教育/学習のテクノロジーとは、どういうもの?

 皆さんにとって、今や IT は、すっかりお馴染みの語句ではないですか。
 日本語で、「情報技術」 と訳されます。
google してみました。
 IT      17,350,000,000
 情報技術  3,640,000
 こういうのを 「桁違い」 というのでしょう。
 IT と言っても、いろいろなものがあるのでは、と疑い深い人もいるでしょう。
 最初のページは、このようです。ずーと見てみても、Information Technology の IT ばかりでした。
画像

 
 IT という言い方が日本でも流行り始めた頃、当時の森総理が、政府が作った IT 戦略会議に出席した時に、
「イットって何だ?」
 と質問した、ということが、報道されて、結果 IT (アイ・ティー) が一挙に有名になりました。

 Wiki 日本語版にも IT という項目がありますが、そこへ行くと、他の IT もあって、Information Technology については、「情報技術」 を見よ、ということになっています。

 そこにある説明の一部を、c&p しておきます。
 1990年代のインターネット、携帯電話、携帯情報端末などや、それらをインフラとした各種のサービスの普及は、情報処理と通信の境界を下げ、IT という表現も一般化した。

IT と呼ばれる技術応用は、大きく二つに分類できる。
従来手動で行われていた作業をコンピュータで効率化・発展させたものと、
従来なかったサービスがコンピュータの応用によってはじめて可能になったものとである。

 英語版の方が、はるかに詳しい説明があります。

 この IT に、C が加わって、今では、ICT の方がよく使われます。
 >Information Communication Technology
 google hits は、30,500,000
 IT の後発ですから、IT よりは、まだ、はるかに少ないですが、「情報技術」 よりは、一桁多いです。

 なぜ、communication が加わったか、というと、
 PC による情報処理が IT の中核であった時代から、
 Twitter, Facebook などの、SNS、更に cloud computing による communication technologies が加わったからです。

 昨日の話の education/learning における technology は、もっぱら、この ICT のことです。
 昨日紹介した educational technology に関する blogs を全部読んだ人はいないでしょうから、
 全部読んだ私が、少し、そこに書いてあることを大雑把に紹介します。

 まずは、具体的にどのような technologies があるか、です。
 普通 technology というと、computer とか、video 機材という gadgets (hardware と言ってもいいですが) のことと思いがちです。
昨日紹介した technology に関する blogs には、最新技術として、smartphone/tablet/
chromebook などの gadgets は、当然あげられています。
 そのひとつ 50 Education Technology Tools Every Teacher should know about
 は、それらの tools を
 1. Social Learning
2. Learning
3. Lesson Planning and Tools
4. Useful Tools
 4 つのカテゴリーに分け、各カテゴリーには、なじみのものもありますが、まったく知らないものもあります。
 Tool というと、つい hardware を連想しますが、個々に挙げられている tools のほとんどは、software です。
 私のなじみのあるものだけ紹介します。
 1. Edmondo, Skype, Pinterest、その他 8
2. Khan Academy, その他 9
3. Google Docs, YouTube, TED-Ed, その他 12
4. Evernote, Twitter, Dropbox, Aviary, Google Earth, その他 8

 以上の中に、Pocket, Instapaper,feedly, Flipboard など、私の愛用しているものが入ってないのは、
 この記事が、2012 年 8 月で、ちょっと古いからかな。Technology の進化は早いですからね。

その他にどういうものがあるか、興味ある人は、上記 blog を見てください。
 それにしても、Every teacher should know about と言われているのに、
 50 のうち、13 しか知らない私は、まだまだ勉強が足りませんね。
 若い人は、どうですか。

 ということで、education に technology というのは、具体的に、このような tools を使いこなすことなのです。
 
 そうすると、どうなるのか、というのが、私がもっともお話したいことです。
 そういう大事なことは、最後の方に書いてあると、いい加減に読まれるおそれがありますから、
 明日の最初にお話しすることにします。
 
 ということで、今日は、education/learning に technology を、というけど、
 具体的に、どういう technologies なのか、多分イメージできたと思いますが、果たして?
 要するに ITC のことですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック