英語リーディングには、こんなアクティブ・ユースがあります。やってみたら。

 前回、英語の active use として、クラスブログを書いて、世界中のクラスと付き合ったらどうか、と提案しました。一気に底まで行くのは無理でしょうから、今日は、もうちょっとやろうと思えばできることを紹介します。
 そして、これは、私がこの4月から、ある看護短大の英語クラスで実際にすることです。私としても初めての試みですから、うまくいくかどうかわかりませんが、結果は、このブログで紹介します。何しろ高校時代にすっかり「英語」(教科としての)嫌いになっている学生たちですから。
 
 先のブログで、英語のReading 学習の目的は、教科書のテキストを日本語で「購読」して、その内容を理解することでは、ない、と指摘しました。
 そうではなくて、どんな英語の文章も辞書なしで、スラスラ読めるようにすることでした。日本の学校英語教育で、未だかって成功した例はないのでは? What do you think?

どうしたらそうなるかは、別の話として、もしそうなったら、その reading ability の、こんな actual use があることを、看護学科の学生に当てはまる例を紹介します。
 
 最初に紹介するのは、TED Educational の例です。TED のことは、知っている人も多いでしょうが、TED Education というのがあるのはご存知ですか。どういうものか、英語のサイト日本語による紹介サイトの 下記URL を tap/click してみてください。
画像画像

 そこでですね。私は、私のクラスの看護学校の1年生を「英語で読める」ようにしたら、その reading abiltiy の actual use として、TED Education で見つけた次のようなブログラムを、それぞれの smartphone で視聴させます。どういうものかがあるか、その一例です。
画像
画像
画像
画像
こんな面白そうなのもあります。
画像

 一つ一つの長さは5分ぐらいです。その内容は専門の授業で習ったことです。
ヴィデオを視聴するのに、なぜこれが、reading ability の actual use か、というと、最初から natural speed の Talk を聞き取ることは難しいので、設定によって英語の subtitle(字幕)を出し、それを読みながら聴こうとすると、英語の reading ability がないとできないからです。
 改めて言うまでもないですが、英語の reading ability は、学校英語でおこなわれているようなものでなく、私達が日本語を読むように、そして英語国の人が英語を読むように、英文を頭からすらすら読めることです。
 そういう reading ability がないと、TED Talk の英語の subtitle は、読み取れません。
この subtitle は、日本語を出すこともできます。内容がわからない場合はまず日本語の subtitle で理解してから、英語の subtitle で見直すこともできます。
 今日紹介した TED Education の医療関係のプログラムは、まだまだいろいろあります。そういうのを自分で見つけて、好きなだけ、自分のペースで視聴することによって、どんどん英語が使えるようになると期待しているのですがねぇ。さてどうなりますか。細工は粒々仕上げを御覧じろ、と言いたいところですが、まあやってみなければわからないことです。
 学科長の教授に、こういうことをしますよ、と話したら、「うちの英語のできない、英語がきらいになっている学生が、英語が好きになり、英語ができるようになったらすごいですね」と期待されてしまいました。美味しいせんべいを頂いたので、期待を裏切らないようにしなければ。
 
 私が、看護学生のために予定している英語 actual use program は、この他に、Cousera と Kahn Academy のプログラムがあります。そこにも、医療関係のものが盛沢山にあります。明日は、それを紹介します。

 先走って付け加えておきます。今回は、看護学科に即したものを紹介していますが、特に職業高校の高校生なら興味を持ちそうな、各専門に即したプログラムがいっぱいあります。英語できない生徒が多いと言われれる職業高校生に reading ability をつけてやれば、こういうことができるのに、としきりに思うのですがね。What do you think?
 問題は、大学入試のために『英語」を学んでいる普通科の生徒です。私の考えはありますが、関係者の方はまず、こういうものがあると知った上で、どうしたらよいか考えてみてください。
 
 先ごろ、何ら断りもなく、Yumi's School Year という英文を2回にわたってエントリーしましたが、あれは、reading ability のための active learning 用のものです。なぜ、そうか、説明は後ほどに。まずは、読んで見てください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック