは、どう違うか、という疑問がでるでしょうが、全ては明日、明らかになります。
 「明日があるさ」は、いいことですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック