Personal computing の Life technology はこんなことができる。

今日は、もっぱら reblog です。
昨日予告したように、smartphone/tablet を使った personal computing の世界で、どのようなことが、現に行われ、将来どのように進化していくか、紙の新聞を読んで、テレビを見ていては知ることのできない、あるいは知っても表面的にしか知ることのできない 'news' を、私の 'Pocket' に "life technology" とう tab で入っているものを、reblog します。
 その前に、では、私はそのような 'news' をどうやって見つけたか、を紹介します。
別に簡単なことです。 いつも紹介する SmartNews の 「テクノロジー」 チャンネルと、「プラスチャンネル」 で加えてある 'TechCrunch Japan' 'CNET Japan' それに、「東洋経済オンライン」 が主な 'news' 源です。
 それに、この後 SmartNews について紹介することと関係してきますが、Twitter で follow している、主としてアメリカの news media や journalist が、Twitter のなかで紹介する news や blog の URL のsite も、私の 'news' 源です。
 そこで、この SmartNews ですが、最初は、多分東洋経済オンラインで知ったとおもいますが、Android に登場したその日に、Play ストア で download した覚えがあります。
 それまでは、Google News や、有料の日経電子版が 'news' 源でした。 SmartNews を読み始めたら、こらは、ちょっと違うぞ、と直感しました。 そうしたら、Google News や日経がつまらなくなり、日経は、一昨年の12月で、紙も電子版も購読をやめました。 月にして5000円、年間6万円の節約になりました。 年金生活者には結構大きい金額ですよ。 そうでなくても、家計の苦しい人は、この際、紙の新聞をやめて SmartNews を読むといいですよ。 もっとも smartphone/tablet を持っていればですが。 確か最初は Android 版だけでしたが、今は iPhone/iPad 版もあります。
これが、他の news apps とどう違うか、というと、
その後 Android 版がでて、Yahoo News もそうですが、それらは、既存の紙の新聞や雑誌の記事のデジタル版を、いわば copy して載せているだけです。
 それに対して、SmartNews はどうか。 次の記事を読んでください。
SmartNews人気の秘訣Smartモードでは何が行なわれているのか?

 上の記事から少しだけ紹介すると、先にちらっと漏らしたこととですが、
良いコンテンツだけを選び出す仕組みがあります。ツイッターの投稿にあるURLを収集し、リアルタイムに注目あるコンテンツを集めて、どれが注目を浴びているかがわかります。
 Twitter と連動していたとは、この記事を読むまで知らなかったですね。 他の news apps とは、やっぱり違っていた、ということがすごく納得できました。 Twitter であって、Facebook ではないことも納得です。
 そして、新聞記事とは違って、結構長い、時には数ページにわたる突っ込んだ記事も多くあります。 だから、従来の紙の新聞とは、全く違う 'news' 源です。

 そして、ありがたいことは、これぞと思った 'news' は、tap ひとつ (ふたつの時もあるかな) で、'Pocket' にしまったり、友人・知人と mail で share することも出来ます。 これも digital ならこその life technology。

 では、早速、私の 'Pocket' の中の "Life technology" のいくつかを reblog します。
まずは、こんなのはどうですか。
 Tシャツがセンサーに、着るだけで心拍など計測、東レと NTT が開発しドコモがサービス展開へ
画像

 これは新聞にも載っていましたから、読んだ人も多いかも。
 「ドコモがサービス展開」 をすると、見出しにありますが、smartphone に app を入れて data collection/sharing をするのです。 Smartphone が、今後は健康管理の必須道具になるでしょうね。
持ってない人の方が、病気にかかる率が高いでしょうね。
 
 こんなのもあります。  
World's Smartest Thermometer
 Kids fidget. Especially when they're sick. So Kinsa's fun, engaging screen calms little Susie while you take her temperature, making it easier and faster.
画像

 これも、特に子供の健康管理に役立ちます。 Smartphone は、やっぱり smart なんですね。

 これは、今のところ産業用ですが、home use に使うと便利だな、と思えるものです。
富士通研がグローブ型ウエアラブルデバイスを開発、NFCとジェスチャー入力で作業現場を支援
画像


 小さいものを作るのが得意の日本の技を示すこんなのもあります。
セイコーエプソン、88gに軽量化しためがね型のAndroid端末
画像


 まだまだ、ありますが、本命は明日紹介するとして、一応今日の最後に、音声コマンドの進化の話です。
昨日紹介した、Jobs の肝入りの音声コマンド Siri よりも、
最近の Google の音声コマンドが、Siri を超えて進化している
 という記事があります。
Ok Google―音声コマンドの時代が来る
GoogleのAndroidとChromeブラウザでの音声コマンドは驚くべきレベルに達している。
と紹介されています。
 実際、これは私も実感していることで、Google search でも、gmail でも、音声で済ませることが多くなっています。 知る人は知ってますが、私の聞き取りにくいと言われる日本語でもちゃんと正しく認識してくれます。 英語の方は、むしろ多少自信がありますが、これも気がつかないうちに精度がましているようです。
  
 とこのように、personal computing は、どんどん進化しています。 まだまだ、おどろくべきことがありますよ。 明日をお楽しみに。
 ひょっとすると、明日はお休みするかもしれません。 その場合は明後日をお楽しみに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック