Welcome to 『わたしの Venus 展』

 私のもう一つのテーマに基づくキンドル本展覧会は、この本です。
Screenshot 2020-10-14 at 4.24.00 PM.png

 これは、『私の美の遍歴 Part 3 』ですが、副題にあるように、事実上は Venus 特集です。『私のビーナス』としてもよかったかな、と思っています。
 Venus といえば、直ぐ思い浮かぶ美術作品はこの二つでしょう。
Screenshot 2020-10-14 at 4.33.20 PM.png

実を言うと、このもっとも有名な Venus と言えば、これ、という二つは、実は Venus ではない、というのが、この Kindle 本展覧会の趣旨なのです。なぜ、そうか、実際に展覧会場へ行ってくだされば分かります。が、それでは、そっけない、ので、少しだけ、触りを紹介します。

 Venus は、ローマ神話の女神です。その前身は、ギリシャ神話の Aphrodite です。Aphrodite は、清純な美の女神です。https://bit.ly/378gZdR
ワグナーの歌劇『タンホイザー』を見たことありますか。https://bit.ly/3nRV1l0
 この歌劇では、Venus は、日本語訳では、ヴェーヌスと呼ばれ、愛欲の女神になっています。https://bit.ly/3lHIUoO
ふとしたことから官能の愛を望むようになり、愛欲の女神ヴェーヌスが棲んでいるという異界ヴェーヌスベルクに赴き、そこで肉欲の世界に溺れていた。
Aphrodite とは、違って清純な女神ではないのです。
いろいろな画家や彫刻家の描く Venus は、Aphrodite 的なものと、タンホイザーのヴェーヌス的なものがあり、
前者をVenus Modest、あるいは、Venus Pudica (慎み深い)、後者を Venus Inpudica (はしたない)と呼んで区別していたのです。
そして、Botticelli の The Birth of Venus 以外の Venus は、衣服をまとっているのに、Venus Inpudica は、はしたない nude です。
はしたない Venus のさきがけは、この2作品です。

Screenshot 2020-10-15 at 7.13.21 PM.pngScreenshot 2020-10-15 at 7.15.27 PM.png
それが、時代とともに、ますます「はしたない」Venus になります。
Screenshot 2020-10-15 at 7.23.38 PM.pngScreenshot 2020-10-15 at 7.22.22 PM.png
Screenshot 2020-10-15 at 7.30.07 PM.pngScreenshot 2020-10-15 at 7.31.22 PM.png
 
そして、21世紀にいたり、こんな姿の Venus が登場します。

Screenshot 2020-10-15 at 7.34.24 PM.pngScreenshot 2020-10-15 at 7.34.48 PM.pngScreenshot 2020-10-15 at 7.33.47 PM.png
 有史以前に Venus がいたはずはないのに、その次代に発掘された土偶に、後世の美術史家は、Venus を見て、それを Venus Figurine と呼びました。
Screenshot 2020-10-15 at 7.53.44 PM.png
 その特徴は、ご覧のように、大きなお尻、大きなおっぱい、太いふともも、です。

 改めて、はしたない Venus の各画像を眺めてください、この特徴を備えているでしょう。

 ということで、『私の Venus』の キンドル本展覧会は、はしたない Venus 展でした。紹介したのは、ほんの一部です。そうぞ、one coin で本展を見に行ってください。もっと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント