「種探し」 の道具は、Twitter で見つける。Facebook では、ダメ?

 昨日、「話の種」 探しのために、私が使っている道具、つまり、 apps を、「ニュースブラウザー」 を除いて、私の Nexus 7 の画面上で紹介しました。
 以前にも紹介したものもありますから、すでにいくつかは使っている人もいるでしょう。何か、新しいものを、試してみた人はいるでしょうか。
 私が、いろいろ新しい apps を見つけると、「どうやって見つけるの?」 と訊かれることがあります。
便利な道具 apps は、今後もいろいろ出てくるでしょう。
 そこで、今日は、私の場合、どうやって、そういうものを見つけているか、をお話します。今後皆さんが自分で見つけるのに参考になれば、と思います。
 
 答えを先に言えば、Serendipity です。
Wiki の日本語版には、こう書いてあります。
何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。
 才能なんですかね。
私の場合、探している、というより、Twitter や blog を読んでいるときに偶然見つかることが多いようです。
 特に、Twitter で、見つけることが多いですね。
Twitter というと、日本語では、カタカナで、「ツイッター」 と書かれ、発音するときは、尻上がりになります。
TV のアナウンサーなども、例外なく、そのように発音しています。みんな大学出で、大学まで英語を習っていたのに。
 気をつけていると、この人、ちゃんと英語できると思われる人は、その人の書物では、Twitter と、英語を使っています。まかり間違っても 「ツイッター」 と書かないのです。英語が出来れば、死んでも? 「ツイッター」 とは言えないのです。しかし、私のように、「ツィター」 と書くのは、公の場では、間違いとされるおそれがあるので、仕方なく英語で書いているのでしょう。
 なぜ、「ツイッター」 はだめか。
ツイッターと書かないで。ツイターと書いて。
で、説明しています。

 今日の話に戻ります。
Twitter というと、すでに使っている人も多いでしょう。しかし、今日のテーマのように、「種探し」 の道具を見つけるのに使っている人は、いないと思っているのですが。いたら、是非名乗り出てください。
 普通の使い方については、先に、
「ツィター」 で英語演奏。ただし、英語の twitterで。 
では、今日の趣旨とは違ったことが書いてありますが、一応参考にしてください。

 「種探し」 の道具、つまり、apps が、見つかるには、どういう twitter を follow しているかが、決め手になります。
 上記 entry でも、指摘していますが、Twitter が始まった時、"What are you doing now?" という問いかけに答えて、tweet するようになっていました。日本語では、”今何してる?” と問いかけられていました。
 英語の問に、"now" があるので、日本語で tweet するときに、”渋谷なう” とか、"昼飯中なう” とか、その時にしていることを tweet するのが流行っていました。
 それが、アメリカでは、ある時から、"What's happening now?" と、個人を超えた、社会的な問になり、現在では、そういう問はなく、なんでも tweet すればいい、というようになりました。
 ご存知でしょうが、Twitter は Alphapet 140 文字制限になっています。
日本語の場合は、140 文字制限と言っても、漢字が使えますから、英語より、多くの内容が書けます。
 例えば、英語で responsibility と書けば、それで、14文字になってしまいますが、漢字では、「責任」 と書けば、2文字で済みます。
 漢字まじり文ですと、140文字あれば、結構中身のあることが書けます。それで足らなければ、2つ以上の tweet 枠を使って、結構長い文章を書く人もいます。
 そして、何を書いているか、というと、
日常生活とか、旅行中の出来事とか、要するに身辺雑記が多いようです。
 人のことを知るのは結構おもしろいので、そういう twitter を follow する人は結構多いようです。
 Twitter 使っている人は、followers の数を増やすために、自分自身が、多くの人を follow します。そして、お返し?に follow してもらうのです。
 Follow してもらうためには、自分も、相手に気に入るようなことを tweet しなければ、と思うのか、似たような内容になるようです。これは、私の勝手な思い込みですので、間違っているかも知れません。
 
 問題は、そういう twitter を follow していても、apps は、見つからない、ということです。
 Twitter が、初期の 「今何している」 の時代から、何でもありの時代になると、個人でなくて、新聞や雑誌、NPO, 各種 agent が、twitter 上で tweet するようになりました。
 そうすると、何について、tweet するか、というと、自分たちの活動や、作ったもの、新聞・雑誌の場合は、取材したことなどについて、tweet します。その中に、apps の紹介が出てくることが多いのです。
 つまり、要は、個人でなく、そういうものを follow していると、serendipity が起こりやすい、ということです。
そういうものを、follow しても、「follow 返し」 はしてくれないので、自分の follower を増やすことにはなりません。
 だから、言ってみれば、twitter 愛好者の多くは、follower を増やすことに夢中になって、「follow 返し」 をしてくれそうな twitter ばかりを、follow しているので、私が見つけるような apps を見つける serendipity が起こらないのです。
 
 英語 alphabet 140 文字では、極めて限られたことしか書けません。だから、英語の twitter では、内容のあることは書かず、本来読んで欲しい blog や website への link を紹介しているものが多くあります。
 私の場合も、tweet するのは、毎日の blog のタイトルと、その link 先だけです。
 そこにある link を click/tap すれば、すぐにそのサイトへ飛んで、読んでもらいたいものを読んでもらえるわけで、苦労して、140文字制限の中で無理して書くこともないわけです。
 そうして、飛んだ link 先には、serendipity で apps が見つかるだけでなく、「話の種」 そのものが、見つかることもあります。
 では、どうやって、そのような serendipity を起こす twitter を見つけるか
というのが、次の話になります。
 今日の話は、なかなか smooth に進まず、三回も書き直したので、疲れました。
続きは明日にします。
 やっぱり、盆休みで、すこし、推進力が鈍ったかもしれませんね。外が暑いと、いくら冷房の効いた部屋の中にいても、気分的に暑いし。まあ、そんなわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック