「本読め」から、「本書け」、そして、「本出せ」へ。Chromebook で。

 つい最近、こんな記事がありました。私が説明するまでもなく、Chromebook の優れた所以が、簡にして要を得て説明してあります。 Googleが語るChromebookが優れる10のポイント  ここにも紹介されていますが、Chromebook が日本で発売されたのは、2014年です。    私がChromebook のことを…
コメント:0

続きを読むread more

Farewell to Windows; Welcome to Chromebook!されど、 生徒を Consu…

 Chromebook が、アメリカ並みに、学校教育でのシェアを50%にするかもしれない事態になってます。  そういう時代を察知した教科書出版社は、デジタル教科書の動作環境として、 Windows とならんで Chromebook でも「読める」ように対応しています。  学校教育では、今までデジタル教材を「読む」のに、タブレット、…
コメント:1

続きを読むread more

キンドル版デジタル教科書、アマゾンとグーグルの解決すべき問題点。デジタル庁の出番かも。

 デジタル教科書をキンドル本で、と、そのメリットを、このブログで盛んに宣伝?していますが、そして、一方で、安価で取り扱い簡単なChromebook の普及で、すべての生徒が一人一台で、デジタル教科書を使えるようになると、推察しています。  ところがですね、キンドル本のアマゾンと、Chromebook のグーグルが、仲が悪いのです。言っ…
コメント:1

続きを読むread more

デジタル教科書をキンドル本で出版することの是非。考えてみた。あなたも考えてみてください。

 私が、デジタル教科書の出版をキンドル本で、と主張すると、日本の公教育の支柱となるデジタル教科書を、アメリカの一私企業のアマゾンの方式により掛かるのは、問題ではないか、という指摘があるでしょう。(まだないが)  その意見にブーメランするなら、教科書出版会社の、現在のデジタル教科書の動作環境は、アメリカの一私企業のマイクロソフト社の作っ…
コメント:0

続きを読むread more

全学年全教科のデジタル教科書キンドル本なら一冊ですむ。スマホでいつでもどこでも見ることができる。

 紙の本しか頭にない人は、本と言うものは、タイトルに応じて一冊一冊あるものと思い込んでいます。  紙の教科書は、教科ごとに、その教科も学年ごとに一冊ずつあります。国語科で言えば、国語の教科書が各学年ごとに一冊あるので、全部で6冊になります。こうして計算すると、小学校の教科書は、何冊になりますか。計算してみてください。  文部科学省の…
コメント:0

続きを読むread more

教科書出版社のデジタル教科書。そんな高いもの買ってはなりませんよ。

 10月2日は、河野行革相と平井デジタル相が、荻生田文化相と意見交換しました。  やっとデジタル教科書も動きだしましたね。 めでたし、めでたし、と言いたいところですが、こういう問題があります。  要するに、このデジタル教科書は、今までの紙の教科書のデジタル化に過ぎない、のです。  このブログで、何度も指摘していますが…
コメント:1

続きを読むread more

アフター・グーテンベルグの同窓会名簿

 昨日紹介した、私の母校の同窓会名簿は本文だけで500ページ以上ありました。もっと古い学校や、毎年1000人以上の卒業生を出す大学などの同窓会名簿だったら、もっとページ数が多いでしょう。そんなページ数の多いKindle 本 ができるか、と、私もふと疑問に思いました。  そこで、さっそく手元のページ数の多そうなものを調べてみました。 …
コメント:0

続きを読むread more

グーテンベルグ時代の同窓会名簿。このままでいいですか。

 私の手元に、母校滝学園の同窓会会員名簿があります。総ページ700あまり。そのうち、氏名だけ記した索引ページが100、光沢紙を使った広告のページが100あまり。名簿本文は、500ページという、下の画像のように、分厚いものです。非売品になっていますが、確か、2000円か3000円払ったはず。  この名簿2006年の滝学園創立80周年…
コメント:0

続きを読むread more

社史、市町村史、学園史は、最初からキンドル本で。同窓会名簿も。

 だいぶ以前に日経の記事で、社史のデジタル化が進んでいるという記事を見たことがあります。そこで、”社史デジタル化” で google したら、こんなサイトが見つかりました。  先ずは、これです。    このサイトで読めます。  次は、これです。別に不思議に思いませんか。   このサイトで読めます。  こんなことが書いてあり…
コメント:0

続きを読むread more

卒業アルバムは キンドル本で。

 卒業式は、学校行事でもっとも重要なものです。卒業式には、卒業生は、卒業アルバムをもらって卒業します。 その卒業アルバムには、クラスの写真や一年間の行事の写真、クラブ活動などの写真が編集されています。  しかし、その卒業アルバムには、肝心の卒業式の写真はありません。卒業アルバムは、卒業式までに出版されていなければならないからです。 …
コメント:0

続きを読むread more

CD/RD は、Gutenberg の遺物。キンドル本は「見てみなわからんて」

 どうですか。「ちあきなおみの多彩な歌の世界」私の キンドル本 で楽しみましたか?  近年は、音楽を聴くというとCD が主流でした。映画やコンサート実況などを視聴するには、DVD/BD が主流になっていました。  私の Vocaburary & Systax Series を CD-ROM 化して、それを頒布するため複数制作す…
コメント:0

続きを読むread more

ちあきなおみはどうですか。オペラがきらいなら。

 キンドル本は、音が出る。そういうキンドル本を、 私が、英語学習の Vocabulary & Syntax Series 以外に、7冊のオペラシリーズと一冊のバレエ本で出していることを紹介し、その中の一冊 Mozart について、どういう仕組になっているか、前回と前々回で説明しようとしました。  しかし、途中で、今までのオペラ関係の…
コメント:0

続きを読むread more

音の出るキンドル本は、いかがですか。さるでもできます。

 紙の出版社の紙の本を元にしたキンドル本からは、音は出ません。 覚えてはいないでしょうが、先のエントリーで、私が「でんでんコンバーター」から、当時の Textbook Creator に乗り換えた事情です。  それまで、Evernote で、それ以前は CD-ROM で制作・配布していた音の出る、英語学習シリーズ Vocabula…
コメント:0

続きを読むread more

キンドル写真集 こんな写真集はいかが?

 昨日は「野の花」の写真集を提案しました。 今日は、思いつくまま、というより、以前から思いついていた、「こんな写真集」はいかが、という話です。あっさり、箇条書で行きます。 ①自分の画集: 日曜画家ということばがあります。日曜画家でなくても、日頃絵を描いている人がいます。水彩画とか油絵でなくて、ペン画の得意な人もいます。版画を描い…
コメント:0

続きを読むread more

Welcome to 『わたしの Venus 展』

 私のもう一つのテーマに基づくキンドル本展覧会は、この本です。  これは、『私の美の遍歴 Part 3 』ですが、副題にあるように、事実上は Venus 特集です。『私のビーナス』としてもよかったかな、と思っています。  Venus といえば、直ぐ思い浮かぶ美術作品はこの二つでしょう。 実を言うと、このもっとも有名な…
コメント:0

続きを読むread more

絵画のテーマによる、実際にはありえない、”切り刻み” 可能な展覧会

 絵画の展覧会には、先回紹介した 「フェルメール展」のように、個々の画家の展覧会だけでなく、 テーマに即した展覧会もあります。  私もそういう展覧会を企画 curate し、 例によって Kindle 本 で出版しています。これです。  アマゾン キンドルストアーに出ています。https://amzn.to/30Z0T2…
コメント:0

続きを読むread more

Intermission 3: URL の埋め込み。Google Document の超簡単法。

 あなたの書いた文章中にこのような文があったとします。  『真珠の耳飾りの少女』に Wiki があり、その URL を紹介しようとすると、次の二つのパターンがあります。日本語版は昨日おぼえた短縮形が使ってあります。  どちらのパターンでも、Document 上では、Wiki のサイトが開きます。 ところが、Kind…
コメント:0

続きを読むread more

Intermission 2: URL を短くする。コピペを大活用

 皆さんが、普通に紹介いたいサイトは、日本語のサイトでしょう。 例えば、今話題になっている「日本学術会議」とは、どういうものか、google してみると、とりあえずは、Wikipedia のサイトがります。 それを開いてみると、一番上に ja. wikipedia.org/wiki/日本学術会議という URL が表示されています…
コメント:0

続きを読むread more

Intermission URL link の貼り付け方 まずは超初心者向け

 このところ紹介している、私の Kindle 本出版の方法は Google Document と Kindle Create を使う方法です。 そこで、URL の貼り付け方も、この二つを使った方法です。  まず、なぜ、URL を文書に貼り付けるか、です。 もっとも大きな理由は、あることを説明する場合、自分がよく知っていることで…
コメント:0

続きを読むread more

あなたもキュレーターになれる。 Wikipedia の support で。

 世界中の名画を集めて自分の美術館を創る、という大プロジェクトの前に、まずは、自分の好きな作品だけを集めて、展覧会を開くというのも一つの手です。  2018年から2019年にかけて、東京と大阪で開かれた「フェルメール展」は、 東京・大阪を合わせると100万人を超える人が訪れたそうです。  フェルメールが、脚光を浴びたのは、1995…
コメント:1

続きを読むread more

去らば、白黒画像の美術書。キンドル本でカラフルな美術書を。

昨日、世界の大富豪が美術品を集める、という話をしました。そういう大富豪や企業経営者に倣ってか、最近は日本のビジネスパーソンの間でも、美術についての関心が高まっているようです。 こんな本が、ベストセラーになっています。 紙の本が 1,760 円、キンドル版が 1,460 円。 美術史の本ですから、数々の名画の画像が掲載され…
コメント:0

続きを読むread more

誰でも、美術館を作れる時代になった。キンドル本で。

 世界の富豪は、なぜかお金が貯まると、美術品を蒐集する人が多いです。蒐集した美術品を持っているだけだと、資産として多額の税金を課されるので、財団を設立して、美術館を建て、蒐集品を一般の観覧に資するのが、よく行われていることです。 ニューヨークのグッゲンハイム美術館やロスアンジェルスのJ・ポール・ゲティ美術館は、世界的に有名で、世界中の…
コメント:0

続きを読むread more

小説も one coin 時代になる、べき。

 本の中でも、小説などの文芸作品は、芸術作品の一種です。だから、そういう作品を生み出す人は、結果としてして、その文章が売られるとしても、売文業ではありません。身を削るような努力をして生み出す作品ですから、その努力に対して正当な報酬を得るのは当然です。  玉村豊男が正直に告白?しているように、言ってみれば「個人情報」を紹介して、売文する…
コメント:0

続きを読むread more

すべての本は one coin (百円) 時代が来る。かな?

昨日の続きです。 生業を持ち、売文しなくても食って行ける人が、自分で思考したことや、研究したこと、観察したことなど、世の人のためになることを、本にして広く知ってもらおうとしても、コストをかけて本にしても売れるかどうか分からないものを、出版社は出版してくれません。 売れそうだ、と思って、出版してくれても、昨日指摘したように、著者の分前…
コメント:1

続きを読むread more

グーテンベルクが売文業を生み出した。

2018年4月14日の日本経済新聞に載った、エッセイストの玉村豊男氏の「グーテンベルクのおかげ」という記事があります。 https://s.nikkei.com/3d0leJh 短い文章ですので、その大部分を引用します。 エッセイストといえば聞こえはよいが、身辺の出来事を文章にして禄(ろく)を食(は)む売文稼業である。田舎に引…
コメント:1

続きを読むread more

あなたは、タテ派?(過去の遺物)それとも、ヨコ派?( future trend)

現在出版されているキンドル本の多分9割以上が、出版社が紙の本で出版したものをキンドル版にしたものです。その元の紙の本は、特に文芸関係は縦書きで出版されていますから、キンドル版もタテ書きになっています。 Kindle Create では、縦書きもやってやれないことはないですが、とても「さるでもできる」ことではありません。 無理して縦書…
コメント:0

続きを読むread more

英語知らずの「にほんさる」が Kindle Create で出版する方法。

英語などわからなくても Kindle Create で キンドル本を出すには、という話です。 昨日紹介した Kindle Create ののメニューは、英語ばかりでした。 あれを、英語と思わなければいいのです。英語だと思うから何が書いてあるだろう、分からないとパニックになるのです。 単なる記号というか、訳のわからないアルファベ…
コメント:2

続きを読むread more

Kindle Create で publish。こんなに簡単。10分でできる。英語メニューがわかれば。

 Kindle Create は、日本語に対応してない、ということを昨日紹介しました。だから、私の知る限り、今までに「にほんさる」で、 Kindle Create、その前身のTextbook creatorで Kindle Book を publish した人はいないようです。  だのに、なぜ私と、私の一派?は、出版できたか。  …
コメント:0

続きを読むread more

にほんさるにはできないキンドル本出版

 日本で出版社から出版されているキンドル本のほとんどは、紙の本で出版したものを電子化したキンドル本です。 ですから、キンドル本専用リーダーも ”PaperWhite" と名付けて、紙の本と同じ読み方ができることを強調しています。 キンドル本を読んだことのある人なら、気づいているでしょうが、真っ白な紙のような画面に黒い文字が浮かんでい…
コメント:1

続きを読むread more