Infographics で、学習成果を publish。 Peer learning につながる。

 昨日のエントリーの最後の方に、付け加えたことです。
Screenshot 2020-11-04 at 8.12.12 AM.png
 
 これまで、美術と音楽の、それぞれ創作と鑑賞面の publishing を取り上げて来ました。美術の画像、音楽の音、紙の本では、publish に限界があるか不可能なことが、キンドル本ではできるからです。
 今日は、他の教科の publishing のアイデアについて、紹介します。
 皆さんは、今日のタイトルにある Infographics ということばを聞いたことがありますか。あったとして、どういうものか、知っていましたか。
 このブログでも、たびたびとりあげていますが、多分忘れているか、興味なかったでしょう。
 2013年12月16日のエントリーがあります。 
 英語を使う mosaic thinking Infographics
 その中に、それより以前の2013年6月27日以降に4回とりあげていることが紹介されています。
 Infographics に対する私の考えも、その後7年間の間に変わったので、今回改めて紹介することにしました。
 まずは、Google してみます。
Screenshot 2020-11-04 at 8.26.23 AM.png
 もっと詳しくは、Wikipedia の記事があります。
いろいろ読むより、例によって、百聞は一見に如かず。実際どのようなものがあるか、見てみましょう。
Screenshot 2020-11-04 at 8.43.35 AM.pngScreenshot 2020-11-04 at 8.44.19 AM.png


Screenshot 2020-11-04 at 8.53.17 AM.pngScreenshot 2020-11-04 at 8.53.34 AM.png

Screenshot 2020-11-04 at 9.08.21 AM.png

Screenshot 2020-11-04 at 9.12.38 AM.png

 どうですか、いろいろあるでしょう。これみんな大人の作ったものです。小中学生の作ったものはないか、と探してみましたが、ちょっとみつかりませんでした。
 アメリカの小学校では、小学生が盛んに作っています。
 ここに選び出したのは、学校の教科と関係ありそうなものです。家庭科、理科、社会科、数学などの教科内容にあったものだと思いますが。
ネット上には、Infographics 作成の無料の tool や template が豊富にあります。
 正直言うと、私自身、Infographics を作成したことはないのです。どうも、こういうものは苦手です。そういう教員も多いはずです。
 ですが、子供は、全部とはいいませんが、子供の中には、こういうことが天才的に上手な子がいます。マニュアルなどなくても、道具さえ与えれば、見様見真似でも作ってしまいます。
 各教科の学習内容で、infographics で、百聞は一見に如かずで、表されるものはいっぱいあります。クラスでグループを作って、それぞれの得意技を持ち寄って、infographics を作らせたらどうでしょうか、というのが、今日の私の提案です。
 大人は教えなくてもいいのです。こういうものがあるよ、と紹介するだけでいいのです。
 こうして作った infographics を Kindle 本で publish すれば、他のクラス、他の学年、あるいは、他の学校のものも peer learning できます。
 ことばでなく、graphics で表す。百聞は一見に如かず、の information/communication は、キンドル本が、もっとも得意とするところです。

 とりあえず、Google して、もっといろいろ見つけて、道具も見つけて、生徒にやらせてみたらどうですか。学校でなかなかやらないなら、ご自身の子供さんやお孫さんに紹介してみたらどうですか。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント