水道水は飲料水か?Is tap water drinking water?

昨日は、こんな水でも飲まなければならない人がいる、という話でした。
それに比べて日本では、水道栓をひねれば、直ぐ cold water が出てくる、と、最後に suggest しました。

ところで、皆さんの過程では、水道水をそのまま drinking water として使ってますか。
水道水のことを、英語では tap water と言います。

私の経験です。1971年に初めてアメリカに住んだ時です。California は、San Diego の郊外 La Jolla にある UCSD に一年間滞在していた時です。
Apartment に入ったら、家主から、tap water は、そのまま飲んではダメと言われました
Cooking や、tooth brushing の後に mouth を rinse するなら、tap water でもいい、と言われました。
要するに、日本語で言えば、「生水」(なまみず)は、飲むな、ということです。
飲むなら、boil して、cool down した、cooled boilde water を drinking water にせよ、ということでした。

そして、それより、私の知る限りでは、drinking water には、当時のアメリカの家庭では、下の左の画像のような、大きな bottled water を配達してもらって、右の画像のような water dispenser を使っていました。
画像

Drinking water は tap water とは別に、お金を出して買うものでした。そして、その当時アメリカでは、water の方が、gas (ガソリン)より、more expensive だ、と言われていました。
この画像の water dispenser は、現在の Amazon.com で売っているもので、cool water だけでなく、hot water も dispense しますが、1971年当時では、cool water だけでした。それも常温の water で、現在、日本の医院や薬局にもおいてある water dispenser のように、cooled water が出てくるものではなかったですね。
ここで誤解してはいけないことは、tap water は、unclean water か、というと、飲んでも人体に害がある water ではなかった、ということです。ただ、disinfectant (消毒剤)の名残で foul order (変なにおい)がするので、飲む気がしなくなるのです。
"How does tap water smell?" で google すると、いろいろな sites が出てきます。
http://bit.ly/2h9mFMD

では、世界の他の国はどうか、"ヨーロッパの水道水" で google したら、
水道水が飲めるのは15カ国だけ!海外で注意すべき水事情
というサイトがあり、具体的な国名としては、
フィンランド、スウェーデン、アイスランド、ドイツ、アイルランド、オーストリア、クロアチア、スロベニア、スイス
9か国が挙げられています。
http://bit.ly/2wpi0ga
そして、同じサイトに
アジア諸国で水道水が安全に飲めるのは、日本とアラブ首長国連邦だけです。
オセアニアで水道水が安全に飲める国はオーストラリアとニュージーランドです

と書いてあります。

ヨーロッパで水道水が飲める国にドイツが挙げられていますが、私が 1976年と 1981年に住んでいた時には、tap water は、そのままでは飲んでませんでした。
もっぱら boiled water にして Japanese tea を飲むか、bottle water より inexpensive な beer (Bier) を飲んでました。
ドイツでは、子供でも Bier を飲む、と言われています。
"ドイツ 子供でもビールを飲む" で google してみてください。真偽のほどが分かります。
http://bit.ly/2hbtJZf

ところで、名古屋市の tap water は、おいしくて、そのまま飲める、という評判です。
河村名古屋市長が、
名古屋の水が「一番うみゃー」
画像

と言って、市民に tap water をそのまま飲むように勧めています。
そして、名古屋市水道局は、
「日本一・安全でおいしい水道水プロジェクト」を促進しています。
http://bit.ly/2jC0rUs
画像


"名古屋の水道水" で google してみてください。
http://bit.ly/2xrIjll

とまあ、このように、折角 tap water があっても、drinking water としては飲めない、そういう国や日本の地方が多い、という実情を紹介しました。

では、tap water が drinking water として suitable でないなら、drinking water として何があるか、というのが、次の話になります。
それは、次回に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック