日本各地のニュースを読むのも、スマホアプリで。 これは便利。

 昨日は、Google News や Tiny Google News (こちらがおすすめです) で、世界の news を読む、というより、
世界各国が日本のことをどのように報道しているか、
 を、英語で読むことができる、と紹介しました。
 
 世界を知るのもいいけど、Smart News や Google News では、地元の news を扱っていないではないか。
地元のことは、やっぱり紙の新聞の地方版を読まなければ、
というでしょう。
 そうかもしれません。 そうでないかもしれません。 地方による、というのが私の答えです。
その訳は、次に。

 私の 「News」 フォルダの隣に、「More news」 というフォルダーがあります。 先に説明したように、ひとつのフォルダに5つ以上の apps を入れると、5つ目からは、隠れて見えなくなります。 News を読む apps は、5つ以上あるので、5つ目からは、新しいフォルダを作って入れてあります。
 More news に入れてある news apps は、下図の3つです。
画像

 一番左は、Xperia に関する news ですので、ここでは関係ありません。 2つ目に、最後の方、文字が見えませんが、「ニュースブラウザ」 というのがあります。 右端には、「社説リーダー」 があります。
 まずは、「ニュースブラウザ」 を tap します。
画像

 アイウエオ順に、この app で読める、新聞・雑誌のメニューが出ています。
 新聞としては、地方紙、全国紙、業界紙など、ほとんど網羅しています。
 アイウエオ順ですので、たまたま上のほうに来ている 「秋田魁新報」 を tap します。
画像

 このように、全国や世界の news に先駆けて、「秋田のニュース」 が、いっぱいあります。
 東北の中心都市仙台の 「河北新報」 を開いてみましょう。
画像

 こちらは、宮城県だけでなく、「東北のニュース」 を網羅しています。
 このように、「ニュースブラウザ」 にある地方紙を見ると、全国紙が報道しない、その地方の news を読むことだできます。
 先に私が 「地方による」 といったのは、「ニュースブラウザ」 にある地方紙の中には、こういう地方の news を重点的に取り上げていないものもあるからです。 また、すべての県の地方紙がメニューにないからです。
 例えば、残念なことに、私の地元紙、「中日新聞」 には、「尾張のニュース」 とか、「名古屋・愛知のニュース」 はありません。
 また、岐阜の新聞 「岐阜新聞」 は、メニューにありません。 三重県の新聞 「伊勢新聞」 「三重ふるさと新聞」 もありません。 しかし、悲しむのは早いです。
 昨日紹介した Google News とトップページをもう一度見てみましょう。
画像

 一番上のバーをよく見てください。 少し拡大します。
画像

 「愛知県」 とあるでしょう。 そこを tap すると、
画像

 このように、愛知県のニュースが、特集されています。
 これは、smartphone のシステムに内蔵されている GPS によって、私の住んでいるところが特定されているので、「愛知県」 になっているのです。 岐阜県や三重県の人なら、「愛知県」 のところが、「岐阜県」「三重県」 になっているはずです。 Smartphone を持っている人、試してみてください。 結果を教えていただくとありがたいですね。
 先に、Tiny Google News が 「おすすめ」 としましたが、この機能は、利用できなません。

 「More news」 フォルダには、もう一つ 「社説リーダー」 が入れてありました。 これは、紹介した人、皆さん 「便利だ」 と喜んでいます。 開いて見ます。
画像

 全国紙5紙から始まって、全国各地方の主要新聞の社説と、コラム記事が、全部読める、という app です。
岐阜新聞の社説です。 少し前の日付のものです。
画像

 岐阜新聞のコラム記事 「分水嶺」 が読めます。
画像


 ひとつの新聞だけとっていて、その新聞の、時に 「偏った」 社説だけを読んでいると、人間も偏ります。 「社説リーダー」 で、各紙の社説を読み比べると、バランスのとれた、世間の見方ができます。
 今日話題にしている、地方のニュースに関しては、地方の新聞のコラム記事を読むと、その地方のことが、取り上げてあることが多いので、その地方のことがよくわかります。
 私としては、金沢の北国新聞のコラム 「時鐘」、福井新聞の 「越山若水」、福島民報の 「あぶくま抄」 が、その地方のことをよく取り上げていて、毎日楽しみにして読んでいます。 「天声人語」 は、読みません。
 紙の新聞をひとつかふたつしか読んでない人、世間が狭くなりますよ。 Smartphone で、世間を、世界を拡げたらどうですか。 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Tokunaga
2013年11月20日 19:27
先生のご紹介してくださったアプリで読める色々な記事は、英語でツイートする時の「つぶやきの種」にもなると思います。こうしたアプリが無料で使えるとは良い時代だと感じでいます。
SF
2013年11月20日 21:56
Tokunaga さん、いつもコメントありがとうございます。
英語で tweet するときには、この後紹介する、英語の apps のほうが役立つでしょう。
2,3日あとになります。

この記事へのトラックバック