英語音読は、日本語脳がでしゃばってくる。

正しい英語の発音を自分の口から出すことで脳にデータを詰め込んでいく事が英語脳を作っていく事になります。
という説を紹介しました。

それは、それでよし、としましょう。
問題は、自分の口からどういう英文を出すか、です。

日本人の脳に「日本語脳」ができているのは、正しい日本語の発音を自分の口から出すことで脳に日本語のデータを詰め込んだからです。

もう忘れているでしょうが、皆さんの場合、その時に正しい日本語の発音で自分の口から出した日本文は、どういうものでしたか。

他人が書いた日本文を声を出して読んだ日本文でしたか。そういうことも、文字が読めるようになってからはあったでしょうが、日本語脳は文字を読めるようになる前にできています。
別に科学的に証明しなくても、誰しも経験しているでしょうし、幼児の言語行動を観察していればわかることです。
先ずは、自分のことを(いろいろなことがあります)をおぼえた正しい発音で、たどたどしくても自分の口から出していたでしょう。
そして、次には、親や兄弟姉妹などのことをあれこれ言っていたでしょう。
観察力ができると、周りの事物のことについてあれこれ言っていたはずです。

全部正しい日本語の発音で、時には独り言で、それこそさえずって(twitter) いたはずです。

英語脳のできている英語国民の幼児は、英語でそうしていたから英語脳ができたのです。

それが事実なのに、
見知らぬ人が、見知らぬことについて書いた英文を声を出して読んで、それを脳に聞かせたらどうなるか。

日本の学校英語では、英語の教科書を開かせて、まず音読させます。その時点で生徒は何が書いてあるか、ちんぷんかんぷんです。
そのあとで、英和辞典を使って訳させて、訳文で文章の意味を分からせます。
その時点で、音読することを「分かり読み」などと称しています。

日本では、「百読意自ずから通ず」という格言がはびこっています。
意味も分からず読ませるのは、その「伝統」に則っているようです。

論語など少し文献しか読むもののなかった時代には、表意文字で書かれた文章は、そうい悠長なことをしていても、ある程度は分かったかもしれません、though I doubt it.
溢れる情報を得るために多種多様な文章を読まなければならない時代には、そんな悠長なことはしておれません。

そもそも、人は分からないことが書いてある文章は、読まないものです。読みかけて、何のことかわからなければ読むことをやめてしまいます。
私のブログは結構難しくややこしいことが書いてありますから、途中で読むのをやめるか、はなから読もうとしない人が、結構多いですよ。毎回メールで親切に URL を知らせていて、tap/click すればすぐ読めるのに、案内している人と、アクセス数とは、大きな開きがありますからね。

余分なことを、ついでに言いました。

そこで、何が書いてあるかわからない英文を読んだのを聞いた脳は、どう反応するか、です。
それが、たとえ脳の持ち主の声であって、正しい英語の発音であっても、
こりゃなんのことか、と思うでしょう。
「こりゃ」と思った瞬間、反応しているのは「日本語脳」です。そして、日本語脳にわかる日本語にしてくれ、と要求します。
だから、そういう自然の要求に従って、英文を日本文に訳して脳に聞かせているのです。
喜んでいるのは日本語脳だけです。英語脳の出る幕はないし、そもそも英語脳など必要ないので、出来っこないわけです。

英語音読を勧める人は、肝心なことを忘れています。そもそもできの悪い高校生や中学生は、英文など読めやしないですよ。言わんや、正しい発音などできないですよ。

正しい発音で英語を言え、と言ったところで、どうやって正しい発音を習得するか、です。
昨日紹介したサイトでは、native speaker の発音する口元を映した動画を見せてそれを真似せよ、と勧めています。もちろん、その DVD を買え、ということです。

日本人には、英語脳は、天然には備わっていません。養殖しなければならないのです。
そのためには、自分の口、舌、あご、声帯を使って自分で作った英語の音からなる英文を自分の口から出す場合、逆に言えば、日本語脳がしゃしゃり出ないように、出ようとしても日本語脳にはわからない、英語脳ならすぐわかる英文を口から出さなければならないのです。
そういう英文とは、脳が熟知していることについての話です。一言聞けばわかるような話です。つまり、脳の持ち主が、自分について話している英文です。
それを、ぽつぽつ言っていては、眠くなってしまうので、それこそ鳥のさえずり (twitter) のように、一気に多くの英文を話すことです。

となると、どうしたらよいか、今までの話から、もう推測が付くでしょう。
その推測が正しいかどうか、長くなると、だんだんわからなくなって読むことをやめる人がでてきますので、
このあたりでやめて、続きは明日以降に。

とにかく、見知らぬ人が、見知らぬことにつて書いた英文を音読するのは、バカバカしい、わけがわかったでしょうか。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

まっち
2017年08月20日 18:34
なるほど!
英語"で"勉強することは、なおさら大事なことなのですね。

この記事へのトラックバック