昔学校で勉強したことを、英語で学び直す。 一つの方法。

TOEFL の score の高い国では、
英語を勉強するのでなく、
英語で勉強している、
また、
日本人の TOEFL 高得点者は、特に、Reading, Listening については、多く読み、多く聞いている、
という 「疫学的研究」 に基づいて、
英語で勉強する、そのためには、多く読み、多く聞く、
という方法をお勧めしています。
今日からは、具体的にどのようにして 「勉強」 するか、という話です。
今までは、わざと 「勉強」 ということばを使ってきましたが、
「強いられる」 イメージの強い 「勉強」 を棄てて、これからは、自主的にするイメージのある 「学習」 または、「学ぶ」 ということばを使います。

この 「学習法」 の対象者は、一応、TOEFL または、TOEIC 受験を目指す、それも一年以上先に目指す社会人の人を念頭に置いていますが、単に英語力をアップしたい高齢者とか、まとまった学習時間の取れない社会人の人でも、やってみるといいでしょう。 大学・学校の英語教育に物足らない人にも、お勧めです。

学習環境としては、インターネットにアクセスできることが、必要条件になります。 Smartphone/tablet を持っていることが望ましいですが、パソコンでも結構です。

TOEFL 高得点国の若者たちは、学校教育で 「英語で学習」 しています。
日本の成人は、すでに学校教育で 「日本語で学習」 しています。
もうすでに学んでしまっているので、今更、「英語で学ぶ」 ことはない、
という考える人もいるでしょう。

そうですか?
小中学校で、日本語で学んだことを、思い出してください。 「国語」 や 「英語」 で学んだことや、「算数・数学」 で学んだ計算方法、「社会」 で学んだ歴史に関することは、覚えていることは多いでしょうが、理科や保健など、理科系の科目で学んだことは、結構忘れていませんか。 それに、「社会」 の内容は、国際化など社会の変化によって、変わっていることが多くなっています。

以前のブログで、こういう話をしたことがあります。
大学卒業して、中学の英語教員になった時、2年生の担任になりました。 その時、生徒の他の教科書を見たら、結構難しいことを学んでいます。 私も中学時代に学んだはずですが、すっかり忘れているか、覚えていないことが多いです。 生徒が知っていることを先生が知らなくては、と、他の教科の先生方に頼んで、すべての教科の教科書を手に入れて、自分も 「勉強」 しました (かな?)
また、こういう話も紹介したことがあります。 アメリカの教科書輸入業者の人が研究室へ来て、日本の国語の教科書にあたる 「英語の教科書」 を紹介しました。 私が、「英語の教科書」 でなくて、Science とか、Math,Social Studies など、他の教科の教科書はないの?と訊いたら、不思議そうな顔をして、
「先生は英語の先生でしょう? 今まで、そんなことを言った英語の先生はいませんよ。」
その業者の人からも、研究費で、何冊か、Science 関係の教科書を買いましたが、
結局は、アメリカの最大手の教科書会社 Scott Foresman 社から、自費ですべての教科の教科書を買い揃えました。

ちょっと話がそれたようです。
昔学校時代に、日本語で習ったことも結構忘れている上に、その内容は古くなっています。
今は、生涯学習時代 (Lifetime learning) です。

そこでです。 まずは、昔の学校時代に学んだことを学びなおすなら、
それを、日本語でなく、英語で学んだらどうでしょう
全く新しいことを学ぶのではないので、
英語で学びなおしても、内容の50%以上は、忘れてないでしょうから、わかりやすいでしょう。
もっとも正統的な方法は、私が持っているような、アメリカの各教科の教科書を、K-12、つまり、幼稚園から高校三年までのものを、Amazon.com で買って、self-learning (自学自習) することでしょう。
が、まず、これはムリです。 お金もかかります。

次善の策として、これなら出来ないことはないかな、という方法があります。
これも、このブログで何度も紹介した E.D.Hirsch, Jr. の提唱している Core Knowledge に基づいた、
各学年ごとの生徒が知るべきことをまとめたシリーズがあります。 幼稚園から、小学6年生まであります。
私の持っているのは、紙の本ですが、今では、kindle 版が出ています。
画像
画像
画像

これで、小学校6年分の内容を、英語で学び直せば、相当の語彙が習得できるし、かなりの reading 量になります。
各学年用 $10以上しますから、全部揃えると、1万円近くかかります。 Kindle reader は、Amazon.co.jp で、PaperWhite の new model が、10,280 円です。
画像

Kindle 版ですから、Amazon.com のサイトから、即座に買うことができます。

Kindle 版の大きいメリットは、わからない単語があるとき、すぐ調べることができることです。
そんな小学生の内容など、やさし過ぎると思う人もいるでしょう。
試しに、一年生の Science の Human body の part から、The Digestive System の冒頭部分を引用します。
Your blood carries good things from the food you eat to all parts of your body. But how did your food get into your blood?
It got there because your body digested it. Whatever you eat--corn on the cob, a bagel, a peanut butter sandwich, a carrot, a glass of milk, an egg roll--your body has to digest it. Here is how that happens.
When you put a piece of food in your mouth, you chew it with your teeth, which break the food into little pieces. There's a watery fluid in your mouth, called saliva, that also helps break down the food. When you swallow, the food goes down a tube into your stomach. (When you drink something, you just swallow, and the liquid you're drinking goes down the same tube to your stomach.)
After you eat, have you ever heard your stomach make some squichy, gurgling noises?
These noises show that your stomach and other body parts are continuing the work of digesting your food.
Once your food is digested, it's broken into very tiny bits. The most valuable parts go into your blood and give you the energy you need to do all the things you like to do. Your body cannot use some parts of the food you eat; you get rid of these when you go to the bathroom.


関係代名詞節あり、不定詞の各用法あり、文法的要素は、日本の英語の教科書の中学三年並です。
文章の長さも、中学三年の1ページ分くらいでしょうか。 使われている単語のレヴェルは、中学三年を超えています。

これが、アメリカの小学一年生の reading のレヴェルです。
小学校6年生になると、どれくらいのレヴェルか、といえば、結構 TOEFL の reading の問題に近い レヴェルです。
だから、このシリーズで、アメリカの小学校6年分の内容を、
英語で学べば、かなりの英語力がつきますよ。
時間は、一日どれだけ読むかですが、その気になれば、6ヶ月で全部読み終われるかもしれません。
Kindle なら、インターネットに接続しなくても、anytime, anywhere で読めます。
Kindle edition の場合、Sample を無料で、Kindle に download できますが、最初の方の大部分は、Core Knowledge の説明や、Parents & Teachers に対する説明の文章で、肝心の生徒用のページは、後のほうに少しでてくるだけです。 それも、最初の部分の Literature に関するもので、本文の後の方に出てくる Science など他の教科の内容は、Sample では、見れません。 

この方法は、しかし、多少お金がかかります。
もっとも、Smartphone/tablet に "Kindle app" を入れておけば、Kindle を買わなくても、Kindle 本は読むことができます。

今日は、実は、smartphone/tablet、パソコンで、インターネットにアクセスして、
タダで、英語で学ぶ方法を紹介するはずでしたが、
アメリカの教科書の話から、系統的、本格的な 「英語で学習する」 方法の紹介になってしまいました。
本当は、この方法がベストですが、お金のない人もいますから、明日は、金のない人のための 「経済的な」 方法を紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック