オバマは、「テクジョ」 「テク男」 を育てる。安倍さんは、どうする?

 この所、テクノロジーの話が続いています。 そして、
日本は、もっと、「テクジョ」 「テク男」 を、学校教育で育てなければ、
 とつぶやいています。
 私が、ぶつぶつ言ったことを、30人ばかりの人が聞いていても、世の中変わりません。

 しかし、アメリカの大統領が、同じことを言ったら、どうなるでしょうか。
 
 何度も書いているように、私は朝目が覚めると、枕元にある Nexus 7 か、XPERIA を見ます。
余談ですが、この二つは、パソコンと違って 「立ち上げる」 ものではないですね。 チョンと switch を押すだけのことですから。
 で、何を最初に見るか、というと、その時の気分で違います。 Twitter を見ることが多いですね。
なぜか、というと、私が follow しているのは、80%以上が、アメリカの blogger や NY Times などの newspaper や magazine それに、government などの agency です。
 時差の関係で、それらの tweets は、私の寝ている間に発せられています。 朝起きてみると、ズラ~と来ています。
 私が follow している一つに、The White House があります。
画像

 2月28日に、Obama さんが、こんなことを tweet しています。 連続です。 というか、Obama さんの言ったことを、White House が、tweet しています。
"We need to give every child, no matter what they look like...the chance to reach their full potential."
そのために、
Let's give more students access to technology in the classroom that will help them succeed.
 Classroom で、つまり、学校で technology に access できるようにすることが、「成功」 への道、と言っています。
そして、STEM を強調します。
Obama: “Every child in America deserves a world-class education―especially in science, technology, engineering & math.
そのために、
Obama: "One of the ways we deliver the best education in the world is by empowering our students with the best technology in the world."
The best education は、the best technology で students を empower、言ってみれば、戦争するわけでなく 「武装」 させよ、というのです。
President Obama: "We want to bring this spirit―including more technology―to more classrooms."
President Obama: "In a country where we expect free Wi-Fi at our coffee shops, we should demand it in our schools and libraries."

 コーヒーショップにあるものが、なぜ学校にない、と言ってます。 安倍さんもこういう発想をしないかな。 「テク音痴」 の有識者会議を招集するより、全国の小中高の教室に Wi-Fi を設置したほうが、ことは早いと、私はつぶやくのです。
 ここに紹介した tweets は、time line を、最初のものから、最後のものへ、並べ替えてあります。
 最初は、この tweet で始まっています。
President Obama's Weekly Address: Investing in technology and infrastructure to create jobs.
 仕事を作るには、というか、自分で稼げる仕事につくには、technology を駆使できる 「テクジョ」 「テク男」 にならなければ、そのためには、学校教育で、という政策を進めようというのです。
 この twitter、461万人の人が、follow しています。 皆さん、なるほどと頷いているかな。

 このように、アメリカ政府は、「テクジョ」 「テク男」 を育てるのに、本腰を入れています。
 ただでさえ、特に、ITC 分野で、日本はアメリカだけでなく、他の国からも遅れをとっています。
「リケジョ」 も大事ですが、「テクジョ」 「テク男」 を育てることに、もっと学校教育の 「技術教育」 をなんとかしなければ、と思うのは、私だけかなぁ。 こっちの方が英語教育より、大事かも。
グローバル化ということは、グローバル競争の時代ということです。 グローバル競争の勝者は、その国の 「テクジョ」 「テク男」 の質と量に関わってきます。
 最後まで、ぶつぶつ言いました。
 テクノロジー教育に加えて、オバマ政権が、力を入れはじめたのが、code writing education です。 これについては、明日の話にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック