本格的「英語演奏」のための、本場の「楽譜」各種。

  どんな楽器の演奏でも、先ずは、やさしい曲から練習して、演奏します。そういう意味で、「英語演奏」で読むものも、先ずは、昨日紹介したようなやさしいものから始めるのがいいのです。
  で、そういうのになれたら、本格的な読み物になります。
  英語を読む、というと、中学・高校・大学での経験や入試問題の傾向では、題材というか contents は、本になっているものからが多いようです。そして、なんとなくこ難しいものが多いです。特に大学入試問題の、いわゆる「長文」を見ると、すらすら読めるものは皆無です。入試だから、すらすら読めては困るのでしょう。そういう英文ばかりに接していると、英語を読むのは難しいものだ、と、知らず知らずのうちに思い込まされて、英語を読むのが億劫になり、つい敬遠してしまう人が多くなります。
  日本語を読むときはどうですか。こ難しいものは、初めから敬遠して読まない人が多いでしょう。でも、すらすら読める、雑誌や新聞の記事なら、日常読んでいるでしょう。医院の待合室、新幹線や電車の中で、日本人くらい、何かを読んでいる人種はない、といわれています(そうですね)。
 だから、英語も、ちょっと慣れたら、新聞・雑誌を読めばいいのです。
 日本語の新聞・雑誌を読む時に、一字一句もおろそかにせず、分からない単語は辞書で調べて読む、という人はまずいないでしょう。
 同じことで、英語国民も、新聞・雑誌をそういう風に読んでいます。
 「高齢英語演奏者」は、もう大学入試と関係ありませんから、英語の新聞・雑誌もいい加減に読めばいいのです。アメリカの大学で勉強したければ online course で「入試」なしで学べますし。
 つい、先ごろまでは、だからと言って、英米の新聞・雑誌を読もうと思っても、「丸善」などに注文して、月遅れのものを読むしか仕方なかったですね。しかも、高かったです。特に、新聞など航空便で取り寄せると、それでも、一日か二日遅れで、月に一万円以上かかりました。
  それが、特に smartphone の普及以来、ほとんどの有名な英米の新聞や雑誌が free で読めるようになりました。しかも、面白こことに時差の関係で、場合によっては、アメリカの読者より先に読めるのです。
 まあ、前置きは、これくらいにして、smartphone で free で読める新聞・雑誌を紹介します。今日本で流行っている広告雑誌の free paper ではないですよ。
 Pulse は、以前にも紹介しました。これは、Samson が提供しているものです。Play ストアから、install できます。 
 読み物だけでなく、Flickr photos も Pulse で見ることが出来ます。英語だけでなく、日本語の雑誌や記事もありますが、自分で customize できますし、新しいものを加えたり、要らないものを delete したり、順番を変えたりできます。下の画像は、私の場合です。
画像

 ここに、New York Times や New Yorker が入っていますが、Pulse の選んだものしか出ていません。
 英米のほとんどの有名新聞は、smartphone 版が、Play ストアで、download できます。下の画像は、私の smartphone に入れてあるアメリカの新聞・雑誌です。
画像
画像

 Ichiro の記事を早速 NY Times で読んでみました。日本の新聞とは、違う論調で、興味深いですよ。
 そんなのを読んでいて、孫が、「おじいちゃん、何読んでいるの?」「ニューヨークタイムズでイチローの話を読んでるの」と言ったら、カッコいいでしょう。
 US news では、アメリカのあらゆる分野の、各種の新聞の記事を読むことが出来ます。Sports の MLB のところでは、日本の新聞は日本人選手のことしか伝えませんが、全ての試合経過とか、何でも分かります。
 もうひとつ、これも以前に紹介しましたが、Google News では、世界各国の news を読むことができます。英語で読めるものは、英語国だけでなく、Israel, Simgapole などの国や、アフリカの多くの国の記事が英語で読めます。Tiny Google News は、Google News の簡易版で、英語だけを読むならこの方がお勧めです。画像の中にある Android pod は、news では無くて、いろいろな分野の、世界各国の podcast を集めたものです。まあ、自分で explore してください。
画像
画像

  以上のものは、Play ストアへ行って、ここに紹介してある「名前」で検索すれば、すぐ出てきます。
  Time rich だけれど、money poor の「高齢者」には、全て free というのはありがたいことです。そして、Time rich だから、それらをいろいろ読むことが出来るのです。Time poor の人が、気の毒になりますね。どちらが Life rich なのでしょうか。
 ということで、今日は、「英語演奏」のための「楽譜」に当たるものを各種紹介しました。
 これらは、確認はしてませんが、Android 系 7 inch tablet では、特に Google の Nexus 7 では、利用できるに決まっているものです。
 Nexus 7 の日本での発売は、まだ先ですが、Amazon.co.jp の Amazon マーケットプレィスで、平行輸入品が手に入ります。16 GB の高い方で、42,800円となっていますが、34,800円の shop もあります。誰か買ってみませんか。
  
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック