ドキュメント: Active reading は、スマホ Kindle で。読みに読む!となるかな?

 全国初の?スマホ英語学習クラスも、4回目(まだ4回!)を迎えました。
これまでに、Evernote による Information Activity と Adjective の2つの Notesで、学習者同士の「会話」と texting、三回目から、Twitter が加わりました。今までしたことのない、英語学習法で、戸惑った学生もいますが、大半は、smartphone を使いこなして、順応しています。若者の適応能力は、世の教育者の思惑を超えていますよ。特に twitter は、想定以上に好調です。
 そこで、まだ4回目なのに、いよいよ Kindle 学習を本格的にとりいれることにしました。
すでに、3回目のクラスで、Kindle app は、ほぼ全員に install させてありましたが、問題は、その Kindle に文書を送るための、Send to Kindle か Push to Kindle を install して、ややややこしい設定を行なわなければならないことでした。
 ことをややこしくしたのは、iPhone と Android で設定の仕方が違うことでした。両方を別々に説明しなければならいないし、学生によっては、こちらがやってやらないといけない場合もあります。
 この問題を解決するのに、4回目に学生を原則4人のグループに分け、Kindle に限らず、各種 apps の取り扱いでは、出来た学生が他の学生に教える方法をとりました。
 ということで、4回目のクラスまでには、9割前後の学生が、私の指定した My Profile という文書を、Kindle で読めるようになりました。
 どの程度の、どれくらいの長さの文章か、知りたい人は、このブログ記事を見てみてください。
 なぜ、このブログ記事があるのに、わざわざ Kindle に入れるか、というのは、
ブログ記事では、分からない単語があった時に、わざわざ紙の辞書を調べなければなりません。Online Dictionary で調べようとすれば、一旦ブログ記事から離れなければなりません。
 Kindle に入れれば、先のエントリーで何度も紹介しているように、調べたい単語を long push するだけで、辞書が出てくるからです。
 実際、これを始めて経験した学生たちは、「感激」していました。もっとも「不感症」の学生もいますが。
 で、ここで、私の想定外のことが起こりました。
こうして、Kindle で読めるようになったのに、「読んだ?」と尋ねると、「えっ、読むんですか?」とか、「まだ、読んでないです。」という答えが返ってきたのです。
 誰一人として、「嬉々として」読む進めた学生はいなかったのです。
 そこで、はっと?気が付きました。
 この子たちは、中学から高校まで、教科書以外の英語の文章を読んだことはない、
 そして、教科書を読むときは、先生の指定されたところを、予習するか教室で読むだけ。

 皆さんも経験のあることでしょう。
 
 ことは、
 自分から進んで、英文を読む、
 という習慣はまったくない。
 
 私に言われたように、Kindle に入れたものの、私が、どこからどこまで読めと指定したり、一緒にクラスで音読するまで、読んではいけない、とは思わないまでも、読んでみようか、という気にならない。
 
 そういうことだ、と思ったのですが、長年英語教師をしている人、どう思いますか。
 学生のレヴェルによる、という答えもあるでしょうが、私の高校時代を思い出しても、一流国立大学へ合格した同級生でも、自分で英語の本を読んでいた人はいなかったですね。教科書や副読本以外の英文と言えば受験問題集くらいです。あれは、読み物ではないです。
 
 No Wonder ですね。日本の高校生の英語力が国際基準に照らして、中3程度と言うのは。本当はもっと低いでしょう。
 
 そして、上に紹介したブログサイトを開いてみた人は、こんな「長文」読んだことない、と思うでしょう。
 こんなの、この後、どんどん読むものに比べれば短いものです。
 
 先のエントリーでも強調しましたが、英語の reading 学習は、与えられた英文の内容を理解することでなくて、自分で読みたい英文は、自分でどんどん読めるようになることです。
 そういう ability をつけてやることが、英語教師の使命です。自分の好みの内容の英文を与えて、その内容を「講読」することではないのです。
 看護学生にとって、必要な英文 reading ability は、看護や医療に関する英文を自在に読みこなせることです。そして、そういう内容の英文は、世の多くの英語教師にとって、ちんぷんかんぷんなのです。
 

 この後、どうなるか、ドキュメントで報告しますが、この英語クラス、今週から二週間病院実習に行ってしまって、5回目のクラスは、5月28日までないのです。

 こんな状況で、本当に英文が読めるようになるか、What do you think?
次回は、その strategy について、やや詳しく紹介します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

聖母マリアのための夕べの祈り
2015年05月13日 20:48
strategyとっても気になります。
ワクワクするのは、私だけではないでしょうね。(笑)

この記事へのトラックバック