「目」も eye も、もともと「穴」のこと。「目玉」eyeball で塞いでいるだけ。

 昨日までの「顔」の話を締めくくるに際し、「目」で見ることの重要性に触れました。
「目」は、「顔」のパーツの中でも、もっとも目立つものです。
「目」というと、みなさんは、どういうものを?思い浮かべますか。英語では、eye です。例によって、google で 「一見」してみます。左が「目」で、右が "eye" です。
画像画像
「目」も "eye" も同じものですね。
 「顔」に出ている 「目」は、こういうものですが、見えないところも見てみると、
画像画像

こういうものが 「目」であり、eye であると思っている人が多いのですが、どちらの画像にも、日本語も英語も名前が出ていませんが、「目」の主要部分というか、大部分を成しているのが、日本語でいえば、「眼球」、英語でいえば eyeball です。
「眼球」は、医学用語で、日常的には「目玉」といっています。
「目玉を引っこ抜くぞ」という言い方があります。残酷な画像ですので、ここには紹介しませんが、実際に「目玉」eyeball を繰り抜いた画像がいくつもあります。
 そこでですね、先に「一見」した「目」"eye" の画像は、全部「眼球」eyeball が付いたものでした。そこから 「眼球」eyeball を取り除いたら、あれらの「目」や "eye" は、もう 「目」でも "eye" でもなくなるでしょうか。
 1,987年の大河ドラマで、最近NHKBSで再放送されている、渡辺謙主演の『独眼竜正宗」の画像です。
画像画像
政宗は「家にいる時」は、眼帯?を外しています。「独眼」ということは、「眼」が一つしかない、という意味です。隻眼とも言います。
 では、政宗の左の目、確かに目と思っているものですが、右側の閉じられているものは、「目」ではないでしょうか。実は、あれこそが 『目」なのです。その『目」に「目玉」eyeball がないだけなのです。そもそも eye というのは、「穴」のことなのです。
 マタイ伝に有名なイエスのことばがあります。
画像
これを英語でいうとどうなるか、
画像

 「穴」に当たる英語は "eye" です。
台風19号は、例によってNHKが大騒ぎしていましたが、幸い愛知県尾張地方は、何事もなかったです。下の画像は、「台風の目」です。英語でも eye of a typhoon といいます。
画像
ちゃんと「穴」が開いてますね。
 Window の ow に当たる部分は、もともと eye という意味で、window は、「風の目」という意味なのです。板ガラスのない昔の建築物では、壁に 「穴」を開けて、「風の目」すなわち 「風穴」を開けて、外の空気を入れたのでした。
 「目」は、あっても、「目玉」がないと、ものを見れません。「目玉」つきの「目」を持っていても、見るべきものが見えないと、「お前の目は節穴」か、と言われるのは、目玉のない「穴」だけの「目」と見なされるからです。
 ということで、今日の「目」の最初の話は、「目」は、もともと「穴」である、ということでした。
せっかく eyeball を備えた 「目」を持っているなら、ちゃんとものを「見る」ようにしてくださいよ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック