Kahn Academy で英語を使う (Active Use)。スマートフォンでいつでもどこでも。

 英語 active use の例として、私が実際にこの4月から使うTED Education を、昨日紹介しました。
今日は、TED Education の次に使う予定の Kahn Academy を紹介します。
 Kahn Academy については、つとに、2012年の6月に4回連続で、詳しく紹介しています。
Khan Academy について、どれだけ知っていますか。
Khan Academy による全教科的英語学習。
スマートフォンで Khan Academy.
Khan Academy は、つまみ食いで。

 今回、看護学生に英語 active use に役立つテーマはないか、と改めてしらべてみました。
 まずは、サイトへ行きます。
画像

 看護学生は初めて Kahn Academy で英語で学習するので、
"Start Learning now"
を tap します。
画像

看護学生は、大学から全員 gmail account をもらいますので、gmail で sign up します。
2回目以降の場合は、今まで学習したところを再開できるようになっています。
画像

 最初の場合は、多分この画面が出るはずです。
画像

 どういう contents があるか、というと、
画像

"Health and Medicine" がありました。 これを tap します。
画像

 "Human Anatomy and Physiology"
を選んでみました。
画像
一番上の
"Meet the heart"
を tap すると、
画像

早速 lecture が始まります。
 
 昨日付け加え忘れましたが、つい最近までは、YouTube を視聴する場合、Adobe の Flash Player が install しておく必要がありました、今年の1月27日から HTML5できるようになりました。ということは、smartphone/table の brower 上で見れるということですから、何にも考えなくてもいい、ということです。桑s区はこのサイトを読んでみてください。
 
 どうですか。このように、英語で文章が読めるようになれば、高校生や大学生、中学生でも、Kahn Academy で
You can learn anything
 が、smartphone/tablet でできるわけです。
 紙の教科書で日本語を使って「講読」している時代ではないでしょう。英語で文章が読めるようにしてやったらどうですか。All English とか言って、英語を聞かせていても、英語で文章が読めるようにはなりませんよ。どうしたらよいか、この後、順次お話します。
 次回は、もうひとつ、coursera による English active use の例を紹介します。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック