カーオーディオは、スマートフォンからUSB時代へ。ますます簡単に高音質に。

 スマートフォンで、音楽を download して、室内で小型スピーカーで満足な音で聴けるようになると、車に付いているステレオスピーカーで聴けないものか、考える人が出てきました。私もその1人でしたが。
 需要あれば供給あり。そこで出てきたのが、喫煙大国(だった)日本の車には必ず付いている(付いていた)シガーソケットに FM トランシーバーを挿入して、USBケーブルでスマートフォンと繋いで、特定の(3つあります)周波数に合わせて FM でスマートフォンにある音楽を聴く方法です。今でもこの方法でスマートフォンの音楽を聴いている人が結構いるようです。google すると、こんな記事がいっぱい出てきます。
画像

 急いで断っておきますが、この方法は今では時代遅れです。私は卒業しました。

 で、どうやって卒業したか、です。
 去年の6月、新しい Eunos Roadster に乗り換えました。オプションの DVD/CD player は、最初から買うつもりなく、今までのように スマートフォンとFM トランシーバーで聴くつもりでした。ところが、Eunos Roadster には、シガーソケットがないことがわかりました。えつどうしよう!?と思ったら、セールス担当者がこともなげに、USB端子が2つ付いているし、AUX 端子も、標準でついているので、それで音楽は聴けますよ、と言いました。
 私が、10年以上 MR/S を乗り続けていた間にカーオーディオは、USB時代に進化していたのでした。
Wiki の "カーオーディオ" にこんな記述があります。
画像
2011 年以降普及しつつある、ということですから、それ以前の車には装備されていません。
 しかし、諦める必要なありません。カーショップへ行けば、結構安価な カーステレオ用 USB player があります。Amazon.co.jp からも取り寄せれます。自分で取り付けられない人は、カーショップで買って、多少の取り付け料を払って取り付けてもらえばいいでしょう。
 こんな機種が Amazon にはあります。楽天にもあります。
画像
ここに出ているのは Pioneer 製品だけですが Kenwood からも出ています。

 そこで、早速、XPERIA に入れてあった、曲目を手元にあった USB stick に PC を使って copy して聴いてみました。それこそ重低音が心地よく響く素晴らしい音が、前方2つ、後方2つのスピーカーから流れてきました。
 カーオーディオは、知らない間にここまで進化していたのか、しかも安価に簡単に。いままで、カーオーディオに多くの金と時間を投資してきた者としては、大いに感激しました。
 しかし、もっと感激することがありました。それは、多分最近 USB端子付き新車に買い換えて、それで音楽を聴いている人も、まだ気がついていないことです。
 それは、次回に。

 注:USBでどうやって、音楽を聴けるか、と思う人がいるでしょうが、説明するのは面倒ですので実際にそういう車で体験してください。簡単なものです。しかも、ハンドルところでリモートコントロールすることもできます。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック