『英語ものしり帖』「首の巻」<喉は首の一部>

喉は首の一部だった

ところが、こんなことがあります。人間は、ことばだけでなく gesture で、communication を取る動物です。Wikipedia に List of gestures という項目があります。

その中に、こんな gesture があります。
画像

その説明です。
Throat slash, made by moving one's index finger, thumb or entire hand, held straight and with palm down, horizontally across one's throat; the gesture imitates cutting a person's throat with a blade, indicating strong disapproval, extreme anger, or displeasure with others or with oneself; alternatively, it can be a signal to stop broadcasting, i.e. "cut"
'slash' は、鋭い刃物で横にさっと切ることです。実は、先に、西洋の包丁や刀は、切れ味が悪い、と指摘しましたが、barber が使うカミソリなどの blade は、切れ味がよくないと、ひげが剃れないので、よく砥いてあります。

余談ですが、実を言うと、私の家の包丁は、1976 年に Solingen の隣りの市 Wuppertal に滞在していた時、Solingen を訪ねた時に買い求めたものです。ドイツ滞在中は、切れ味はさほどでなかったのですが、帰国してから定期的に出入りの砥ぎ屋さんに砥いでもらっていたら、切れ味がよくなり、40年以上たった今でも使っています。
こんながあります。
包丁の研ぎ直し・各種刃物研ぎ・・ 砥ぎ屋 助八の砥ぎブログ
これを読むと、日本の砥ぎ屋さんにかかると、どんななまくら刃物でも、切れる味抜群になるようです。

だから、そういう鋭利な刃物を使えば、throat を縦向きに thrust または、stab しなくても、
横向きに slash することができます。

この英語の説明にもあるよに、その場合、slash するのは、neck、つまり、首ではなく、neck の前側にある throat つまり喉です。
この喉 throat を slach しても、そこには、頸動脈はないので、出血多量で即死することはありません。だから、自死には適していませんね。

というわけで、そういう刃物を想定して、slash throat という gesture で、strong disapproval, extreme anger, or displessure を表すのです。
また、この gesture で、放送などを止めるときの cut を意味するというのは面白いですね。放送中は、声を出して指示することが出来ないので、そこで止め、という時には、こういう gesture で指示するわけです。

そこで、気が付いたのですが、先に『英語ものしり帖』「頭部の巻」で、喉 throat を口 mouth の中の部分として取り上げていました。
喉ちんこ、喉が渇く、喉元、のど飴という時の、喉は、口の中の喉ですが、
slash する喉は、首の前部にある部分です。そこには、喉仏もあります。

喉の医学用語は、咽喉です。
Wiki には、こんな風に説明してあります。
咽喉(いんこう)は、首の一部であり、頸椎の前方にある。内部は咽頭と喉頭から構成され、口の奥、食道と気管の上にある。咽喉の重要な特徴として、食道と気管を分け、食物が気管に入るのを防ぐ喉頭蓋がある。


英語版では、このように説明してあります。
In vertebrate anatomy, the throat (Latin: gula) is the anterior part of the neck, positioned in front of the vertebra. It contains the pharynx and larynx.
Its pharynx is connected to the mouth, allowing speech to occur, and food and liquid to pass down the throat. It is joined to the nose by the nasopharynx at the top of the throat, and to ear by its Eustachian tube
The larynx contains vocal chords, the epiglottis (preventing food/liquid inhalation), and an area known as the subglottic larynx?the narrowest section of the upper part of the throat. In the larynx, the vocal cords consist of two membranes that act according to the pressure of the air.


私たちが日常、「喉が渇いた」「喉ちんこ」「のど飴」「喉が痛い」などと言っている「喉」は、口の中の「喉」で、「喉の内部」でした。
「喉」自体は、首の前方にある、外から見えるものなのでした。

「内部の喉」は、医学的には、咽頭と喉頭と二つの部分から成っていて、どこにどのようにあるか、というと Seeing is believing で下の画像を見てください。
画像

そして、咽頭と喉頭は、どう違うか、というと、これがなかなか分かりにくいです。この画像が載っている下記サイトで研究してください。
咽頭と喉頭の違い!知っていますか?

この「首の喉」のところに「喉仏」があります。この話は次回に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック