「先生」 たちよ、ブログをしましょう。 生徒のためにも。

 今日もまた、「ブログの勧め」 を、私の Pocket の中から紹介します。 一種の reblog ですが、かいつまんでの紹介です。 全文は、自分で読んでください。 Edudemic の blog です。
一般の人でなく、 Teachers への 「勧め」 です。
How (And Why) Teachers Should Blog
画像
]
 ですから、今日のタイトルにある 「先生」 は、学校の先生のことです。 内容を紹介すると、わかってきますが、「大学の先生」 にも当てはまります。
 医者や政治家の 「先生」 も、ブログを書くべきですし、最近は、日本でも若い政治家がブログを書いています。 この話は、また、別の機会に。

 冒頭は、このように始まっています。
Gone are the days when academic institutes used to shy from integrating current technology into their education system.
日本の学校は、まだまだ、Gone are the days ではないですねぇ。 

Now, almost every school, college and university in US, UK and other developed countries are using current techs to foster effective education round-the-clock.
日本は、other developed countries に count されるかな?
昔の 視聴覚とか、最近の電子黒板とか、教室で使う techs でなくて、家庭でも、通学途中でも、朝起き抜けでも、round-the-clock で使える techs のことです。 つまり、教材・教具でなくて、生徒が自家薬籠中のものとして使う 「学習メディア」 の techs のことです。
 それは、つまり、
As internet plays a huge role in making education more interactive and streamline than ever before,
blogging has opened dozens of doorways for teachers
to make their teaching endeavors more productive.

インターネットによる blogging のことです。
Blogging によって、dozens of doorways が、 「先生」 に開けて、
その teaching endeavors が、more productive になる、
と言うのです。 ありがたいことでしょう。
「先生」 にとってありがたいだけでなく、生徒にもありがたいのです。 それが肝心。

ということで、
It is observed that more and more teachers
are turning to blogging platforms
and
learning how they can set up blogs for both personal and professional (teaching) use.


ブログを、 自分のことと、仕事のことと両方に more and more 「先生」 が、使っているのが、
US, UK and other developed countries では、observed されている、
というのですが、日本では、どうですか?
私の知る所では、小中高の先生で、blogging を personal use にも professional use にも使っている人は、いない、のですが、いますか。 いたら、名乗りでてください。
大学の先生の中には、personal use で blogging しているひとがいますが、学生の教育のための professional use に使っている人は、いるかな? いたら、名乗りでてください。
余談ながら、研究のための use は、professional use ではないです。
 「大学の先生」 の本来の profession は、 teaching です。 確か、日本の場合は、大学設置基準にも、そのように明記されています。 だって、大学 「教授」 でしょう。 大学 「研究者」 でなくて。
 余談でした。 これ以上深入りしません。

 どのように、both personal and professional use かといえば、
 From WordPress to Tumblr and Typepad to Livejournal (注;アメリカでポピュラーな blog service です)
teachers have observed that
these platforms empower them to polish not only their literacy but writing prowess as well.

とこのように、まずは自分に役立ちます。 加えて、
In addition to that
students find this new mode of learning more comfy (注:comfortable) and engaging than regular classroom lectures.

生徒・学生の方でも、blog でのやり取リのほうが、教室での型にはまった 「授業」 より、気持よく、また、興味をそそられる new mode of learning だ、
というわけです。
 
 で、このあと、この blog 記事は、
proceed to the tips on harnessing the true potential of blogging for improved learning,
に進みます。
その tips として、次のものが挙げられています。 一応読んでみてください。 私なりの解説は、明日させてもらいます。
 How Teachers Can Harness Blogging for Enhanced Learning
 Manage Students’ Activities
 Increase Ingenuity and Writing Prowess
 Teach Students How to Give Feedback
 Encourage Collaboration in Students
 Promote Engagement Among Students


なお、この blog 記事を書いたのは、Alice Martin という人です。
Alice Martin is working as a content manager at Assignment Valley. She has also worked for the various academic institutions and serving the education industry for many years.
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック