「英語脳」養殖には、「分かる話」が栄養になる。

そこで今日から、「日本語脳」に固まっている日本人の「高齢者」 SC の言語中枢に「英語脳」を養殖する具体的な方法について、私の考えや実際に行なっていることを、紹介します。
 ただし、そういうことを望む SC が対象です。無理やりは出来ないです。
 Krashen さんは、いいことを言っています。これは、私の考えと同じで、嬉しくなりました。
 先ずは、彼のことばを聞きましょう。(読みましょう。)全文はこちらです。
 "The best methods are therefore those that supply 'comprehensible input' in low anxiety situations, containing messages that students really want to hear.
画像

  'comprehensible input' がミソです。つまり、聞いたり、読んだりして、ちゃんと分かることを、聞いたり、読んだりするのが、ベストメソードだと言ってます。
  私は、このことを、「分かり癖をつける」と言ってきました。
  日本の学校教育に限ったことではないですが、第二言語教育・学習の場においては、次の状況が支配しています。
  「先生」は教えなければならないし、「先生」の方が「生徒」より、よく知っているぞ、と思わせなければならない。
  そのためには、「先生」は、「生徒」に、imcomprehensible (何がなんだかわからない)ことが書いてある「教科書」を input として与えて、自分はさもそのことをよく知っているかのように、どうだ、わからんだろう。教えてやろうか。
 と、英語でなくて、日本語で解説しています。
 「先生」は、自分にとって、comprehensible なことしか教えられません。そうなると、英語教員免許を取るために大学で習った英文学や英語学に関すること、英米の文化、社会について教えることになります。
 それは、英語教師を志す「生徒」には、meaningful interaction であっても、そういう英語教師を見ていて、英語教師などにはなりたくない、と思っている「生徒」には、meaningless interaction (無意味なやり取り)です。
この時点で、多くの生徒は、英語に対する興味をなくします。ただ、入試のために 「英語」 という教科の勉強をすることになります。そういうことをどれだけしても、言語中枢とは関係ないので、「英語脳」 は育ちません。事実が証明しています。
 Krashen のことばで、更に重要な指摘があります。このことは、私は漠然と気がついていましたが、意図的に配慮していたかどうか、は自信がありません。
 とあれ、in low anxiety situations ということです。
 これはいろいろな解釈ができます。特に学校の場合は、これが分からないと、試験に通らない、というのが、highest anxiety でしょう。
 次には、一般的に、何か難しくて分からない、当てられたら、どうしょう、というのも anxiety になります。経験あるでしょう。英語に限りませんが。
 ここで注:
 anxiety: a state of being uneasy, apprehensive, or worried about what may happen.
 ちょっと前に、私は、こんな tweet をしています。
  医療では、医者が強者、患者が弱者なら、学校教育では、教員が強者で、学生・生徒は弱者。
  医者の前に行くと、どうしても anxiety が high になります。血圧が上がります。
  学校でも 「先生」 が強者として振舞うと、「生徒」 は、どうしても弱者の立場になります。
  そういうつもりはなくても、自分だけが、一段高いところに立って、周りを睥睨し、自由に歩き回り、「生徒」 は、目に見えない鎖で机に繋がれて、自由に動き回れないなら、それは、身体的にも心理的にも、強者と弱者の関係です。
 そして、「先生」が、grading (成績を順序づける)権限を持っていれば尚更です。anxiety が高まります
  Krashen さんは、それではダメだ、というのです。私も、常日ごろ言っているようです。ようです、というのは、公開の場でなく、一人でぶつぶつ言っている場合も多いので。
  先へ進みましょう。comprehensible input についての、Krashen さんの適切な補足です。
  containing messages that students really want to hear.
  「生徒」にとって、meaningful interaction は、自分が本当に聞きたい、知りたい、と思う内容を含んだものだ、ということです。
  こんなこと当たり前だ、と誰しも思うでしょう。ところが、学校英語教育では違うのです。その事情は、上に指摘したと通りですが、もう少し付け加えます。
 「生徒」の興味・関心は、十人十色です。学校では、「英語」だけでなく、その他のいろいろな 「教科」 も学習します。「理科」 の得意な生徒もいれば、「歴史」 の得意な生徒もいます。「音楽」「美術」 の芸術方面に優れた生徒もいます。「異性」 の生理に興味をもって 「保健」 に興味をしめす生徒もいるでしょう。
  しかし、「英語」 科の内容は、他の教科のことを input として与えるものはありません。それは、ひとつには、教科の壁もありますが、「英語の先生」 が、他の教科のことには、無知だ、ということもあります。
  以前のブログにも書いていますが、私は、昔から 「全教科的英語」 を提唱しています。

  後はつべこべ言わなくても、分かっているでしょうし、全ての人が、学校英語教育で経験してきたことです。
  そこで、いよいよ、では、英語を「習得」したい人が、really want to hear という messages を含んだ、comprehensible input は、どのようにして、与えたらよいか、という佳境に入ります。
  佳境に入るには、やはり、日を改めて方がいいので、明日からの話にします。
  だから、今日の趣旨は、初めから意図したわけではないですが、結果的には、
  まずは、そうか、なるほどな、そうなれば、望めば、SC でも、むしろ SC こそ、「英語脳」を養殖することが、できるのだな、
 と思っていただくことになりました。
 最後の文章、ちょっと回りくどいですね。ご容赦を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック