Critical Thinking について、もっと知りたい?

 昨日、Critical Thinking (以下 CT) について、日本の事情について知人は、教えてください、とかいておいたら、早速 Tokunaga さんから、コメント欄で教えて頂きました。コメント欄は、読み逃す人も多いので、ここに、ご本人にお断りした上で、ここに c&p します。

私が知る限りでは狩野みきさんという方が Critical Thinking の普及に尽力されています。 http://www.wfmjapan.com/program/2012/07/21164302.php Twitter もされていて、名前で検索すると出てきます。また、下記のURLでは TED×Tokyo での講演の様子がご覧いただけます。http://www.youtube.com/watch?v=o6UP65M8pYY&feature=share&list=PL46FC0CFF30890EF4

ということですので、狩野さんの経歴や活動に興味ある人は、紹介されたサイトや、Twitter、そして TED の講演をみてください。
TED の講演は、英語です。

紹介されているサイトは、世界連邦21世紀フォーラムのサイトで、そこに、狩野さんの講座の概要が、ご本人によって紹介されています。
画像

 その中で、CT について、上手に解説してみえるので、その要点を紹介します。

クリティカル・シンキング(CT)とは
「物事をじっくりと主体的に考えるための思考法」
「主体的に日常を生きていくためのスキル」

とし、
「これからの時代にあっては、個々人が主体的に生きていくことがますます求められていく」
「主体的に生きるためには自分の意見を持たなければなりません」
「ひとりよがりではない、健全な意見を持つための<思考>は、ひいてはその人に自信と思いやりの心をもたらしてくれる」
「主体的に生きるためにはどのような<考え方>をすればいいのか、なぜ考えることが自信や思いやりにつながるのか」

と、問いかけています。「主体的」 ということが、盛んに強調されています。

狩野さんは、特に、blog についての言及があるかどうかは、調べた範囲ではわかりませんでした。

このサイトの狩野さんの Profile で、「約20年にわたって大学で英語とクリティカル・シンキングを教える」 と紹介されていますが、CT は、アメリカでは、もう 30 年以上の歴史があります。
The Critical Thinking Community という組織もあります。設立 33年になっています。
画像

私の Pocket には、CT については、2つの blog が、入っています。最初のものは、Edudemic です。
 
The 4-Step Guide To Critical Thinking Skills
Fostering Critical Thinking with Technology

ということで、今日は、予定を変更して、CT について、更に紹介しました。
それにしても、日本の学校教育では、今後何らかの取り組みは行われるでしょうか。すでに行われている事例をご存知の人は、教えてください。
この CT.主体的に生きるために必要なら、何も生徒に限ったことでなく、われわれ大人にも必要です。
Blogging が、CT に役立つ、というなら、やっぱり、blog を書いたらどうですか。
今日は、こんなところで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック