謹賀新年令和2年

Screenshot 2020-01-01 at 8.28.40 AM.png

 この画像を見て、初めて気が付きました。今年は、私は年男でした。ということは、次の誕生日で 12x7=84年 生きたことになるわけです。
次のネズミ年まで生きるとすると、84+12=96、100歳まで、まだ間がありますね。出来ないこともないか。私の父は、90歳、母は、96歳まで行きました。長生き筋、だという人もいますが、弟たちは、60歳と70歳までしか生きませんでした。父方の祖父は84歳、曽祖父は95歳でした。

 馬齢を重ねる、という言い方がありますが、鼠齢を重ねる、という言い方はないですかね。
あってもなくても、わたしとしては、鼠齢を重ねて84年、もう一回重ねようか、と、これを書いているうちに思い始めました。
 ただ、いたずらに重ねていてもつまらないので、どうやって、重ねるか、明日までに考えてみます。
 ということで、とりあえず、今日は新年のご挨拶までに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goto
2020年01月01日 18:30
あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりました。

私も年男でございます。
先生の影を踏まずに追っかけて参ります。
変わらぬご指導願い。

Goto
セサミ
2020年01月05日 10:39
明けましておめでとうございます。

先生の知識量にはいつも本当に驚かされます。外国の方と関わるたびに、(英語力もありませんが)英語力以前の問題だと痛感します。

また公教育に携わることになって、あらためて、先生の「私とあなた」を中心にした使える英語の重要性を感じています。

今年もよろしくお願いします。
Kurachi
2020年01月07日 21:11
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
先生のように知的にパワフルだと心身もすこぶる健康になれると思います。
kazuyoさん達とめざせMr.Fjikake❗️と合言葉になっています。