世界の散歩事情。

二足歩行を始めた人類がいつ頃から「散歩」を始めたか、Google に訊いてもはっきりしません。 ギリシャ時代には、哲学者アリストテレスの「逍遥学派)が、散歩しながら哲学を論じていました。 そのアリストテレスが散歩をしているらしい様子を、ルネッサンス時代の画家ラファエルが、「アテネの学堂」に描いています。 左側の人物はプラトンで…
コメント:2

続きを読むread more