「知的ライフ」と「知的生活」ー似て非なるもの

英語の life には、日本語にすると、3つの意味があります。
「生活」「人生」そして「生命」です。
ですから、「知的ライフ」というと、「知的生活」だけでなく、「知的人生」「知的生命(活動)」と、3つの側面があるのです。
 その「ライフ」について、いろいろ知っていて、その知っていることを使って、「生活」し、「人生を生き」「生命を維持」していると、
「知的ライフ」になるのです。
 その「知っていること」が、20世紀から21世紀にかけて、幾何級数的に増えています。
グーテンベルグ時代では、そういう「知っていること」は、紙に書かれて、論文や著書の形で公開されてきました。
 専門分野の論文は学会誌や大学の紀要などに発表されて、一般の人の目に触れることはなかったし、専門分野の本は高価で、一般の人は買おうとはしなかった。また、せっかく新しい「知見」を得た研究者がいても、それを発表する場がないことが多かった。

 そういう事態を一変させたのが、インターネットによる Web の世界でした。特に、blog の登場でした。これによって、こんなこと見つけた、これは、他の人にも知らせたい、と思った人は、すぐと blog で発信するようになりました。私もその1人でした。
 こういうことをするのには、 ICT に通じていなければなりません。

 昨日紹介したグーテンベルグ時代の「知的生活者」は、そういうことをしなかった、というより、そういうことのできる ICT に通じていない人が多かったですね。
 
 もっと重要で革新的だったことは、Google が独自のアルゴリズムによって、Web 上にある情報を、それこそ一瞬にして、検索者の意図するものを見つけ出すようにしてくれたことです。
 Web 上に発信する人は、それによってお金を儲けたいという人ではなく、自分の知ったことを ( information)、他の人にも伝えたい (communication) という気持ちの強いひとたちでした。そんなことで稼がなくても、ちゃんと生業をもっている人たちでした。私もそうでした。
 そうやって、Web 上から、いろいろな information ば
が取れるようになると、それを保存し、整理する技術が、コンピュータソフトウェアや、特に最近では、スマートフォンのアプリで提供されるようになりました。更なる Google の貢献は、Web 上から取ってきた information/data を、コンピューターやスマートフォン本体でなく、 cloud に保存することによって、無くなったり、消えてしまう心配をなくしてくれたことでした。

 こうして、Web 上に様々な information や data が upload されるようになると、一過性で読まれたり、視聴される、新聞雑誌記事やテレビ番組も、永続的に残るようにと、Web 上に upload されるようになりました。
 そして、そういう information が、スマートフォンで、簡単に取れて、しかも、クラウド上で、どれだけでも保存できるようになったのです。
そうなると、賢い人は、ライフの様々な面で、これは、どうしたら、もっとうまくできるか、とか、このわからないところが知りたい、という時にはスマートフォンを取り出して、問題を解決したり、上手に対処するようになったわけです。つまり、ライフについて、知ることによって、「知的」に対処するようになったわけです。「知的生活者」とは、質的にも量的にも違う「知的ライフ者」が誕生したのです。私もそのひとりでした。

 更に、こういう知的ライフ者は、自分だけが「知的ライフ」を送るのでなく、これを友人・知人だけでなく広く世間一般の人にも分かち合おうと、ブログや one coin の キンドル本を通じて、スマートフォンを持っていれば、だれでも手に入れて、それぞれが「知的ライフ」を送るようにしているのです。私もそのひとりです。
 こういうことは、グーテンベルグ時代の「紙の本」を出して、できればベストセラーにして金儲けをしたい、という売文業の「知的生活者」はしませんね。出版社ともども著作権を主張して、その内容をただでは、手に入れさせないようにします。

 ということで、「知的ライフ」と「知的生活」とは、そのあり方が根本的に違うということが、分かったような、分からないような、ことでしょうか。
 大事なことは、Web 上や、善意の「知的ライフ実践者」がただで提供してくれるのは「情報」であって、「知識」ではない、ということです。
ドラッカーの指摘を待つまでもなく、「情報は使われて初めて知識になる」のです。そして、「知的ライフ」を送ることができるのです。
 コロナについても、正しい情報を手に入れて、それを使って知識とし、正しく対処する「知的ライフ者」になりたいものです。
 緊急事態宣言の日曜日、Stay Home で、こんなこと考えてみたらどうですか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント