英語は 「目」 を使って 「見て」 覚える。 ヘレン・ケラーの真似は無理です。

 今まで、場所を表す英語前置詞をいくつか、日本語的感覚ではわからないことを、「一見」 出来る形で紹介してきました。 今日は、その他の場所の前置詞を、まとめて 「一見」 してみます。
 先ずは、around と along です。
画像
どういう状況か、というと、
The earth is going around the sun.
The boys are jogging around the playground.
The band is marching along the street.
The palm trees are growing along the road.
ここでは、お見せできませんが、実際にはアニメーションになっていますので、around と along が更によく 「一見」 できます。
次は、across です。
画像
状況を 「一見」 すると、
An electric pole is lying across the street.
A turtle is walking across the road.
Caterpillars are creeping across the stretcher.
Birds are flying across the sky.
これも、アニメーションで見ると、across の感じが更によく 「一見」 できます。
 これは、わかりやすい例です。
画像
日本語で 「間」 という場合、間の数は問題にしませんが、英語では、二つの場合と、3つ以上で区別します。 このことは、学校英語でもちゃんと習ったはずです。
The river is flowing between two cities.
The stockings are hanging between the shirt and the skirt.
The airship is floating among the clouds,
The badgers are dancing among the trees.
こうして 「一見」 すれば、「二つ」 とか 「3つ以上」 などと、ことば費やすまでもないでしょう。
最後の side のある3つの場合です。
画像
画像

The child is hiding inside the mother's skirt.
The bees are buzzing inside the bottle.
The dog is sleeping outside the doghouse.
The men are smoking outside the gym.

The baby bear is sitting beside the mother bear.
The logs are burning beside the trash can.

Inside/outside は、side があるものの 「内側・外側」 です。 上の画像は、その感じを 「一見」 できるように考えてあります。 beside も、by が表す漠然とした 「側」 でなく、「傍ら」、つまり 「そば」 という感じです。 trash can の 「そば」 で logs が燃えていると、燃え移る危険があるという感じを出しています。

 このとこと、盛んに 「一見」 「一見」 と言っているのは、英語の 「教材」 で、名詞や具体的な動詞などは、絵や画像が付いていることがありますが、形容詞や前置詞の場合は、「一見」 出来るような絵や画像で、その意味をつかませる工夫をしてあるものは、少なく、ことばで 「説明」、つまり、「説く」 という感じに 「言」 があることからもわかるように、ことばで説明したり、その日本語の訳語 (どちらも 「言」 に頼っています)を与えるだけで、兎にも角にも?「言」 「言」 が支配していますから、それに対して、「見」 「見」 としつこく言っているわけです。
ことばを習得するときは、耳だけでなく、ちゃんと 「目」 を開いていますからね。 「目」 が開いている以上 「見る」 ものを見せなければ、ことばを覚えることは、難しいですよ。 ヘレン・ケラーが、どれだけ苦労したか知っているでしょう。
 ということで、このところ、形容詞から始まって前置詞まで、「一見」 の例を沢山だして、形容詞・前置詞の学び方を紹介してきたつもりです。
 これで、一応切り上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック