podcast って、何のこと?

今日は、いきなり、podcast から始めます。
  すでに、このことばはおなじみで、パソコンや smart phone で見ている人には、余計な話ですので、パスしてくださって結構です。
  ここでは、まだ、podcast を知らない人に向けた説明をします。
  例によって、Wiki です。日本語版から、その定義を c&p します。
ポッドキャスト(英: Podcast)とは、インターネット上で音声や動画のデータファイルを公開する方法の1つであり、オーディオやビデオでのウェブログ(ブログ)として位置付けられている。
  昨日も書いたように、ブログの一種ということです。だから、Google Reader のような RSS reader で視聴できるわけです。
  もう少し詳しい説明と、その名づけの由来です。
ポッドキャストとは、Webサーバ上にマルチメディア・データファイル(音声データ・動画データなど)をアップロードし、RSSを通してWWW上に公開すること。その内容は、個人のブログと同様のものもあれば、テーマに基づいた対談などもあり、多岐に渡る。
ポッドキャストは、Apple社のポータブルマルチメディアプレーヤーであるiPod(アイポッド)シリーズと、"放送"を意味するbroadcast(ブロードキャスト)を組み合わせた造語である。元々は『iPodシリーズなどの携帯プレイヤーに音声データファイルを保存して聴く事が可能な放送(配信)番組』という意味で名付けられた。出自こそアップルとは無関係であったが、程なく追認するかのように、半自動でポットキャスト番組をダウンロードし、iPodシリーズに転送する機能がiTunesに組み込まれている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ポッドキャスト
 
 そうなのです。それまでの Napster による music file の配布や交換が、海賊版をはびこらせて問題になっていたのを、iPod によって、合法的に音楽配信が有料で行われる道が開かれた時に、その配信方法を、broadcast になぞらえて podcast と呼んだのでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Napster
画像

画像は、iPod classic 最初期の iPod です。今でも結構人気があるようです。
  最初は、楽曲配信だったのが、後に、動画も配信されるようになり、それも podcast と呼ばれ、現在では、こちらの方が主流になっています。
  考えてみれば、音楽ファイルも動画ファイルも、digital ですから、中身は数字です。違いは、中身の量です。Internet 回線が高速になり、ファイルを受け取るパソコンや、その他の smartphone などの端末の data 処理能力が高まったので、podcast による動画配信が普及したのでした。
  余談ですが、iPod の naming の由来ですが、これがネット上でも話題になっていますが、要するによく分からないようです。
  そこで、以前に読んだ、Steve Jobs の伝記を調べてみましたが、そこには、冗談で、iPod は、"idiots price our devices" と出ていただけでした。
画像

  調べるというと、全部読み返したか、と思う人がいるでしょう。そこは Kindle の e-book. "iPod" で search するだけで、一瞬にして、"iPod" を含む、4行の文章が全部出てきます。180箇所ありました。全部調べるのに10分もかかりません。便利でしょう。紙の本なら、一日がかりです。
 昨日、computer 用語は、日常語の比ゆ的転用が多いと書きました。
  podcast の cast も日常語です。もともとは、throw という意味です。
  broadcast は、「広く投げる」という意味で、「電波を広い範囲に投げ飛ばす」ので、broadcast です。それを broad でなく、iPod に限って「投げる」ので、podcast と呼んだのです。
 広く不特定多数に、broadcast するのでなく、特定の限られた人々だけに配信する場合を narrowcast と呼ぶことがあります。もっと知りたい人は、下記サイトを。日本語版はありません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Narrowcasting
 ついでながら、cast a vote は、文字通り「投票」です。あれは、「票」を「投げる」のです。
 映画や舞台の配役を casting と言いますが、あれは、多分、配役を決めるときに、役者の名前を紙に書いて、それを「投票」のように、テーブルの上にでも、投げて cast 決めたから、そういうのでしょう。これは、私の勝手な想像です。当たらずといえ、遠からず。
 余談はさておいて。
 podcast もブログの一種ですから、個人で、podcast することも出来るし、実際にそうしている人もいます。文章のブログをcast するサービスがあるように、podcast を cast する有料・無料のサービスもあります。私の知る限りでは、日本よりアメリカの方が進んでいるようです。
  しかし、video blog は、今私がしているように、keyboard に向かって文を書くようには、簡単に行きません。
 だから、将来はともかく、現在は、podcast で動画配信をしているのは、テレビ放送局が主、というより、ほとんどです。その中でも、もっとも熱心なのが、ABC, NBC, CBS のアメリカ三大ネットワークです。CSS や英国の BBC も積極的です。何故か、日本のテレビ局は、NHK はじめ、何にもしてないようですが、してますか? Video on Demand という有料サービスには、熱心ですが。そうです。上記の podcast は、全部無料です。
 昨日も、予告しましたが、では、podcast と YouTube とどう違うか、また、どうやって探すか、については、今日も余談があって、長引きましたので、明日にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック