Twitter を、英語学習工学の道具として使う。並みの使い方でなく。

 いろいろ道草しながら、Information Activity の、最初の Session ”Do you play tennis?" の最後の menu にたどり着きました。
 Twitter です。 Twitter は、本来、英語学習の道具ではありません。
それを、創造的想像力で、学習工学の道具、つまり、media にしてしまうのです。
英語の Twitter を英語学習に使う、ということは、だれでも考えそうなことです。 ”Twitter 英語学習” で google すると、いろいろなサイトが出てきます。が、”創造的想像力” を働かせたようなものはありません。そういうのを見つけたら紹介してください。
 SF Modular Sysytem の英語学習工学的 Twitter は、創造的想像力によって、見事に英語学習工学の media にしたものです。
 と、いう前置きはさておいて、さっそくどういうものか実際の menu を見てみましょう。
画像

この session で出てきた sports は、4つ、games も 4つだけでしたが、他の sports 名も、英語名とほぼ同じで、なじみのあるものが多いですね。
だから、そういう sports について、早速 tweet しましょう、というと、spelling も知らないのに、tweet できるか、と、すぐさま反論する人がいるでしょう。How about you?
創造的想像力の無い人です。
そもそも Twitter とは、鳥のさえずりのことです。誰が、間違えたか、「つぶやく」などと言っていますあが、ぶつぶつ言ってないで、ピーチクパーチクさえずらなければだめです。
さえずるのは、口です。
Twitter は、何も keypad/keyboard を使って、type しなくても、音声で入力すればいいのです。そのために、Twitter の前段階の menu で発音練習を徹底的にするのです。
ある高校で、spelling など知らなくても、abc が書けなくても、文章が作れる、と言ったら、校長先生が、びっくりして、しかし、それでは、試験ができない、と言いました。先に紹介したように民間英語技能では、PC や mobile media を使う時代です。学校も、さっさと紙の試験をやめて、そういう事態に対応すべきでしょう。
とは、言っても、ICT 音痴の校長があふれていますから、無理な話ですが。

Twitter をする、というと、普通は、何々をした、ということを tweet することが多いでしょう。
この場合、play する sports/games だけを tweet すると数が限られます。 Play しない sports/games は、数限りなくあるでしょう。
この後も、Information Activity の twitter は、「しない」 ことを、数多く tweet します。創造的想像力があると、そういう発想がでてきます。
日本語で 「スポーツ」 というと、「スポーツの祭典」 Olympics の種目にもなっている judo など、日本の武道もふくまれます。しかし、
画像

ということです。この中に「相撲」が含まれていませんが、Google すると、

do sumo 316,000
play sumo 18,700
wrestle sumo 19,700
ですから、do を使えばいいでしょう。

Twitter は、日本語では、140 文字制限ですが、英語では、280 文字になっています。
ただし、単語間の space も period や comma も one letter に count されます。

この session の play/don't play の英文なら、10-12文くらい tweet できます。
それで、いっぱいになったら、新しい tweet box を開くだけのことです。

問題は、ここに挙げた sports/games の例を見ながら tweet することができないことです。
先に紹介した、画面2分割は、異なる apps の間ではできますが、同一 apps ではできないのです。

そこでどうするか。一つの手は、プログラム中にも

指示してありますが、ここに挙げられている sports/games を copy して、twitter box に paste する手があります。
こういうことは、若者の得意芸ですの。私が担当した看護短大の英語クラスでは、学生たちは何の苦も無く、c&p して tweet していました。
他に良い手があったら、教えてください。

各セッションに、この Twitter menu があり、多いものでは、30近くの tweets をします。
Information Activity 全体では、500近い tweets をすることになります。全部音声入力ですから、それだけの英文を twitter、つまり、さえずることになります。
こんなこと、今までの学校英語ではやったことないでしょう。
Smartphone を学習工学の media として使うから初めてできることです。

大事なことがあります。Information Activity の Twitter menu で tweet するのは、全部自分のことです。つまり、主語は、全部 I です。自分の family member について tweet 擦る場合もあります。その場合は主語は、My で始まります。これも、言ってみれば自分のことです。
今までの、学校の英語クラスで、自分のことを英語で言ったことがありますか。あったとしても、Information Activityの各 session にあるような、あれこれについて、自分のことを話したことはありますか。
実を言うと、各 session の menu は、この Twitter で終わりではないのです。まだ、最後のとっておきの menu があるのです。
これぞ、まさに創造的想像力のたまものです。その話は次回にとっておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック