スマートフォンで、ニュースを読む。

  今日は 「smartphone で Google News を読む」話です。別にわざわざ紹介するまでのことではないですし、既にそうしている人もいるでしょうが、まだ、そうしてない人のいることを知っていますので、あえて、取り上げました。また、まだ smartphone を持ってない人は、ニュースが読めるとは便利だな、と思って、ケータイから買い換えようとするかもしれないし。とまあ、そんなことを考えてもいます。ただし、この話、Android 系 smartphone の場合で、iPhone 系のことはわかりませんので、ご了承ください。
  Smartphone でニュースを読みには、Play ストアーで、Google Reader を install するだけです。Free です。
  Icon をホーム画面に登録しておいて、tap するだけです。
画像

 政治から始まって、各ジャンルの top news が出ています。関連ニュースや、もっと詳しいニュースも tap away で読めます。外国のニュースを読むには、画面をずーと最後までスクロールすると、次の画面になります。
画像

  逆三角形を tap すると、PC 版と同じように、US を先頭に、その後は、alphabet 順に世界の国々が出てきます。次の画面は、scroll down した後半の国々です。
画像

 試しに、South America の右側の丸い印を tap すると、すぐに次の画面になり、英語のニュースが読めます。
画像

  パソコン版より簡単です。
  これは、Google News の場合ですが、実は、Android 版 には、Tiny Google News があって、外国のニュースを読むには、こちらの方が簡単です。これもPlay ストアーで install します。Tap して開くと、
画像

 読みたいジャンルを tap すれば、
画像

 PC 版と同じようにニュースが出てきます。
 右上の Japan の右の逆三角形を tap すると、
画像

 いろいろな国が出てきますが、この画像から分かるように、世界の主要な国だけです。英語しか読めないと、US, UK、India だけに限られます。
 そのどれかを選べば、英語のニュースを読むことができます。
 昨日、USA Today の Android 版がある、と書きました。これも、Play ストアーで install し、icon をホーム画面に登録します。Icon を tap すると、
画像

 先ずは、top news の画面です。ヨコ三角形の icon があるのは、video です。上のほうに、subsection のメニューがあります。昨日の松井のホームランの記事があるかな、と sports section を tap したら、
画像

 Santana の perfect game の記事はありましたが、Matsui はなかったですね。
 そこで、Tiny Google News の日本版でスポーツを見たら、
画像

 ちゃんとありました。
 日本語の記事だけを、日本語の media だけで読んでいても、世の中過ぎていきますが、それでもいい人は、それでもいいですよね。But ???
  ところで、私が、さかんに smartphone で、ニュースが読めるとか、podcast が視聴できるとか、世界のいろいろな人の blog が読めるとか、YouTube が見えるとか、音楽が聴けるとか、その他、なんでしたかね、いろいろお勧めしているのには、わけがあります。
 最近、日本のマスコミだけでなく、世界の論調で、「「すき間時間」の活用ということが、話題というか、問題?というか、課題になっているからです。
  ニュースなどという、どうでもいいもの?は、新聞を広げて読んだり、テレビの前に座ったり、パソコンを立ち上げたりして、わざわざ読まなくても、smartphone で tap away (tap するだけで)、いわばつまみ食いできるわけです。つまり、わざわざテーブルの着かなくても、「すき間」の時間に、たったままでも、ちょいとつまめばいいわけです。
  そういう「すき間」活用法の、ひとつで、多分最も useful & fruitful であり、life enriching なのが、m-learning と呼ばれる learning method です。「学習法」という堅苦しいものでなく、learning のひとつの、そして多分究極のほうほうです。
 e-learning は、最近耳にすることが多いでしょうが、m-learning は、まだ聞いたことがない人は多いのでは?
 まだ、知らない人に取っては、明日からのブログは、役に立ちますよ。お楽しみに。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック