欧米人が「鼻をすすらず」、人前でも blow nose するにはわけがあった。

「鼻」の話を続けます。
blow your nose strongly (forcefully) すると、blood が出ることがあります。
そうでなくても、nose bleeding は、よく起こることです。
Your nose is bleeding. という言い方も英語教科書にも出てきますから、知っている人も多いでしょう。
では、「鼻血」そのものは、どういうか。
nose bleeding は、「鼻血が出ている」という場合のことで、「血」そのもののことではありません。
これは、
She was shocked to see the blood from her daughter's nose.
のように、blood from * nose といえばいいでしょう。
"blood from * nose" 32,000,000 でした。
これは、文字通りで、中学生にもよくわかります。

「鼻ずまり」も、stuffed nose/stuffy nose ということを、知っている人は多いでしょう。
問題は、どちらを使った方がよいか、ということです。アメリカ人に尋ねても、人によって意見は違うでしょう。こういう時はやはり google です。
nose is stuffed 51,600
have a stuffy nose 216,000
それにしても、「つまる」が stuff というと、いっぱい詰め物をしている感じですね。
ぬいぐるみ人形のことを、stuffed doll といいますが、stuffed nose は、「鼻のぬいぐるみ」ではないですからね。
画像
それにしても、stuffed dolls は、可愛いですね。なぜか、女の子ばかりです。

「鼻水が出る」の場合は、
nose is running 153,000
have a runny nose 344,000
have a running nose 39,400

後は、自分で判断してください。
「鼻が走る」と「鼻水が出る」という感覚はどこから出てくるのでしょう。物は試しと"nose water" で google したら、こんな画像が出ていました。
画像

sneeze, sniff, sniffle という一連の単語があります。これが、なんかややこしいです。
sneeze は、z の音があるので、こちらが「ずーず」と「鼻をすする」方に使いたい気が、日本人としてはします。
しかし、こちらは、「くしゃみ」です。
画像
くしゃみをしていることはわかりますが、「雲」のようなものがでている画像が多いですね。なんだろうと思って、sneeze を Wiki で調べたら、こんな画像が最初にでて、こんな文が添えられています。
画像
disease vector でなんだろうと、こういう時は、仕方ないから、"disease vector 意味" で google すると、「病原媒介者」と出てきました。
 Sneeze すると、目には見えないけど、これらの画像で捉えられているように、病原菌を撒き散らす菌がいっぱい排出されるのですね。流感が流行っているときは、sneeze する人には近づかないことです。
 そうれにしてもおかしいのは、日本人はそういうことがわかっているから、流感の季節には、ちゃんと flu mask をして、人の菌を拾うのを防ぐだけでなく、自分の菌もばらまかないようにしているのに、そういう flu mask をしている日本人を、欧米人は揶揄します。
 sneeze すれば、病原菌が、これらの画像のように、空中に散乱することがわかっているなら、flu mask をすべきでしょう。

sniff は、A dog sniffs around (犬がくんくんかぎまわる)のように、「くんくん」することです。人間でもしますね。
画像

ところが、sniffle となると、
to sniff repeatedly という意味になります。そもそも、「くんくん」が、「くん」を repeat していると感じている日本人には、
sniff repeatedly とは、「くんくんくんくん」とすることか、と思えてしまいます。どうやら、そうではなく、
as, in checking mucus running from the nose or smelling something.
となります。
実際どういうことをしているか、「一見」すると、
画像
この画像をみると、「鼻水をすすっている」ものが多いですね。
日本人にとっては、sniffle が、「鼻水をすする」という意味と「においを嗅ぐ」と両方につかわれると、困ってしまいます。
そもそも、鼻水をすすっていては、においはわからないでしょう。
なぜ、そうなるかというと、どうやら英語国民は、鼻水をすすらないらしいです。
"アメリカ人は鼻をすすらない" で google したら、
画像
ドイツ人もはなをすすらない、というサイトもありました。

鼻水をすするということは、mucus を鼻から出ないように、鼻の中にとどめておくか、出水した元のところに戻す行為になるわけです。
mucus は、germs の混じった汚いものですから、それを鼻に残しておくのは、不潔です。だから、人前でも構わず blow nose して、出してしまおうとするのです。
だから、欧米人で「鼻をすする人」はめったにいない、という説がなりたつわけです。だから、彼らに取って、sniffle とは、匂いを嗅ぐために sniff repeatedly しかないわけです。
これ、私の勝手な認知論的解釈です。What do you think?
アメリカ在住の人、友人たちに確認してくれませんか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック