『英語ものしり帖』「股の巻」<アメリカ人も股引を履く?>

アメリカ人が履く股引

アメリカやヨーロッパの男性は、日本人の男性が履く股引のようなものは wear しない、と思っていませんか。
実は、アメリカの男性も、そして女性も「股引」を wear するのです。

Amazon.com (Amazon.co.jp でなくて)の clothing の department へ行って、"long underwear bottom" で search してみてください。
日本の「股引」のような下着がいっぱい出ています。
画像


ところがですね、「股引」ですと、足から履くズボン状のものですが、
Amazon.com の long underwear には、「股引」だけでなく、対になった上半身に着る長袖シャツまで出ているのです。
画像

そこで、long underwear の Wiki を見てみると、
Long underwear, also called long johns or thermal underwear, is a style of two-piece underwear with long legs and long sleeves that is normally worn during cold weather. It is commonly worn by people under their clothes in cold countries.
と説明されています。

つまり、上下揃いの two-piece underwear ということです。
が、下の方に、こんな説明が加えられています。
An adjustable two-piece design is credited to Myles Stanfield, a native of Truro, Nova Scotia, who patented his design on 7 December 1915.
two-piece になったのは、1915年のことなのです。それまでは、「股引」だけだったのです。
ここで、adjustable というのは、上下に分けて、上だけでも下だけでも wear することができる、という意味でしょう。
日本の「股引」にあたる部分は、long underwear bottom で、シャツに当たる部分は、long underwear top と言います。
そういえば、pajamas の上着の部分は pajama top で ズボンの部分は、pajama bottom です。
英語では、top も bottom も、どちらも wear が使えますが、日本語では、top は「着る」、bottom の方は「履く」と、動詞を区別しなければなりませんね。

Amazon.com には、two-piece のものだけでなく、上だけ、下だけでも売っています。
下記 URL で Amazon.com の a rich assortment を見ることができます。
Long underwear http://amzn.to/2pRvigJ
Women's long underwear http://bit.ly/2qQvbQP
Men's long underwear http://bit.ly/2pkYKYW
Long underwear bottom http://bit.ly/2qfHER2
Long underwear top http://bit.ly/2qRjUyZ

なぜ、long underwear か、と好奇心のある人は、今度は、Amazon.com の clothing の department で、underwear で検索してみてください。
Men のところでは、下着のパンツが各種出ています。英語では、boxer briefs とか、単に briefs となっています。
Women の underwear のところでは、日本語で言うところの「パンティー」がいっぱい出ています。英語では、panties, shorts となっています。
つまり、underwear というと、それは、パンツやパンティーのような短いもので、股引に似た underwear は、長いので long underwear というのです。しかも、top の部分の sleeves も long です。

Now a question.
Do you wear long underwear bottom in wintertime?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック