珍説!Jobs は、アナログ人間だった。 だから10インチ?

 昨日、タブレットは、10インチの iPad で始まり、7インチの Nexus 7 で、7インチに戦場が移り、Apple が、iPad mini を出して抗戦している、
という状況を紹介しました。
 そして、Jobs は、iPad mini には反対であった
ということも。
 Walter Isaacson の Jobs の伝記に、そのあたりの事情が書いてあったかどうか、覚えがありません。
読み返すのも面倒なので、それとは関係なく、Jobs が、10インチにこだわった理由を、本人はどういうか、冥府まで行って確かめることもできませんが、私なりに推測します。

 それには、私が iPad というものを知った時の事情が影響しています。
私が最初に、iPad を目にしたのは、実物でなく、NHK のある番組でした。
その時の様子を今でも鮮明に覚えています。
とは言っても、デモを下のは、アナウンサーだったか、ゲストだったか、彼らか、彼女らか、どういう顔のひとだったは、忘れています。
 忘れてないのは、iPad は、終始横向きだった、ということです。
そして、デモのほとんどは、その横向きの画面に、ある絵本が、両ページ開きで出ていて
それを、指でめくって次のページヘ移る、
 という紙の本を読む時と同じことをする、というか、出来る、
ということを、自分たちが発明したわけでもないのに、自慢そうにデモをしていました。 (勝手な感想です)
 
 SF流解釈では、
digital device を使ってebook を読むのに、さも paper book を読むような analog 感を出しているわけです。 つまり、アナログ人間でも抵抗なく読めるように。
 
 iPad の実物を見に、近所の山田電気に行ったら、デモ商品は、テレビでデモしたように、横向きにおいてあり、本が開いた画面が出ていました。 自分で指でめくって見て、なるほどと感心しました。 でもなぜ、すぐ飛びつかなかったか、その説明は後ほどします。
 
 考えてみれば、PC に GUI (Graphic User Interface) を最初に持ち込んだのも Jobs でした。 それまでの MS-DOS のように、keyboard を使って、文字と記号だけで、digital 入力していたのを、mouse を使って icon を click するのは、analog 的です。 数字が嫌いな analog 人間でも抵抗がなく使えます。
 
 Jobs の伝記で、印象的に覚えているシーンがあります。
それまでの、digital 機器は、録画・録音機でも、角が尖った角々のものでした。 色は黒が基調でした。
 Jobs は、デザインに非常にこだわりを持っていました。 iPhone の デザインを練っている時、担当者が最初に持ってきたものは、角が角々のものでした。 Hardware というのは、文字とおり、固い (hard) 材料で作るので、丸みを持たせるのが難しいのです。
 だから、その時の Apple のデザイン担当者も、当たり前のように、従来の角張ったデザインの試作品を持ってきたのです。
 そこで、Jobs は、その担当者を外へ連れ出し、いかにいろいろなものが丸みを帯びた形であるから、示したそうです。 言ってみれば、analog は、丸いのです。
 
 Jobs は、コンピューター会社の CEO です。 Digital の産物の開発者であり、生産者です。 しかし、一方彼は芸術の愛好家であり、音楽を好み、禅の修行をしていました。 彼自身は analog 愛好者であったのです。 まあ、私の勝手な解釈ですが。
 
 私の甥が、iPad を出た当時に買っていますが、訊いてみたところ、もっぱら横で使っているそうです。
考えてみれば、テレビは横長の画面で見てますから、タブレットで動画を見る時も横長の方が馴染みがあります。
 2歳になる男の子が、iPad を使って遊んでいますが、お絵かきなどする場合、画用紙は通常よく向きにして絵を書くように、横長の方が自然です。
 学校で、小学生が iPad を使っている写真が出ていると、例外なく横向きにして使っています。
 ネット上のショップなどで、iPad に限らず、Sony の Xperia Z tablet など、10インチの tablet のカタログが出ている場合、ほとんど横向きの写真です。
 
 Jobs は、なぜ10インチにこだわったか、という話をしています。

 私の手元の 7インチタブレットの Nexus 7 を横にしてみました。 新書版の本を横にした大きさです。
ここへ、電子本を見開きにして提示したら、全く本らしくないですね。 つまり、アナログ的にならないのです。
 画像は横向きに提示できますが、10インチの画面に比べると、迫力が違いますね。

 というわけで、やや舌足らず?ではありますが、Jobs は、iPad の users には、アナログ体験を提供しようとしたので、10インチにこだわった、
 という、これは、まさに SF 流の一刀両断でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック