オペラよもやま話 その22 映画監督がオペラ映画を撮ると、

先回は、映画監督の撮ったオペラ映画で、出演者に映画俳優を使ったものを紹介しました。 今回は、映画俳優を使わず、全部オペラ歌手を使って、オペラ映画を撮った映画監督の作品です。 これらの中で、ポピュラーなオペラをブロック体で示してあります。 Boris Gudonov (Mussorgsky) 1956; directed by…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その21 オペラ映画を撮るのは、誰か?

 先回、あるサイトで紹介されていた 25 (+1)のオペラ作品のリストを紹介しました。それらの映画を撮ったのは、どういう人か、全部の作品について調べました。更に、それ以外のオペラ映画もいくつか見つかったので、それらも含めて、いろいろ調べた結果、今まで気づいていなかったことも含めて、いろいろ興味あることが分かりました。 まずは、一人の例…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その20 オペラ映画の収録方法。

 現在、オペラを映像(画像)で見ようとすれば、DVD・BD、更には YouTube で見ることができます。それには、大別2種類のものがあります。 ひとつは、先回紹介したオペラ映画のもの、もう一つは、MET の Live Viewing のように実際の上演舞台をヴィデオ収録したものです。 気づいている人は気づいているでしょうが、この2…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その19  オペラは、テレビより映画 (film) で見る時代があった。

 どうですか。Callas と Tebaldi の Tosca、どちらが気に入りましたか。 と、言うことは、現代の私達が、こうやって YouTube で見比べて、あれこれ言うだけで、当時の Callas fan, Tebaldi fan で実際に両者の Tosca を舞台で見た人は、極めて限られていたでしょう。どちらかだけを見て、やれ…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その18 Maria Callas 曰く「演技力のないオペラ歌手なんて問題外よ」

 どうですか。Tebaldi と Callas の「歌に生き、恋に生き」を見比べてみましたか。 私の感想を言うなら、Tebaldi は「歌い」、Callas は「演じ、かつ歌う」というところでしょうか。  アリアは、そもそも歌うためのもので、演ずるためのものでないので、Callas の演技もあの程度ですが、このアリアの後の、Tosc…
コメント:3

続きを読むread more

オペラよもやま話  その17 歌手が役者になる時。

NHKBSプレミアムに「ザ・プロファイラー」という番組があります。2019年12月12日放送の『マリア・カラス』の冒頭で司会の岡田准一が、こう述べています。 歌手マリア・カラス。オペラを聞いたことのない人でも、その名を耳にしたことのある人は、多いのではないでしょうか」 あなたはどうですか。 これが、もっともマリア・カラスの…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その16 Chorus Master (オペラの合唱指揮者)の、すごい仕事。MET の場合。

 オペラの演出家は、舞台上の合唱団の歌うのの指揮はしない、ということは前回指摘しました。 では、誰が指揮をするか、です。オペラには、ちゃんと指揮者がいて、オーケストラの指揮をしています。では、その指揮者は合唱団員が舞台で歌うのの指揮をしないか、というと、それはします。 指揮者は、オーケストラの指揮をするに際して、いきなり本番ぶっつけ…
コメント:0

続きを読むread more

オペラよもやま話 その15  1960年代までは、演出家の仕事はもっぱら舞台の交通整理だった。

下の画像を見てください。これらは、NHKイタリアオペラ団で、このところ紹介している演出家のブルーノ・ノフリさんが「演出」した演目の舞台です。最初の画像が、『アイーダ』の第二幕凱旋の場面、2つ目は『カルメン』の第1幕です。 どちらの舞台にも主役級だけでなく、大勢の人が出ています。 これら大勢の人には、合唱団のメンバーとエキストラが含ま…
コメント:0

続きを読むread more

21世紀 「情報の海」を生き抜くには、やっぱり ITC Literacy が要ります。 

 日経の毎土曜日の読書欄、しばらくいい本がなかったのですが、今日は、久しぶりの Hit です。 オペラよもやま話を休んで、こちらの話です。書評欄の記事は、copyright のこともありますので、公開のブログには載せず、メールの方に、載せておきました。  例によって、私は、Amazon.com から英語の Kindle editio…
コメント:0

続きを読むread more